永見徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永見 徳太郎(ながみ とくたろう、1890年(明治23年)8月5日 - 1950年(昭和25年)10月23日)は、近代日本劇作家大正時代から昭和初期に活躍した。長崎県生まれ。号は夏汀。

経歴[編集]

  • 家業を継いで倉庫業を営みながら、小説や俳句などを書いた。
  • 南蛮美術などを収集し美術研究家として知られた。
  • 長崎を訪問した芥川竜之介などの文化人と広く交遊し銅座の殿様と呼ばれた。
  • 幕末の開国で日本最大の国際貿易港としての地位を失った長崎の紹介に務めた。
  • 長崎市立商業学校卒

著書[編集]

  • 「愛染艸」
  • 「長崎版画集」

関連項目[編集]

参考文献[編集]