田村邦顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
田村 邦顕
時代 江戸時代後期
生誕 文化13年12月27日1817年2月12日
死没 天保11年8月23日1840年9月18日
改名 徳顕→邦顕
別名 深美
戒名 諦観院殿真覚円明大居士
墓所 東禅寺東京都港区
官位 従五位下、左京大夫
幕府 江戸幕府
陸奥一関藩第7代藩主
氏族 田村氏
父母 父:田村宗顕、母:宣寿院(田村村資の娘)
兄弟 邦顕邦行
正室:堀親寚の娘・
継室:松平信行の娘・
養子:邦行

田村 邦顕(たむら くにあき)は、江戸時代後期の大名陸奥一関藩の第7代藩主。

生涯[編集]

文化13年12月27日(1817年2月12日)、陸奥一関藩第6代藩主・田村宗顕の次男として、江戸愛宕下田村小路の中屋敷にて生まれる。幼名は深美

文政10年(1827年)に父が死去したため、文政11年(1828年)2月19日に家督を相続して徳顕と名乗り、同月28日に将軍・徳川家斉御目見する。文政12年(1829年)6月7日、宗家・陸奥仙台藩の浜屋敷において元服し、仙台藩主・伊達斉邦から偏諱を受けて邦顕と名乗る。

藩政においては連年の凶作が相次ぎ、藩財政は悪化の一途をたどった。

和算を嗜み、寝所に和算家の千葉胤秀を呼び寄せ、自ら作成した問題を解かせることもあった[1]

天保11年(1840年)8月23日死去。享年25。実子はおらず、弟の顕允(邦行)が末期養子となって家督を相続した。

脚注[編集]

  1. ^ 千葉胤秀画像”. 一関市博物館. 2018年8月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『一関市史』第一巻(岩手県一関市、1978年)