ナイジェル・ダヴェンポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナイジェル・ダヴェンポート
Nigel Davenport
Nigel Davenport
Davenport as Peter with Angela Lansbury as Helen in A Taste of Honey on Broadway, 1960.
本名 Arthur Nigel Davenport
生年月日 (1928-05-23) 1928年5月23日
没年月日 (2013-10-25) 2013年10月25日(85歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドケンブリッジシャー, グレート・シェルフォード英語版
死没地 イングランドの旗 イングランドグロスタシャー, グロスター
職業 俳優
活動期間 1953 – 2003
配偶者
Helena White
(m. 1951; div. 1960)

Maria Aitken
(m. 1972; div. 1981)
著名な家族 ジャック・ダヴェンポート(息子)
主な作品
炎のランナー
テンプレートを表示
子供3人, including Jack Davenport

アーサー・ナイジェル・ダヴェンポート(Arthur Nigel Davenport, 1928年5月23日 - 2013年10月25日)は、イギリスの舞台・テレビ・映画俳優[1]。アカデミー賞受賞作品『わが命つきるとも』でのノーフォーク公爵と『炎のランナー』でのバーケンヘッド卿英語版役でよく知られている。

生い立ち[編集]

ケンブリッジシャー, グレート・シェルフォード英語版[2]で、キャサリン・ルーシー(旧姓:マイクルジョン)とアーサー・ヘンリー・ダヴェンポートの間に生まれた[要出典]ケンブリッジのシドニー・サセックス・カレッジ英語版の会計を務めていた父を持ち[1]、アカデミックな家庭で育ったダヴェンポートは、セント・ピーターズ・スクール英語版シーフォードチェルトナム・カレッジ英語版トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)で教育を受けた[1]。当初は哲学・政治・経済学英語版を専攻していたが、チューターの助言により英語に変更した[3]

キャリア[編集]

オックスフォード大学在学中に演劇を始め、サヴォイ劇場英語版やシェイクスピア・メモリアル・カンパニーを経て、1956年にロイヤル・コート・シアター英語版のイングリッシュ・ステージ・カンパニーの初期メンバーに加わった[4]。イギリスの映画やテレビに脇役として出演するようになり、トニー・リチャードソン監督の映画『Look Back in Anger』(1959年)に出演した。その後、映画版『寄席芸人英語版』ではローレンス・オリヴィエの相手役となる劇場支配人、マイケル・パウエル監督の『血を吸うカメラ』(いずれも1960年)では警察官を演じた[4]

ロジャー・ムーアサイモン・テンプル英語版を、パトリシア・ドナヒューがロヴァーニャ伯爵夫人を演じたTVシリーズ『セイント 天国野郎』の第1シーズンの1962年の最終エピソード「The Charitable Countess」では、ダヴェンポートは脇役として伯爵夫人の腹心であるアルド・ペトリを演じている。

わが命つきるとも』(1966年)のノーフォーク公爵役で印象を残したダヴェンポート[5]は、戦争映画『大侵略』ではマイケル・ケインと共演し[3]、『クイン・メリー/愛と悲しみの生涯』ではボスウェル卿役で大役を果たした[5]。1972年には、『野生のエルザ』の続編『永遠のエルザ[3]スーザン・ハンプシャー英語版の相手役であるジョージ・アダムソン役で出演した。

1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』の撮影中、ダヴェンポートは、俳優のキア・デュリアゲイリー・ロックウッドがコンピュータHAL9000と対話する際に、HAL9000役としてセリフを当てて読んでいた。しかし、キューブリックは、ダヴェンポートの英語のアクセントが気になると考え、数週間後に彼を役から降板させ、最終的にカナダ人俳優のダグラス・レインがこの役に選ばれた[6]。その後、ダヴェンポートは、奇抜な作品である『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』の主役を務めたが、充分な観客動員数には至らなかった。1979年には、『Prince Regent』でジョージ3世を演じた[1]

1993年、BBCラジオでシャーロック・ホームズの物語『プライオリ学校』をドラマ化した際に、ホールダネス公爵を演じた[7]

1997年2月、ダヴェンポートは『This Is Your Life』の題材となり、チェルトナム近郊のDavid Nicholsonの厩舎でマイケル・アスペル英語版に驚かされた[要出典]

1986年から1992年までEquityの会長を務めた[1][5]

私生活[編集]

ダヴェンポートは2度結婚し、最初の結婚相手は、オックスフォード大学在学中に出会ったヘレナ・マーガレット・ホワイト[1]であった。1951年に結婚し、娘のローラと息子のヒューゴをもうけた[1]。2番目の妻は女優のマリア・エイトキン英語版[1]で、彼女との間には次男のジャックが生まれた。息子のジャックも『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』への出演で知られる俳優である[8]。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーによると、ジャックがジェームズ・ノリントン役に抜擢されたのは、父親のナイジェルが映画『海賊大将英語版』に出演していたことも理由のひとつとのことだった[要出典]

2013年10月25日、85歳で亡くなった[1][5][9][10]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 Ref.
1959 怒りを込めて振り返れ英語版
Look Back in Anger
1st Commercial Traveller [4]
1960 血を吸うカメラ
Peeping Tom
ミラー [4]
寄席芸人英語版
The Entertainer
劇場支配人 [3]
1962
Mix Me a Person
Juke's Stepfather
1963
Ladies Who Do
Mr Strang
苦い報酬英語版
Bitter Harvest
Police Inspector
1964
The Third Secret
Lew Harding
1965 海賊大将英語版
A High Wind in Jamaica
ソーントン [1]
カラハリ砂漠
Sands of the Kalahari
Sturdevan
1966 わが命つきるとも
A Man for Akk Seasons
ノーフォーク公 [1]
スパイがいっぱい英語版
Where the Spies Are
パーキントン
1968 大侵略
Play Dirty
シリル・リーチ大尉 [4]
1969
The Virgin Soldiers
Sergeant Driscoll [4]
華麗なる悪英語版
Sinful Davey
リチャードソン
ピサロ将軍英語版
The Royal Hunt of the Sun
エルナンド・デ・ソト
1970 最後の脱出
No Blade of Grass
ジョン・カスタンス

The Mind of Mr. Soames
Dr Maitland
1971 ロンドン大捜査線英語版
Villain
ボブ・マシューズ
クイン・メリー/愛と悲しみの生涯
Mary, Queen of Scots
ボスウェル伯爵 [3]
最後の谷
The Last Valley
グルーバー
1972 永遠のエルザ
Living Free
ジョージ・アダムソン [3]
1973 凄惨!狂血鬼ドラキュラ英語版
Bram Stoker's Dracula
ヴァン・ヘルシング [5]
デッドリー・ゾーン
The Picture of Dorian Gray
ハリー・ウォットン卿 [5]
1974 フェイズIV 戦慄!昆虫パニック
Phase IV
アーネスト・D・ホッブス博士
1975
The Regent's Wife
Álvaro Mesía
1976
Death of a Snowman
Lt. Ben Deel
1977 ドクター・モローの島
The Island of Dr. Moreau
モンゴメリー

Stand Up, Virgin Soldiers
Sgt. Driscoll [3]
1979 ロンドン・コネクション
The London Connection
アーサー・ミントン
ズールー戦争/野望の大陸
Zulu Dawn
ハミルトン=ブラウン大佐 [11]
1980 復讐
Cry of the Innocent
グレイ・ハリソン・ハント テレビ映画
1981 炎のランナー
Chariots of Fire
バーケンヘッド卿 [1]
ナイトホークス
Nighthawks
ピーター・ハートマン
1984 クリスマス・キャロル
A Christmas Carol
サイラス・スクルージ
グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説
Greystoke: The Legend of Tarzan, Lord of the Apes
ジャック・ダウニング少佐 [1]
1986 カラヴァッジオ
Caravaggio
ジュスティニアーニ
1988 迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険
Without a Clue
スミスウィック卿
1997 阿片戦争
鴉片戦争
中国映画、クレジットなし [4]
2000 経度への挑戦
Longitude
チャールズ・ペラム卿 テレビミニシリーズ
2003 シャンハイ・ナイト
Shanghai Knights
老人 クレジットなし

テレビドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 Ref.
1957 - 1958
The Adventures of Robin Hood
St Peter Marston, Claude the Seneschal, Barty and others 計7エピソード [8]
1957
Mister Charlesworth
Sergeant Spence 計6エピソード
1958
Big Guns
Sergeant Spence 計6エピソード
1962
Sir Francis Drake
Miguel Cervantes 計1エピソード
1963
The Edgar Wallace Mystery Theatre
Dino Stefano 計1エピソード
1964 セイント 天国野郎
The Saint
Charles Voyson 計1エピソード
1966 - 1968 おしゃれ(秘)探偵英語版
The Avengers
Lord Barnes / Robertson [8]
1969 ネーム・オブ・ザ・ゲーム
The Name of the Game
David Windom 計1エピソード
1972
The Edwardians
Sir Arthur Conan Doyle 計1エピソード
1974
South Riding
Robert Carne 計11エピソード [4]
1975
Oil Strike North
Jim Fraser 計13エピソード [4]
1979
Prince Regent
King George III 計8エピソード、TVミニシリーズ [4]
1981 炎の砦マサダ
Masada
ムシアヌス Part 1、TVミニシリーズ

A Midsummer Night's Dream
Theseus
1982
Minder
Ray
1982
Bird of Prey
Charles Bridgnorth [3]
1982 - 1983
Don't Rock The Boat
Jack Hoxton 計12エピソード、TVミニシリーズ [3]
1985 - 1990
Howards' Way
Sir Edward Frere 計29エピソード [8]
1986
Ladies in Charge
Count Litvinoff 計1エピソード

Lord Mountbatten: The Last Viceroy
Lord Ismay
1991
Trainer
James Brant 計13エピソード [12]
1993
Keeping Up Appearances ("The Commodore")
The Commodore 計1エピソード [8]
1994
Woof!
Mr. Wellesby 計1エピソード [13]
1996
The Treasure Seekers
Lord Blackstock テレビ映画 [4]
2000
David Copperfield
Dan Peggotty テレビ映画 [8]
バーナビー警部
Midsomer Murders
William Smithers 計1エピソード [8]

Longitude
Sir Charles Pelham TVミニシリーズ

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Coveney, Michael (2013年10月29日). “Nigel Davenport obituary”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2013/oct/29/nigel-davenport 2013年10月29日閲覧。 
  2. ^ Cambridge-born actor Nigel Davenport, star of Chariots of Fire and Howards' Way, dies aged 85”. www.cambridge-news.co.uk. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Anthony Hayward "Obituary: Nigel Davenport, character actor sought by directors in all mediums for nearly half a century", The Independent, 30 October 2013
  4. ^ a b c d e f g h i j k Obituary: Nigel Davenport, telegraph.co.uk, 29 October 2013
  5. ^ a b c d e f Howard's Way and Chariots of Fire actor Nigel Davenport dies age 85”. express.co.uk. Express (2013年10月30日). 2016年11月24日閲覧。
  6. ^ Dowd, Vincent (2014年11月30日). “2001: A Space Odyssey revisited”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-30252645 2014年11月30日閲覧。 
  7. ^ http://merrisonholmes.com/return.php
  8. ^ a b c d e f g “Actor Nigel Davenport dies at 85”. BBC News. (2013年10月30日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-24738939 2016年6月26日閲覧。 
  9. ^ 『炎のランナー』ナイジェル・ダヴェンポートさんが死去 85歳 MSNトピックス 2013年10月30日
  10. ^ “ナイジェル・ダベンポート氏死去=俳優「炎のランナー」などに出演”. 時事通信. (2013年10月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013103000998 
  11. ^ Zulu Dawn”. radiotimes.com. Radio Times. 2016年6月26日閲覧。
  12. ^ “In pictures: Nigel Davenport”. BBC News. (2013年10月30日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-24740851 2016年6月26日閲覧。 
  13. ^ Goodbye Mrs. Chips”. 2018年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]