稲富祐香子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲富 祐香子
生誕 1952年7月??
出身地 日本の旗 日本 香川県東かがわ市
学歴 東京芸術大学音楽学部声楽科
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手

稲富 祐香子(いなとみ ゆかこ、1952年7月 - )は、日本ソプラノ歌手香川県東かがわ市(旧大川郡白鳥町)出身。香川県立高松高等学校東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。元徳島文理大学音楽学部教授。

経歴[編集]

1977年東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同年にオーストリア給費奨学生として、ウィーン国立音楽大学に留学しE.ドッティール、エリック・ヴェルバの指導を受ける。これまでに声楽を竹内肇、中村義春、須賀靖元、毛利準に師事。

帰国後、1981年まで二期会オペラ復興会(現在の東京二期会)に所属し、1979年東京都高松市にてモーツァルトモテット踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」、ヘンデルの「メサイア」、1983年J.S.バッハの「マタイ受難曲」などの宗教曲のソロを歌う。

四国二期会主催のオペラでは1988年オペラ魔笛」の第2の侍女、1998年にオペラ「ドン・ジョヴァンニ」のエルヴィラ役で出演する。また、室内楽ではこれまでに佐倉友章、古藤幹子、織田準一、織田英子、武久源造と共演。

2003年徳島文理大学音楽学部長及び専攻科長に就任、2013年に同大学を退官。

所属学会等[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]