首藤剛志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しゅどう たけし
首藤 剛志
首藤 剛志
本名 首藤 剛志
生年月日 (1949-08-18) 1949年8月18日
没年月日 (2010-10-29) 2010年10月29日(61歳没)
出生地 日本の旗 日本福岡県
死没地 日本の旗 日本奈良県奈良市
職業 脚本家小説家
ジャンル テレビアニメ
活動期間 1970年代 - 2010年
主な作品
宇宙戦士バルディオス
魔法のプリンセス ミンキーモモ
戦国魔神ゴーショーグン
ポケットモンスター
テンプレートを表示

首藤 剛志(しゅどう たけし、1949年8月18日 - 2010年10月29日)は、日本脚本家小説家福岡県出身。主にアニメ関係の仕事を中心にしていた。日本脚本家連盟会員。

父は福岡県副知事自治事務次官地方財務協会会長などを務めた首藤堯(しゅどう たかし)。

人物[編集]

代表作にアニメ『宇宙戦士バルディオス』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』シリーズ、『ポケットモンスター』などがある。洒脱な台詞に定評があり、シリーズ構成を担当した作品における次回予告がユニークなことでも知られている。『ポケットモンスター』では、ロケット団の口上「なんだかんだと聞かれたら〜」という名フレーズを生み出した。脚本家としてのほか、舞台ミュージカル作家や小説家としても活動していた。

生まれは福岡県だが、父が国家公務員であったため幼少時には東京都札幌市奈良県などを転居し、土着性のない乾いた作風はそうした経験から来ていると本人は語っている。東京の渋谷には小学5年時から居住し、アニメ『アイドル天使ようこそようこ』は渋谷を舞台にした。その後、神奈川県小田原市に転居し、以後の作品はほとんど小田原で執筆された。晩年は元の渋谷に在住していた。

経歴[編集]

大学受験に失敗し、妹の買ってきた専門誌『シナリオ』を読んだことがきっかけで、予備校進学のための学資でシナリオ研究所へ入学する。そこで書いた脚本が認められ、1969年に19歳でテレビ時代劇『大江戸捜査網』の第45話「小判に秘めた恋」で脚本家としてデビューする。しかし、自身の納得のいかない脚本の直しに嫌気が差し、「やりたくもない人情ものなどたくさん」とシナリオを書くことを止めてしまい、その後は教育機器や冠婚葬祭関係のセールスマンをしながら、少女漫画の原作の手伝いやドラマのプロットなど名前の出ない仕事をしながら時を過ごす。その後、セールスマンの仕事で貯めた金でヨーロッパを放浪し、その金を使い果たして帰国すると、知人である脚本家の宮内婦貴子からの紹介で、1976年11月にダックスインターナショナル制作のテレビアニメ『まんが世界昔ばなし』における「かしこいコヨーテ」で脚本家として復帰する。以後、ダックスでは『巴里のイザベル』や『まんがはじめて物語』から始まる一連のシリーズを長く手掛けた。

1980年代前半にはタツノコプロ作品も手掛けるが、本人の作家性が発露された出世作となったのは葦プロダクションで原案からシリーズ構成まで担当した『魔法のプリンセス ミンキーモモ』と『戦国魔神ゴーショーグン』である。両作の中心演出家だった湯山邦彦とは、1990年代に『ミンキーモモ』の続編や『ポケットモンスター』でも仕事を共にした。

1980年代のある時、知人のドイツ人教師から「日本のアニメは色彩、光、音の暴力だ」「こんな過激な映像を30分も見させて、子供をどうするつもりか」という内容の批判を受け、脚本家を続けるべきか悩んだという[1]

1984年には第1回日本アニメ大賞における脚本賞を『まんがはじめて物語』・『魔法のプリンセス ミンキーモモ』・『さすがの猿飛』で受賞した。小説家としても活動し、代表作には『永遠のフィレーナ』シリーズがある。

アニメ『ポケットモンスター』に関しては2001年頃から思うように脚本が書けず、担当エピソードがまばらになっていった。精神安定剤を服用することが常になり、体調も「いつ死んでもおかしくない」というほど極めて不良であった。2002年頃、脚本が書けないことを苦に当時自宅があった小田原市からかなり歩いたところにある海で自殺未遂を引き起こした。海辺にいたホームレスに発見されて一命を取り留めたが、警察の事情聴取の際は筋道の通った受け答えができないほど心身が耗弱していた。何とか警察に自宅の電話番号を伝えられたため小田原市内の精神病棟で入院治療を受けて最悪の事態は避けられたが、その過程でアニメ『ポケットモンスター』の脚本からは撤退している[2]

首藤曰く、「考えごとに熱中している時、その手助けにしろ市販している薬やアルコールを飲むなという教訓である。」「ちょうどその年、プロ野球の阪神が優勝した。狂喜した大阪のファンが何人も道頓堀に飛び込んだ。 僕は阪神ファンである。だから、この出来事、阪神が優勝して喜んだ僕が、道頓堀の代わりに小田原の海に飛び込んだという笑い話にしている。」とのことである[2]

晩年は『アニメスタイル』のウェブサイトにコラムを寄稿していたほか、長編作を準備中であった。本人が制作に関わった主要な作品における脚本などの資料は、かつて本人が居住していた神奈川県小田原市の小田原市立図書館へ寄贈されている。図書館の所蔵している資料の一部は小田原文学館に常設展示されている。

2010年10月28日に訪問先である奈良県奈良市JR西日本奈良駅の喫煙所にてクモ膜下出血を起こして倒れ、救急搬送された後に緊急手術を受けたものの回復せず、翌29日未明に死去した[3]。61歳没。

2011年には東京都杉並区杉並アニメーションミュージアムにて『追悼 脚本家 首藤剛志展』と題した追悼展覧会が開催されている[4]

2017年公開のアニメ映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』では、序盤の展開の基になったTVアニメ版第1話の脚本を手掛けたこともあり、一部脚本という形でスタッフロール掲載されている[5]

作品歴[編集]

テレビアニメ[編集]

葦プロダクション[編集]

ダックス・インターナショナル[編集]

タツノコプロ[編集]

その他[編集]

劇場版アニメ[編集]

OVA[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

  • 永遠のフィレーナ 全9巻
  • 戦国魔神ゴーショーグン シリーズ
    • 戦国魔神ゴーショーグン
    • その後の戦国魔神ゴーショーグン
    • またまた戦国魔神ゴーショーグン 狂気の檻
    • 4度戦国魔神ゴーショーグン 覚醒する密林
    • 戦国魔神ゴーショーグン 時の異邦人
    • はるか海原の源へ
    • 番外編 幕末豪将軍
    • 番外編2 美しき黄昏のパバーヌ
  • 都立高校独立国
  • バース または子どもの遊び
  • 魔法のプリンセス ミンキーモモ
    • それからのモモ ※TVシリーズ第1作の後日談にあたる外伝作品
    • 夢の中の輪舞 ※OVA「夢の中の輪舞」のノベライズ
  • ポケットモンスター The Animationシリーズ
    • 〈VOL.1〉旅立ち
    • 〈VOL.2〉仲間

ドラマCD[編集]

楽曲[編集]

  • モモとモモ(アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(1991年版)挿入歌、作詞)
  • ええだば音頭(アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(1991年版)挿入歌、作詞)
  • ロケット団よ永遠に(アニメ『ポケットモンスター』ロケット団イメージソング・挿入歌、作詞)

注釈[編集]

外部リンク[編集]