武藤長蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武藤 長蔵(むとう ちょうぞう、1881年6月9日 - 1942年6月27日)は、日本経済学者歴史家経済史経済学史専攻)。長崎高等商業学校長崎大学経済学部の旧制前身校)の教授を長く務め、同校名誉教授栄典従三位勲三等[1]


略歴[編集]

業績[編集]

  • 長崎高商では経済学史・鉄道論・銀行論・植民政策・交通論などの講義を担当、名物教授として親しまれた。
  • また長崎を中心とした対外交渉史の研究を進め、古賀十二郎永山時英と並ぶ「長崎学三羽烏」として知られた。
  • 日蘭・日英貿易、幕末長崎関係史料および経済関係古典を中心に長年蒐集した書籍・資料は「武藤文庫」として長崎高商に寄贈され、現在も長崎大学附属図書館経済学部分館に所蔵されている。また、1950年には同学部キャンパス内に銅像が建立された。

主要著書[編集]

家族[編集]

兄・長平は、七高一高広島高師などで教授をつとめた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』 1942年07月07日 彙報 官吏薨去及卒去 「長崎高等商業學校名譽教授 従三位 勲三等 武藤長藏ハ去月二十七日薨去」