松平近栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平近栄像(祥雲寺霊泉院蔵)

松平 近栄(まつだいら ちかよし、寛永9年9月28日1632年11月10日) - 享保2年9月19日1717年10月23日))は、出雲広瀬藩の初代藩主。直政系越前松平家広瀬藩分家初代。

松江藩初代藩主・松平直政の次男。母は久松松平忠良の娘。兄に松江藩第2代藩主となった松平綱隆がいる。正室は大野藩主・松平直良の娘・了達院(満姫)。子に近時(長男)、繁姫(田村建顕正室)、娘(戸田光正継室)。官位は従五位下、上野介。の「近」の字は、甥(綱隆の子)で松江藩第3代藩主となった松平綱近から偏諱を賜ったものと考えられるが確証はない。

来歴[編集]

明暦元年(1655年)11月7日、叔父の直良の娘婿となってその相続者と目されていたが、直良に実子の直明が生まれたため、寛文6年(1666年)に松江藩主の兄・綱隆から3万石を分与されて広瀬藩を立藩した。最初は蔵米による支給だったと言われている。

親族である越後高田藩の家中にて御家騒動(越後騒動)が起こると、近栄は播磨姫路藩主の松平直矩と共に騒動の調停役を務めたが、これがのちに将軍・徳川綱吉の勘気に触れることとなり閉門処分とされた上、1万5,000石に所領を減らされた。後に3万石に復帰した。

藩政においては文武両道の名君で、領民のことをよく考えた善政を敷いたと言われている。

寛文9年(1669年)、東京都渋谷区広尾の祥雲寺塔頭の瑞泉山霊泉院を建立。 元禄15年(1702年)3月23日、家督を長男・近時に譲って隠居し、享保2年(1717年)9月19日に86歳の長寿をもって死去した。法号は法雲院。祥雲寺に墓所がある。