吉田健一 (アニメーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしだ けんいち
吉田 健一
生年月日 (1969-11-23) 1969年11月23日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 熊本県
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
イラストレーター
主な作品
テレビアニメ
交響詩篇エウレカセブン
ガンダム Gのレコンギスタ
テンプレートを表示

吉田 健一(よしだ けんいち、1969年11月23日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナーイラストレーター熊本県出身[1]東京デザイナー学院卒業。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

人物[編集]

アニメーション映画テレビアニメゲームのキャラクターデザインなど、幅広いジャンルで活躍するアニメーター。スタジオジブリにて『もののけ姫』などの作品に参加し、退社後も『交響詩篇エウレカセブン』『ガンダム Gのレコンギスタ』といったロボットアニメのキャラクターデザインを手がけている[2]。それ以外にも、書籍の表紙イラストやCDジャケットを手がけるなど、さらに活動の場を広げている[2]

影響を受けたアニメは『宇宙戦艦ヤマト』『未来少年コナン』『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『あしたのジョー2』『母をたずねて三千里』の6作品[3]。特に『ガンダム』の安彦良和と『コナン』の宮崎駿の絵に惹かれ、自分もこういう絵を描きたいと思った[3]。絵の描き方を学んだのは湖川友謙大友克洋[4]。感覚的でロジックを取り入れられない安彦と違い、ロジックがしっかりしていてわかりやすいので、物体を立体として捉えて描いていく方法を学ぶことができた[4]

キャラクターデザインに興味をもったきっかけは、近藤勝也がキャラクターデザインを担当したスタジオジブリの『魔女の宅急便[5]。スタジオジブリが一番乗っていた時期の作品で、井上俊之など外部の有名アニメーターも多数参加していて、ジブリアニメの中で色彩設計や作画の精度が最も高度な作品だった[5]。近藤のキャラクターデザインは都会的でスタイリッシュで、描線にはかつての宮崎駿のような勢いがあった。そんなに歳も離れてない近藤の絵をぜひ近くで見たいと思い、ジブリに入社することを決意した[5]

キャラクターデザイナーとして影響を受けたのは宮崎駿と安田朗[5]。二人ともキャラクターの内面が絵として表面に出てくるようデザインしているからだという[5][6]

スタジオジブリに在籍していた1990年代、当時のアニメーターのテーマはリアルなアニメ表現の方向性を探るというもので、吉田も最初はそのトレンドを追いかけていた。しかし、ジブリで同期だった安藤雅司のあまりの絵の上手さに鼻を折られて興味を失った[6]。当時は安藤の才能に劣等感を感じ、監督からの要求に応えきれないプレッシャーでも苦悩していたという[7]。ジブリ時代は研修生出身ということもあり、宮崎駿が吉田のレイアウトを直接チェックしていた。当時からレイアウトに関心の強かった吉田がその過程でより多くのことを吸収していったと安藤は述べている[8]。また、自分がいつも見ていることや体験していることを意識して観察し、それを描けるようになることが大事だと教わったという[1]

経歴[編集]

1990年に20歳でスタジオジブリに入社[9]。『耳をすませば』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『もののけ姫』などの制作に参加、原画や動画などを担当した[2][9]

1999年にスタジオジブリを退社し、フリーランス[1]。独立後はサンライズボンズの作品を中心に活動。

2002年に『OVERMANキングゲイナー』で初めてキャラクターデザインとアニメーションディレクターを担当する[9][10]。他のデザイナーの描いた絵をアニメーションに描き直す役割だったため、最終的なキャラ表はほぼ吉田が描いている[10]。また作画用にメカニックデザインのクリンナップも行った[11]。デザイナーよりもアニメーターのスタンスで関わったので、他のデザイナーたちには厳しい注文を出した[10]

2005年、『交響詩篇エウレカセブン』でキャラクターデザインとメインアニメーターを担当。同年、「第10回アニメーション神戸賞」の個人賞受賞、2006年には「東京国際アニメフェア」において、『交響詩篇エウレカセブン』のキャラクターデザイン賞を受賞している[2]

2014年、『ガンダム Gのレコンギスタ』でキャラクターデザインと作画チーフを担当[9]モビルスーツなどのメカニックデザインの作画用設定画を桑名郁朗と分担して描いた[10]

エピソード[編集]

  • 友人である安田朗(あきまん)からは「神」と呼ばれており、ファンの間でも吉田神と呼ばれることがある。
  • もののけ姫』製作中にバイク事故で腰の骨、骨盤、背骨を骨折。内臓出血で一時、生命の危機に陥ったことがあった。この件を聞いた宮崎駿は気が動転していたが吉田の容体が安定したとの報が届いた途端に文句を言っていたという[12]

受賞歴[編集]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

テレビ番組[編集]

漫画[編集]

画集[編集]

  • 『吉田健一 画集「EST!」』 (2011) - 同人誌(発行:CCMS
  • 『edge -a collection of paintings-』 (2004) - イラスト

小説[編集]

  • 池上永一シャングリ・ラ』 (2004-2005) - 挿絵(単行本未収録)
  • 畑野智美『海の見える街』 (2015年) - 装画
  • 秀島迅『さよなら、君のいない海』 (2016年) - イラスト
  • 七瀬夏扉『ひとりぼっちのソユーズ 君と月と恋、ときどき猫のお話』 (2017) - イラスト
  • 倉敷保雄『星降る島のフットボーラー』 (2019) - 装画

ディスクジャケット[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「FOCUS on the NEXT 2005 '05年注目のクリエーター」『月刊ニュータイプ』第21巻第2号、角川書店、2005年2月1日、 107頁、2012年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 「エウレカ」アニメーター吉田健一が初の個展 描き下ろしイラストも展示”. KAI-YOU.net. 株式会社カイユウ (2015年7月31日). 2021年8月11日閲覧。
  3. ^ a b 吉田健一①『機動戦士ガンダム』”. Febri. 株式会社一迅社 (2021年7月26日). 2021年8月11日閲覧。
  4. ^ a b 吉田健一②『伝説巨神イデオン』”. Febri. 株式会社一迅社 (2021年7月28日). 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e アニメ業界ウォッチング第33回:吉田健一が語る「キャラクターデザイン」に求められる能力”. アキバ総研. 株式会社カカクコム (2017年5月28日). 2021年8月11日閲覧。
  6. ^ a b 新『エウレカ』3部作を手がけるアニメーター・吉田健一が語るライバル、師匠「もっとギラギラと描かなきゃって…」”. 週プレNEWS. 集英社 (2017年9月18日). 2021年8月11日閲覧。
  7. ^ 『エンピツ戦記』(P.193)
  8. ^ 『宮崎駿の世界』竹書房、2005年1月15日、p172。
  9. ^ a b c d 12年ぶりの『エウレカ』でアニメーター・吉田健一が向き合ったもの――「時代遅れの老害でも、この業界に残していくことがある」”. 週プレNEWS. 集英社 (2017年9月12日). 2021年8月11日閲覧。
  10. ^ a b c d アニメ業界ウォッチング第33回:吉田健一が語る「キャラクターデザイン」に求められる能力”. アキバ総研. 株式会社カカクコム (2017年5月28日). 2021年8月11日閲覧。
  11. ^ キャラクターからメカニックまで――デザイナー・安田朗のこれまでとこれから【アニメ業界ウォッチング第61回】”. アキバ総研. 株式会社カカクコム (2019年12月28日). 2021年8月11日閲覧。
  12. ^ 浦谷年良『もののけ姫はこうして生まれた。』徳間書店、1998年。

参考文献[編集]

  • 宮崎駿の世界(竹書房 2005年1月15日 ISBN 978-4812419434) 吉田と安藤雅司、村田和也の鼎談を収録

外部リンク[編集]