立花直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たちばな なおき
立花 直樹
本名 遠藤 広樹
生年月日 (1950-07-12) 1950年7月12日(68歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 172 cm[1]
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
刑事くん
ジャンボーグA
ザ・カゲスター
特別機動捜査隊
映画
『学園祭の夜 甘い経験』
『制服の胸のここには』

立花 直樹(たちばな なおき、1950年7月12日[1] - )は、日本の元俳優。本名、遠藤 広樹(えんどう ひろき)[1][2][3]

東京都出身[1][3]日本大学芸術学部音楽科[2]中退[1]芸映に所属していた[4]

来歴・人物[編集]

4歳からヴァイオリンなどを学び、大学ではトランペットを専攻していた[2][3]。俳優デビュー以前には、ハイソサエティーにエレクトーン奏者として参加している[2][3]

1970年映画『学園祭の夜 甘い経験』(東宝)の主演オーディションに合格して俳優デビュー[2][3]。当時の紹介記事では「せっかくつかんだチャンスを逃さないように一生懸命やり、改めて演技の勉強をするつもりです」と述べている[4]

1972年TBS刑事ドラマ刑事くん』で、仲雅美に代わって桜木健一の相棒となる若手刑事・板垣一彦役でレギュラー出演。当時の紹介記事では「歌も楽器も芝居も何でもできるタレントになりたい」と述べている[3]

1973年放送の特撮テレビドラマジャンボーグA』(毎日放送)では、主人公である立花ナオキを演じ、1976年放送の特撮テレビドラマ『ザ・カゲスター』(NET)でも主人公である姿影夫を演じた[5]

『ザ・カゲスター』終了前後となる1976年11月からは、刑事ドラマ『特別機動捜査隊』(NET)に佐田刑事役でレギュラー出演した[6]

その後は時代劇や刑事ドラマなどのゲスト出演を経て、1970年代後半に俳優を引退。引退後は運動用品店を経営していた[7]

特技は、歌唱、トランペット[1]。1972年の紹介記事では、50曲以上の作品を作詞・作曲していると紹介されている[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 山河遥かなり / 哀しみはたそがれの中で(1971年、キャピトル
  • 青春の子守唄 / 幸せの昼下り(1972年、キャピトル)
  • ジャンボーグA / 輝けPAT(1973年、東芝) - 『ジャンボーグA』主題歌カバー

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'76』 VIPタイムズ社、1976年、96頁。
  2. ^ a b c d e 『福島民報』 1976年6月16日付朝刊、8面。
  3. ^ a b c d e f g 『河北新報』 1972年5月9日付朝刊、8面。
  4. ^ a b 『福島民友』1971年1月7日付夕刊、2面。
  5. ^ 『快傑ズバット大全』 ブレインナビ 編、双葉社2002年5月25日、88頁。ISBN 978-4575293715
  6. ^ 『福島民友』1976年11月10日付朝刊、7面。
  7. ^ 『読売新聞』 1984年12月11日。