植松恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植松 恵美子
うえまつ えみこ
生年月日 (1967-11-13) 1967年11月13日(50歳)
出生地 香川県高松市
出身校 神戸大学教育学部
所属政党 民主党→)
無所属→)
希望の党
称号 教育学士
公式サイト うえまつ恵美子

日本の旗 参議院議員
選挙区 香川県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月28日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

植松 恵美子(うえまつ えみこ、1967年11月13日 - )は、日本政治家。元参議院議員(1期)。三木町副町長(2015年1月1日 - 2017年9月30日)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

香川県高松市中間町生まれ。高松市立一宮小学校高松市立香東中学校香川県立高松高等学校卒業。1990年3月、神戸大学教育学部卒業。同年4月、松下電器産業株式会社に入社。同年8月、同社を退社。9月、実家が経営する北四国クレーン株式会社に入社し、移動式クレーン免許(労働安全衛生法に基づく免許)、大型特殊車両運転免許を取得。2001年、温泉施設を運営する有限会社(後に株式会社に改組)「きらら」の取締役社長に就任した。

政界入り[編集]

2004年第20回参議院議員通常選挙民主党公認で香川県選挙区から出馬したが、自由民主党公認の山内俊夫に僅差で敗れ、落選した(山内:204,392票、植松:197,370票)。

2007年第21回参議院議員通常選挙に再び香川県選挙区から民主党公認で出馬し、自由民主党の真鍋賢二環境庁長官を破り初当選を果たした。

2013年2月22日、民主党に離党届を提出[1]し離党したが、会派「民主党・新緑風会」には残留した。

同年7月21日に実施された第23回参議院議員通常選挙に、香川県選挙区から無所属で出馬したが[2]、自由民主党公認の新人・三宅伸吾に敗れ落選。

2015年1月1日、香川県木田郡三木町長の筒井敏行より打診を受け、副町長に就任した[3][4]。任期は4年間。

2017年8月、同年の2月に酒気帯び運転現行犯逮捕された三木町上下水道課係長の公判に際し、その減刑のための嘆願署名に参加していた[5]

2017年9月30日に「一身上の都合」を理由として三木町の副町長を辞職[6]

2017年の第48回衆議院議員総選挙では、希望の党より東京6区から立候補したが、前職2人(うち1人は比例復活)の票を奪うことはできず、17%の得票率で落選した[7]

人物[編集]

  • 香川県で初の女性クレーン運転手である。
  • キャッチコピーは、「香川から日本の未来をつくる-母・女性・人として、いつも挑戦を-」。
  • トレードマークはオレンジ色のジャケットで、公の場では常に着用している
  • 13年の参議院選挙においての毎日新聞のアンケートにて憲法改正反対、9条改正反対、集団的自衛権を行使するための憲法解釈見直しをすべきでは無いと答える。社民党と憲法理念協定を結ぶ護憲派
  • 2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入に賛成、としている[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]