新現実主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新現実主義(しんげんじつしゅぎ)

  1. 大正時代(1912年 - 1926年)中期から末期にかけて日本文学に見られた文芸思潮。白樺派の理想主義が主観的・空想的に過ぎ、現実を見失っているのではないかという疑問から、新しい視点で現実を見直そうとする動きが生まれた。「新思潮」に参加した芥川龍之介菊池寛山本有三久米正雄らが代表である。新思潮派新理知派新技巧派とも呼ばれることがある。奇蹟派広津和郎葛西善蔵宇野浩二らを含むこともある。
  2. ネオリアリズムのこと。国際政治学の主要理論のひとつで、構造的現実主義 (structural realism) とも呼ばれる。アメリカ合衆国の国際政治学者ケネス・ウォルツが1979年に刊行した著書 Theory of International Politics で提示した。80年代のアメリカの学界において圧倒的な地位を占めるに至り、その後の国際関係理論はネオリアリズムとその批判によって展開されていった。