ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将
Gods and Generals
監督 ロナルド・F・マクスウェル
脚本 ロナルド・F・マクスウェル
原作 ジェフリー・M・シャーラ
製作 ロナルド・F・マクスウェル
製作総指揮 モクテズマ・エスパルザ
ロバート・カッツ
メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
テッド・ターナー
音楽 ランディ・エデルマン
ジョン・フリッゼル
主題歌 ボブ・ディラン
撮影 キース・ヴァン・オーストラム
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年2月21日
上映時間 214分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $56,000,000[1]
興行収入 $12,923,936[1]
前作 ゲティスバーグの戦い/南北戦争運命の三日間
テンプレートを表示

ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将』(原題: Gods and Generals)は、2003年アメリカ映画南北戦争を描いたジェフリー・シャーラの同名小説を原作とした歴史映画である。日本非公開。

ストーリー[編集]

南軍の名将として名高いロバート・E・リーストーンウォール・ジャクソン、北軍の英雄ジョシュア・チェンバレン、後にリンカーン暗殺事件の実行犯となる俳優ブースを中心に、南北戦争初期の推移を描く。南北戦争が南軍側にとっては郷土防衛のための戦いであった背景を重視し、両陣営を公平な視点から描いている。

本編はマナサスフレデリックスバーグチャンセラーズビル(いずれも南軍が勝利した主要な戦闘)の3章に分けられているが、米国内で販売されているBlue-Ray特別版ではアンティータムの戦いの章が新たに追加されている。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Gods and Generals (2003)”. Box Office Mojo. 2009年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]