松平近輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平近輝
時代 江戸時代中期
生誕 享保15年7月9日1730年8月22日
死没 宝暦7年5月9日1757年6月25日
改名 多一郎(幼名)、近輝
戒名 成覚院
官位 従五位下式部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重
出雲広瀬藩
氏族 越前松平家支流広瀬松平家
父母 松平近明、千寿院
兄弟 近輝近哲近貞渡辺信綱正室
永井直陳娘久姫有馬一準娘安姫
女子、近貞
テンプレートを表示

松平 近輝(まつだいら ちかてる)は、江戸時代中期の大名出雲国広瀬藩5代藩主。官位従五位下式部少輔。直政系越前松平家広瀬藩分家5代。

略歴[編集]

4代藩主・松平近明の長男として誕生。母は側室・千寿院。幼名は多一郎。正室は永井直陳の娘・久姫(のち離縁)。

寛延2年(1749年)、父の隠居により家督を継いだが、特に藩政に見るところもなく、宝暦7年(1757年)5月9日に江戸で死去した。娘しかいなかったため、家督は弟・近貞が継いだ。法号は成覚院。

系譜[編集]