人魚伝説 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人魚伝説』(にんぎょでんせつ)は、1984年公開の日本映画宮谷一彦原作の同名劇画の映画化。

概要[編集]

池田敏春監督、西岡琢也脚本、白都真理主演。ディレクターズ・カンパニー第1弾[1]ATG提携作品。初公開が1984年4月14日。カラー、110分。

夫を殺された新妻が、1人で復讐のために権力に立ち向かっていく姿を描く。

第6回ヨコハマ映画祭で、池田監督が監督賞[2]を、主演の白都真理が主演女優賞を受賞した[3]

2014年11月5日DVD&Blu-rayで発売され、特典として白都のインタビューが収録された[3]

あらすじ[編集]

夫婦海女を営む佐伯みぎわは、一人で海上に出ていた夫の啓介から殺人事件を目撃したことを告げられた。後日、上がらぬ死体の様子を確かめるべく、みぎわは海の中へ潜った。

だが、何者かが命綱を引いていた啓介を銛で殺害したうえに海の中へ投げ入れ、みぎわを水中銃で撃って気絶させた。

夫殺しの濡れ衣を着せられたみぎわは、町の実力者を親に持つ祥平の助けを借りて渡鹿野島へ逃げ、殺人が原発誘致に絡むものだったことを知る。そして真犯人への復讐を果たすべく行動を起こした。

キャスト[編集]

 <島の関係者>

 <渡鹿野島関係>

 <波摩町原発関係>

スタッフ[編集]

撮影場所[編集]

備考[編集]

本作の主人公である「佐伯みぎわ」は漁師の夫を殺された海女であり、序盤では海女作業を行っている。前半では、上がってこない死体がどこにあるか確認する為、海女作業をしているふりをしながら海に潜って探し出すシーンが盛り込まれている。

  • 監督の池田は2010年12月末、本作が撮影された波切漁港の堤防で水死体となって発見された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 石井百合子 (2014年10月20日). “伝説のカルト映画『人魚伝説』が初ブルーレイ化!舞台は故・池田敏春監督の遺体が発見された志摩”. シネマトゥデイ. 2014年11月13日閲覧。
  2. ^ “映画監督が転落死か 三重・志摩の海で”. SANSPO.COM. (2011年1月28日). オリジナルの2011年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110131160034/http://www.sanspo.com/shakai/news/110128/sha1101282100029-n1.htm 2014年10月18日閲覧。 
  3. ^ a b “伝説のカルト映画、初ブルーレイ化”. デイリースポーツonline. (2014年10月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/10/17/0007426557.shtml 2014年10月18日閲覧。 
  4. ^ 壬生智裕 (2014年11月9日). “白都真理…涙 伝説のカルト映画でしごかれた故・池田敏春監督を思う”. シネマトゥデイ. 2014年11月13日閲覧。
  5. ^ “映画監督の池田敏春さん、飛び降り自殺か”. YOMIURI ONLINE. (2011年1月28日). オリジナルの2014年10月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/poHw3 2014年10月18日閲覧。 

外部リンク[編集]