死んだ女の住所録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死んだ女の住所録
Fame Is the Name of the Game
監督 スチュアート・ローゼンバーグ
製作 ロナルド・マクドゥーガル
音楽 ベニー・カーター
スタンリー・ウィルソン
編集 エドワード・W・ウィリアムズ
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

死んだ女の住所録』(原題: Fame Is the Name of the Game)はアメリカのテレビ映画である。『ネーム・オブ・ザ・ゲーム』のパイロット版として、1966年にNBCで放送された。アンソニー・フランシオサ扮する主人公のルポライターが、住所録を元に、ある女性の自殺の真相に迫る[1]。当時20歳のスーザン・セント・ジェームズがこの作品でデビューを飾っている。他にジル・セントジョンジャック・クラグマンロバート・デュバルが出演。1949年に公開された、アラン・ラッド主演の『恐喝の街』のリメイク作品[1]

キャスト[編集]

[1]

スタッフ[編集]

[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c TVMネーム・オブ・ザ・ゲーム/死んだ女の住所録-allcinema
  2. ^ New York Times Fame Is the Name of the Game Cast, Credits and Awards

外部リンク[編集]