作画崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

作画崩壊(さくがほうかい)とは、「アニメ作品の作画クオリティが、秩序を失い、著しく低下している様相」を指す言葉である[1][2]。そのような状況が発生した著名なエピソードにちなんでヤシガニ[3][4]キャベツ[4]と呼ばれることもある。

概要[編集]

アニメの制作段階で、予算やスケジュールの不足などが原因で[4][2]納品までにクオリティの管理が行き届かなかった場合などに発生する。作画のクオリティが乱れた場合に生じる様相はさまざまだが、一例としてはキャラクターのデッサンパース(遠近感)に狂いが生じたり[1]、キャラクターの動きが不自然になったり[3]、彩色のミスなどが発生したりする[3]ような例が挙げられる。あまりに極端な作画崩壊は、不名誉な形で視聴者の間で話題になることもある(詳細は「#著名な作画崩壊の例」を参照)。

日本のアニメ産業は、劣悪な労働環境と収入面の問題から後継者が育たず、アニメーターの人材不足が深刻となる一方、少子化による影響もあり、子供向けのアニメに出資するスポンサーは予算を渋るという窮状を抱えている[2]

こうした事情もあり、日本のアニメではしばしば、日本国外での安い人件費による人海戦術を見込み、動画などの作画工程をアジア地域の下請制作会社に国外発注することが行われる[5]。しかしこれを行う場合、作業が国外で行われている間は、地理的な距離や言語の壁の問題のために、クオリティの統一を担うはずの作画監督の指示が行き届きにくいという状況から[6][2]、国外発注では作画崩壊が起こりやすいと言われる[7]

中国韓国に外注された低品質のアニメについてエンドロールに流れるスタッフクレジットが三文字(中国人や韓国人の姓名は姓一字名前二字であることが多いため)であることから「三文字作画」と呼ばれており[8]、日本のアニメファンの間では、スタッフクレジットの作画班に日本国外の人名が並ぶことが、否定的に受け取られることもある[5]。また予算が不足しているアニメ作品では、コストの低い国外発注が多用されるため、作画崩壊が起こりやすいとされる[2]

日本国内外への動画の外注が一般的になるにつれ、原画段階で、動画を意識した指示が詳細に描き込まれるようになるなど[9]、制作現場におけるクオリティ管理の手法は日々変化している。一方で年々アニメ制作の技術が向上するために、アニメファンの目が肥え、またインターネットを通じたファン同士の交流も昔より活発になったため、アニメファンが作画の出来不出来に過敏になっていることを、作画の乱れが注目されやすくなった原因のひとつに挙げる意見もある[2]

著名な作画崩壊の例[編集]

初期の作画崩壊[編集]

1974年のテレビアニメ『チャージマン研!』では、30分アニメの平均的予算は400 - 500万円前後といわれている中1話あたり50万円という低予算作品であるため、制作側もスタッフが勝手に海に遊びに行くなど熱意が無く[10]、結果として低調な作画やご都合主義的だったり辻褄が合わないストーリー展開となってしまった。2000年代に入り、「ツッコミどころ満載の珍作」として再評価された。

1982年のテレビアニメ『超時空要塞マクロス』は、斬新なメカアクションの作画が高く評価された一方[11]、作画を日本国外のスタジオに発注した回が不評であった[注釈 1][5](詳細は「超時空要塞マクロス#作画問題」を参照)。

1990年にNHKで放送されたテレビアニメ『ふしぎの海のナディア』では、第23話から34話にかけてのエピソードの、本編からかけ離れて低調な作画や悪乗りの過ぎたストーリーが「島編」と形容され[3]、作画監督まで韓国に外注された回においては特に低調であった。なお後のテレビアニメでは、ストーリーの本筋から離れた寄り道的なエピソードを「島編」と俗称することがあるが、これは同作の一連のエピソードが由来であるとも、1979年のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」が由来であるとも言われている[12]

ヤシガニ三部作[編集]

神坂一のライトノベルを原作とする1998年のテレビアニメ『ロスト・ユニバース』の第4話「ヤシガニ屠る」における低クオリティな作画は語り草になり、同エピソードのサブタイトルは作画が崩壊したアニメの代名詞となった[3]。作画崩壊が「ヤシガニ」とも呼ばれるのはこのためである。

また翌年の1999年に公開されたアニメ映画『ガンドレス』は、映画公開日までにフィルムが完成せず未完成の状態で公開され、間に合わせの作画による未着色の画面、コマ送りのようなぎこちない動き、動画と同期されていない音声といった悲惨な内容が話題となった[3]

そして2002年のOVA『学園都市 ヴァラノワール』は、低クオリティかつ枚数の少ない作画、一部シーンが原作ゲームからの流用、稚拙な脚本によるキャラクター崩壊と全てにおいてツッコミ所しかなく、以上の3作は、俗に「ヤシガニ三部作」と呼ばれている[13]

キャベツ事件[編集]

オーガストの美少女ゲームを原作とする2006年のテレビアニメ『夜明け前より瑠璃色な 〜Crescent Love〜』では、第3話「お姫様 料理対決!!」の低調な作画が話題になった。特にヒロインがキャベツ繊切りにする場面の作画崩壊が知られるようになり、同エピソードは「キャベツ」という通称で呼ばれるようになった[14]他、先述のヤシガニと並んで作画崩壊の代名詞として挙げられるほどとなった。本件についてはバンダイビジュアル公式より「キャベツ事件」として取り上げられ、メガミマガジン紙面上で謝罪が行われた。同時にDVD版では200カット以上の修正が行われる事が告知された[15][16]

ダイナミック作画[編集]

アスガルドの乙女ゲームを原作とする2017年のテレビアニメ『DYNAMIC CHORD』では、人物と物体の大きさの計算ミスなどの作画崩壊や作画ミスに加えて止め絵を加工して動かしているような演奏シーンなどの動かないシーンが非常に多く、また脚本や展開もツッコミどころ満載だったため話題となり、作画については「ダイナミック作画」などと呼ばれるようになった。

その他[編集]

こうした作画崩壊が見られたエピソードでは、ビデオとして発売されるまで時間の余裕があるため、修正される場合もある[3][5]。「ヤシガニ」も「キャベツ」もビデオ化の際に修正されているため、放送当時の映像を見ることはできない。一方、「ガンドレス」は劇場公開版が映像特典としてDVDに収録されている。ちなみに、「ククルス・ドアンの島」は劇場版やアメリカ合衆国で放送された際にはエピソードごとカットされている[12]

一方、2006年のテレビアニメ『MUSASHI -GUN道-』は全編を通しての低調な作画クオリティが話題となったが、同作のように一部ではなく全編にわたって作画が低調であるものは「低調な作画が仕様」であって、「作画崩壊」とは呼べないという意見もある[17]。同作の場合は放送当時の映像を修正を施さないまま収録したDVD-BOXが「放送オリジナルバージョン」を銘打って発売された(ただし、全話は収録されていない)。

また、直接的な作画崩壊ではないがハヤテのごとく!ではこれらの作画崩壊ネタをパロディとして意図的に再現し、「ボールのようなキャベツ」を調理するシーンを取り入れた。

作画崩壊を題材とした作品[編集]

テレビアニメの制作現場を題材とした作品では作画崩壊の話題が取り上げられることもある(ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて[要追加記述]など)。2001年と2003年に全2作が発売されたOVAアニメーション制作進行くろみちゃん』では、テレビアニメの制作に携わる主人公らが奮闘する物語が描かれており、特に第2話ではスケジュールがひっ迫する中で、作画の乱れた原画に作画監督の修正を施さないまま日本国外に動画を発注しようとする側と、作画崩壊を食い止めるために奮闘する側の対立が描かれている。

また任天堂のゲームを原作とする2001年のテレビアニメ『星のカービィ』の第49話「アニメ新番組・星のデデデ」(2002年9月21日放送)では、作中で登場人物が作らせた劇中劇のテレビアニメが未完成の状態で放送されてしまうというエピソードが描かれており、アフレコ中の登場人物から「キャラ(の作画)がガタガタ」などと指摘される場面がある。

この他、秋本治による漫画を原作とするテレビアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の第108話「俺が主役だ!星逃田」(1998年10月25日放送)では、ゲストキャラクターの「ハードボイルド刑事」が、自分が登場しているアニメ本編の制作スタッフに登場人物の立場から無理難題を要求し、その結果として背景・彩色・動画・原画マンが逃走して、本編のアテレコ現場にフィルムが間に合わなくなってしまうというメタフィクショナルなエピソードが描かれている。

P.A.WORKS製作のテレビアニメ『SHIROBAKO』の第7話「ネコでリテイク」(2014年11月19日放送[注釈 2])で、劇中劇のテレビアニメ『ぷるんぷるん天国』で、次第に女性キャラの作画が崩壊する様子が描かれており、ニコニコ動画風のコメントを挿入する演出も加えられている。

ガーリッシュナンバー』(2016年、TBS)では劇中劇のライトノベルを原作としたアニメ『九龍覇王と千年皇女』の原作者と製作委員会の主幹事会社・およびアニメスタジオとの連携が全く取れず、結果として主人公の女性声優が主役を務めたこの作品はそれを見た彼女が声を失う程の作画崩壊を起こしてしまう。

エロマンガ先生』では登場人物作の作中ライトノベルが作画崩壊を引き起こしたが、完成前の白箱であったことが明かされ一同が安堵するシーンが存在する。

アラン・スミシーと作画崩壊[編集]

諸般の事情でクオリティが維持できなくなったアニメ作品では、アメリカ映画の習慣に倣い、クレジットに匿名監督を意味するアラン・スミシー名義が用いられることもある[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 島田ひろかずが描いたレポート漫画内で言及された「スタープロの動画は見て見ぬ振りをしましょう。」に象徴される。
  2. ^ TOKYO MXでの最速の放送日。BSフジでは同年11月23日放送。

出典[編集]

  1. ^ a b 金田一2009、20,135頁。
  2. ^ a b c d e f 藤原2009、69頁。
  3. ^ a b c d e f g オタク文化研究会2006、25頁。
  4. ^ a b c 金田一2009、20頁。
  5. ^ a b c d 金田一2009、16頁。
  6. ^ 金田一2009、19頁。
  7. ^ 金田一2009、16,19-20頁。
  8. ^ 「テレビ放送事故&ハプニング」(廣済堂出版)153頁
  9. ^ 吉松孝博 (2006年8月25日). “第3回 動画のお仕事あれやこれ(前編)”. おぎにゃんと学ぼう! アニメの作り方. マッドハウス. 2011年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  10. ^ 『アニメージュ』1979年4月号 p.79
  11. ^ 小黒祐一郎; 板野一郎 (2004年10月4日). “アニメの作画を語ろう animator interview 板野一郎(1)”. WEBアニメスタイル. スタジオ雄. 2011年8月19日閲覧。
  12. ^ a b 氷川竜介. “ネイティブガンダム[リマスター版]第15回 第15話「ククルス・ドアンの島」”. GUNDAM.INFO. サンライズ. 2011年8月8日閲覧。
  13. ^ 通信用語の基礎知識「ヤシガニアニメ/ヤシガニ屠る/ ウニメ」
  14. ^ キムラケイサク 『アニソンバカ一代』 K&Bパブリッシャーズ、2010年4月16日、初版、252頁。ISBN 978-4-902800-16-6
  15. ^ 検索サイト上で「キャベツ」と画像検索を行うと該当シーンが上位に表示されてしまうような状況にまで発展していた
  16. ^ メガミマガジン2007年1月号
  17. ^ 清水サーシャ (2011年8月17日). “【懐かしいアニメ特集】「MUSASHI -GUN道-」を見る。”. 日刊テラフォー (マキシムライト). http://www.terrafor.net/news_ggk4OG5qqE.html 2011年8月25日閲覧。 
  18. ^ 金田一2009、12頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]