松平綱近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平綱近
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年9月29日1659年11月13日
死没 宝永6年11月15日1709年12月15日
改名 万助(幼名)→綱周(初名)→綱近
別名 綱通
戒名 隆元院殿元誉円真道禄大居士
墓所 島根県松江市外中原町の月照寺
官位 従四位下、甲斐守、出羽守、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
出雲松江藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平綱隆、母:三木氏
兄弟 綱近吉透
正室:松平康尚の娘
側室:慶成院(本間氏)
?(嫡男、早世)、久姫(長女)、二女(一日で卒のため、名前はない)、銀姫(三女)、万姫(四女、毛利吉広婚約者)ほか
養子:吉透 (実弟)

松平 綱近(まつだいら つなちか)は、出雲松江藩の第3代藩主。直政系越前松平家宗家3代。第2代藩主・松平綱隆の四男。別名、綱通(つなみち)。

生涯[編集]

延宝元年(1673年)12月21日に元服し、父同様に将軍徳川家綱より偏諱を授かり綱周(初名、読み同じ)を名乗り、従四位下甲斐守に叙任される。延宝3年(1675年)4月、父の死去により同年5月晦日に家督を継ぎ、綱近に改める。同年6月4日に出羽守に遷任する。同年12月26日に侍従を兼任する。財政が極度に悪化していたため、大梶七兵衛による開拓や製鉄・産馬の奨励、倉崎権兵衛による楽山焼の創始など様々な改革を行なったが、あまり効果はなかった。このため、「祖父直政には劣なるべし」と史書で批判されている。

晩年は眼病を患った上、息子の早世などもあって、弟の近憲(吉透)を養嗣子として迎えた上で家督を譲って宝永元年(1704年)5月29日に隠居し、大内記に遷任した。宝永6年(1709年)11月15日に51歳で死去した。

偏諱を与えた人物[編集]

綱近時代