新谷悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新谷悟
生誕 1961年12月19日[1][2]
香川県高松市[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 外科系歯学
研究機関 岡山大学愛媛大学昭和大学
出身校 岡山大学
プロジェクト:人物伝

新谷 悟(しんたに さとる、1961年12月19日[2] -)は日本歯科医師歯学者、開業医。元昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学講座主任教授、元昭和大学歯科病院口腔がんセンター センター長。島根大学医学部臨床教授、山口大学医学部臨床教授、富山大学医学部非常勤講師

経歴[編集]

1980年香川県立高松高等学校卒業、1888年岡山大学歯学部卒業、1992年同大学院終了[1][2]。以後、愛知県がんセンターレジデント、岡山大学医員、助手、愛媛大学助教授を経て2006年より昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学講座主任教授に就任[1][2]し、2014年に退職する。その後、銀座にて歯科口腔外科クリニックを開業する。

著作[編集]

所属団体[編集]


学職
先代:
嶋田淳
第185回
2008年6月
日本口腔外科学会関東地方会学術集会 会長
第186回
2008年11月
次代:
山根源之
第187回
2009年6月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック 院長:新谷 悟 教授の紹介”. 2014年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 昭和大学歯学部教授 新谷 悟”. 2014年2月9日閲覧。
  3. ^ 代議員(社員)名簿(2012・2013年度) (PDF)”. 日本口腔外科学会. 2014年2月9日閲覧。
  4. ^ 日本歯科医学教育学会役員一覧”. 日本歯科医学教育学会. 2014年2月9日閲覧。
  5. ^ 運営審議委員”. 日本顎顔面インプラント学会. 2014年2月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 新谷 悟”. J-GLOBAL. 2014年2月9日閲覧。
  7. ^ 評議員”. 日本口腔腫瘍学会. 2014年2月9日閲覧。
  8. ^ 役員一覧”. 国際歯科研究学会日本部会. 2014年2月9日閲覧。
  9. ^ 日本歯科人間ドック学会 役員一覧”. 日本歯科人間ドック学会. 2014年2月9日閲覧。
  10. ^ ICOI国際資格認定制度 日本有資格者一覧”. 国際インプラント学会. 2014年2月9日閲覧。