帯一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たて いちろう
帯 一郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー
活動期間 1952年 - 1957年
主な作品
ゴジラ

帯 一郎(たて いちろう[1]生没年不詳[2])は、日本の元俳優[2]

人物[編集]

1950年代東宝の専属俳優として活動していた[2]。中でも1954年本多猪四郎監督映画『ゴジラ』で帯が演じたGHK実況アナウンサー役が有名である。戦前・同年代に鉄一郎という俳優がいたが、別人かどうかは不明である。

しかし1960年以降の出演作品が見当たらず、同年発行の東宝の社員名簿にも名前が記載されていない。同じ専属俳優の記平佳枝によると、早く俳優を引退し別の会社に行ってしまったと証言している[3]。また、中島春雄によれば好男子でモテたと述懐している[2]。趣味はパチンコ

主な出演作品[編集]

東宝[編集]

全て製作・配給は「東宝」である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ゴジラ』(1954年)のDVDのオーディオコメンタリーで宝田明は、帯の姓を「おび」と呼称している。
  2. ^ a b c d 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」115頁。
  3. ^ 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、「加藤茂雄と記平佳枝が語るゴジラ出演者」115頁。