大梶七兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大梶七兵衛(初代)(おおかじ しちべえ、元和7年(1621年) - 元禄2年5月25日1689年7月11日))は出雲国神門郡古志村(現在の島根県出雲市古志町)で生まれ、高い農業土木技術を認められて松江藩に召され開発棟梁となり、荒木浜における植林、高瀬川の開削など、出雲平野の開拓・植林に尽力した人物である。

本項における記述は初代について述べたものである。

年表[編集]

和暦 西暦 内容
元和 7年 1621年 神門郡古志村で誕生
寛文2年 1662年 荒木浜干拓の許可を得る
延宝5年 1677年 荒木村へ移住
延宝6年 1678年 大胆煎となる
貞享元年 1684年 高瀬川開拓に着手
貞享4年 1687年 高瀬川開通
元禄元年 1688年 十間川開拓に着手
元禄2年 1689年 初代七兵衛死去(69歳)

功績[編集]

河川の開拓

  • 高瀬川
  • 十間川

植林

  • 荒木浜

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]