こむぎいろの天使 雀と少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

こむぎいろの天使 雀と少年-てんし すずめ-しょうねん)は、1978年に製作された日本の映画である。

教育映画として製作され、一般公開されなかった。[要出典]

あらすじ[編集]

小学生のサブは、親に捨てられた巣に残された2羽のスズメ、ムサシ、コジローを世話する。コジローは巣を襲ったヘビに飲まれてしまう。サブはムサシを巣から出して面倒をみ、学校にも連れて行って授業中にこっそりと餌をやる。教室の中に飛び出したムサシに驚く同級生たちだったが、サブが餌の容器を叩くと戻ってきて餌を食べる様子を羨ましがる。だがサブの家族は、ムサシを自然に帰すべきだと言う。とうとうサブはムサシを山に放し、ムサシの鳴き声を聞きながら家へ戻った。

その他[編集]

  • 製作日:1978年12月24日
  • 上映時間:75分
  • カラー
  • 関連書籍
    • 後藤俊夫『こむぎいろの天使―ムサシとゴン』汐文社、1997年、ISBN10 4811303296[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]