田村建顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
田村建顕
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦2年5月8日1656年6月30日
死没 宝永5年1月27日1708年2月18日
改名 千勝(幼名)、宗永、建顕
別名 内膳、修理
戒名 徳源院殿乾峰自明大居士
墓所 岩手県一関市の大慈山祥雲寺
東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下右京大夫因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
陸奥岩沼藩主→陸奥一関藩
氏族 田村氏
父母 田村宗良山口重如娘・糸
兄弟 建顕顕寛顕始顕晋宗常
永井直種正室、女子ら
松平近栄娘・繁姫
熊、松平近栄養女、経千代、松平信治室、春千代
誠顕おいよ
テンプレートを表示

田村 建顕(たむら たつあき)は、江戸時代前期から中期にかけての大名陸奥国岩沼藩2代藩主、のち田村家一関藩初代藩主。官位従五位下因幡守

生涯[編集]

明暦2年(1656年)5月8日、陸奥仙台藩一門・田村宗良の次男として誕生。幼名は千勝

万治3年(1660年)、父・宗良が陸奥岩沼藩3万石の大名に取り立てられると、世子となる。寛文4年(1664年)2月21日、元服して宗永と名乗り、同年11月28日、4代将軍徳川家綱御目見する。

寛文10年(1670年)に従五位下・右京大夫に叙任され、延宝6年(1678年)に父の死去により家督を相続する。延宝9年(1681年)5月、岩沼から一関に移封された。宗永は学問に秀でていたため、5代将軍・徳川綱吉に重用され、元禄4年(1691年)には奥詰衆に取り立てられて譜代格となり、元禄5年(1692年)には奏者番を拝命する。同年大晦日、建顕に改名する。元禄6年(1693年)には城主格となり、元禄7年(1694年)8月21日には弟・顕寛旗本寄合席に列した。

元禄8年(1695年)に宮床伊達家当主の伊達村房(後の伊達吉村)を養子に迎えようとしたが、養子縁組を幕府に届け出る前に仙台藩主・伊達綱村の養子に変更されたため、翌年に旗本・田村顕当の子の誠顕を養子に迎えた。

元禄14年(1701年)3月14日、播磨国赤穂藩主・浅野長矩が刃傷沙汰を起こし、即日切腹を命じられた。この時、一関藩が事件後の長矩の身柄を預かるよう命じられ、夕刻に芝の一関藩邸に長矩が護送されて来たが、それから一刻と経たないうちに大目付庄田安利の指示があり、藩邸の庭で浅野長矩の切腹が執行された。

宝永2年(1705年)、因幡守に任官した。宝永5年(1708年)1月27日死去。享年53。誠顕が家督を相続した。

土芥寇讎記』では素晴らしく良いとは言わないがかといって愚鈍とは言えず、慎み深く、「徳人」の隠れた姿、と賞賛されている。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『一関市史』第一巻(岩手県一関市、1978年)
  •  平成『仙台市史』通史編4〔近世2〕(宮城県仙台市、2003年)
  •  『一関藩』大島晃一著(現代書館、2006年)