谷村遼太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷村 遼太
Ryota Tanimura
Handball pictogram white.svg
ワクナガレオリック #2
ポジション LB
所属リーグ 日本の旗 日本ハンドボールリーグ
基本情報
日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1986-05-12) 1986年5月12日(33歳)
身長・体重 188 cm
91 kg
利き腕
出身 香川県立高松高等学校
大阪体育大学
所属クラブ
クラブ
2009-2013 日本の旗 湧永製薬
2013-2014 ドイツの旗 フュクセ・ベルリン2
2014- 日本の旗 湧永製薬
代表歴
2009-  日本
受賞歴
  • 最優秀新人賞 (2009年)
テンプレートを表示

谷村 遼太(たにむら りょうた、1986年5月12日 - )は、香川県高松市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグワクナガレオリック所属。

来歴[編集]

鳥取県で生まれ、小学6年生のときに香川県高松市に転居。このころはバスケットボールをしていた[1]光洋中学に入学したがバスケットボール部が無かったため、担任の教師が顧問をしていたハンドボール部に入部した[1]。高校は香川県立高松高等学校に進学。卒業後は大阪体育大学へ進学した。

2009年2月に日本ハンドボールリーグ湧永製薬に加入[2]。直後に全日本に初招集され、5月に行われた日韓戦で全日本デビューした。2009-10年シーズンは全14試合に出場し、新人選手最多(全体16位)の58得点を記録。日本リーグ最優秀新人賞を受賞した[3][4]

2010年7月、日本リーグの若手選手中心に編成されたNeo日本代表の一員として、ヒロシマ国際ハンドボール大会に出場し、優秀選手賞を受賞した[5]。2010-11年シーズンは14試合に出場して48得点を記録。

2012年12月、全日本総合ハンドボール選手権大会でチームの8年ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞[6]。日本リーグ2012-13シーズンは16試合に出場してチームトップの65得点。

2013年7月、ハンドボール・ブンデスリーガドイツ)のフュクセ・ベルリンに1年間の期限付き移籍が決まった[7]

2014-15年シーズンより湧永製薬へ復帰。

脚注[編集]

外部リンク[編集]