第42回日本ハンドボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本ハンドボールリーグ > 第42回日本ハンドボールリーグ
第42回 日本ハンドボールリーグ
基本情報
シーズン 2017-18
運営 日本ハンドボールリーグ機構
リーグ 日本ハンドボールリーグ
競技 ハンドボール
期間 2017年8月26日 - 2018年3月25日
試合数 男子:24
女子:24
レギュラーシーズン
1位 男子:大崎電気
女子:北國銀行
最優秀選手 男子:東長濱秀希 (大崎電気)
女子:李美京 (広島)
得点王 男子:金東喆 (トヨタ紡織九州)
女子:李美京 (広島)
プレーオフ
優勝 男子:大崎電気 (5回目)
女子:北國銀行 (5回目)
最高殊勲選手 男子:信太弘樹 (大崎電気)
女子:角南唯 (北國銀行)

この項目では、2017-18年シーズンに行われた第42回日本ハンドボールリーグについて述べる。

概要[編集]

女子リーグにプレステージ・インターナショナル アランマーレ大阪ラヴィッツが参加[1]し、男女ともに9チーム3回戦総当たりのリーグ戦となる。プレーオフは上位4チームによるステップラダー方式に変更された[2]

できごと[編集]

開幕前[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

役員[編集]

役職 氏名
会長 多田博
スーパーバイザー 市原則之
副会長 山下泉
副会長 蒲生晴明
副会長 藤森徹
委員長 村林裕
副委員長 冨森達人
副委員長 荻本将勝
GM 家永昌樹

参加チーム[編集]

男子リーグ[編集]

チーム名 愛称 創設年 加盟年 所在地 監督 前年度
トヨタ自動車東日本 レガロッソ 1966年 2012年 宮城県大衡村 日本の旗 中川善雄 7位
大崎電気 オーソル 1960年 1976年 埼玉県三芳町 日本の旗 岩本真典 1位
北陸電力 ブルーサンダー 1990年 1992年 福井県福井市 日本の旗 前田亮介 9位
大同特殊鋼 フェニックス 1964年 1976年 愛知県名古屋市 日本の旗 岸川英誉 2位
トヨタ車体 ブレイヴキングス 1967年 2000年 愛知県刈谷市 日本の旗 香川将之 3位
豊田合成 ブルーファルコン 1975年 2000年 愛知県清須市 日本の旗 田中茂 5位
湧永製薬 ワクナガ レオリック 1969年 1976年 広島県安芸高田市 日本の旗 杉山裕一 4位
トヨタ紡織九州 レッド トルネード 1992年 1996年 佐賀県神埼市 日本の旗 石黒将之 8位
琉球コラソン コラソン 2007年 2008年 沖縄県浦添市 日本の旗 水野裕紀 6位

女子リーグ[編集]

富山県プレステージ・インターナショナル アランマーレ大阪府大阪ラヴィッツが加入した[1]

チーム名 愛称 創設年 加盟年 所在地 監督 前年度
プレステージ・インターナショナル アランマーレ アランマーレ 2016年 2017年 富山県射水市 日本の旗 大森聡 -
北國銀行 ハニービー 1975年 1978年 石川県金沢市 日本の旗 荷川取義浩 1位
飛騨高山ブラックブルズ岐阜 ブラックブルズ 2013年 2013年 岐阜県高山市 日本の旗 山川由加 7位
HC名古屋 HC名古屋 1967年 1976年 愛知県名古屋市 日本の旗 新井翔太 6位
三重バイオレットアイリス バイオレット 2002年 2006年 三重県鈴鹿市 日本の旗 櫛田亮介 4位
大阪ラヴィッツ 大阪ラヴィッツ 2016年 2017年 大阪府大阪市 日本の旗 中村博幸 -
広島メイプルレッズ 広島メイプルレッズ 1994年 1994年 広島県広島市 大韓民国の旗 金明恵 2位
オムロン ピンディーズ 1974年 1976年 熊本県山鹿市 大韓民国の旗 黄慶泳 3位
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング BLUE SAKUYA 1984年 1985年 鹿児島県霧島市 日本の旗 大城章 5位

新加入選手[編集]

開幕直前・シーズン中の追加登録を除く。

男子[編集]

チーム # Pos. 選手名 年齢 前所属 備考
トヨタ自動車東日本 11 PV 日本の旗 楳木武士 23歳 日本の旗 筑波大学
16 GK 日本の旗 西出克巳 23歳 日本の旗 日本体育大学 2017年度内定選手
大崎電気 19 CB 日本の旗 中谷憲弥 23歳 日本の旗 大阪体育大学
北陸電力 2 LW 日本の旗 手塚優斗 19歳 日本の旗 北陸高等学校
12 GK 日本の旗 矢作元 23歳 日本の旗 日本体育大学
13 PV 日本の旗 大橋慶 23歳 日本の旗 日本体育大学
14 LB 日本の旗 久郷駿 23歳 日本の旗 名古屋文理大学
15 LB 日本の旗 竹内功 24歳 アイスランドの旗 フィヨルニル
30 LB 日本の旗 川島悠太郎 23歳 日本の旗 早稲田大学 2017年度内定選手
大同特殊鋼 15 CB 日本の旗 原田一沙 23歳 日本の旗 大同大学 2017年度内定選手
23 PV 日本の旗 瀧澤尚也 23歳 日本の旗 明治大学 2017年度内定選手
25 LB 日本の旗 吉田雄貴 23歳 日本の旗 国士舘大学 2017年度内定選手
トヨタ車体 1 GK 日本の旗 岡本大亮 23歳 日本の旗 中部大学
17 LW 日本の旗 杉岡尚樹 23歳 日本の旗 中央大学 2017年度内定選手
18 LB 日本の旗 吉野樹 23歳 日本の旗 明治大学 2017年度内定選手
豊田合成 10 LB 日本の旗 水町孝太郎 23歳 日本の旗 日本大学
22 CB 日本の旗 藤勢流 23歳 日本の旗 日本体育大学
湧永製薬 4 PV 日本の旗 助安功成 23歳 日本の旗 大阪体育大学 2017年度内定選手
トヨタ紡織九州 1 GK 日本の旗 小峰大知 23歳 日本の旗 国士舘大学
11 RW 日本の旗 美並省吾 23歳 日本の旗 中部大学
琉球コラソン 3 LB 日本の旗 中川智規 24歳 日本の旗 琉球コラソン (練習生)
4 LW 日本の旗 仲程海渡 25歳 日本の旗 BIC
17 RW 日本の旗 浅井悠 23歳 日本の旗 中京大学

女子[編集]

チーム # Pos. 選手名 年齢 前所属 備考
プレステージ・インターナショナル 11 LB 日本の旗 望月さやか 23歳 日本の旗 国士舘大学
12 GK 日本の旗 安田絢恵 23歳 日本の旗 日本体育大学
13 RB 日本の旗 園田麻乃 24歳 日本の旗 福岡大学
14 LB 日本の旗 菊池杏菜 19歳 日本の旗 岩手県立不来方高等学校
15 LW 日本の旗 鈴木愛梨 23歳 日本の旗 東海大学
17 RB 日本の旗 佐藤一実 23歳 日本の旗 東海大学
19 PV 日本の旗 横嶋かおる 32歳 日本の旗 北國銀行 2季ぶり現役復帰
20 PV 日本の旗 山本聖子 29歳 日本の旗 小松短期大学
北國銀行 10 LB 日本の旗 佐々木春乃 23歳 日本の旗 大阪体育大学 2017年度内定選手
11 RW 日本の旗 秋山なつみ 23歳 日本の旗 大阪体育大学 2017年度内定選手
21 LW 日本の旗 松本ひかる 23歳 日本の旗 大阪体育大学 2017年度内定選手
飛騨高山ブラックブルズ岐阜 7 PV 日本の旗 佐伯綾香 23歳 日本の旗 福岡大学
19 RB 日本の旗 中島沙里奈 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
HC名古屋 1 GK 日本の旗 白築麗子 23歳 日本の旗 桐蔭横浜大学
14 LB 日本の旗 綿引彩恵 23歳 日本の旗 東京女子体育大学 2017年度内定選手
15 LW 日本の旗 飯島可奈子 23歳 日本の旗 東北福祉大学 2017年度内定選手
17 CB 日本の旗 多田菜奈子 23歳 日本の旗 武庫川女子大学
三重バイオレットアイリス 2 LB 日本の旗 中田夏海 23歳 日本の旗 福岡大学 2017年度内定選手
7 RB 日本の旗 水谷雪菜 23歳 日本の旗 茨城大学 2017年度内定選手
13 RW 日本の旗 島居宏汀 23歳 日本の旗 武庫川女子大学 2017年度内定選手
25 CB 日本の旗 林美里 23歳 日本の旗 桐蔭横浜大学 2017年度内定選手
大阪ラヴィッツ 13 CB 日本の旗 古賀美穂 23歳 日本の旗 関西大学
14 PV 日本の旗 岩佐望美 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
15 CB 日本の旗 森優稀 23歳 日本の旗 大阪体育大学
広島メイプルレッズ 3 LW 日本の旗 石川紗衣 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
8 LB 日本の旗 三田未稀 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
16 GK 日本の旗 中村桃子 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
オムロン 11 RW 日本の旗 尾﨑佳奈 23歳 日本の旗 東京女子体育大学
13 CB 日本の旗 西尾瑠那 23歳 日本の旗 天理大学
24 PV 日本の旗 野中映見 19歳 日本の旗 明光学園高等学校
ソニーセミコンダクタ
マニュファクチャリング
4 LW 日本の旗 田村美沙紀 23歳 日本の旗 筑波大学 2017年度内定選手
5 CB 日本の旗 岩﨑成美 23歳 日本の旗 筑波大学 2017年度内定選手
9 PV 日本の旗 山本奈津希 23歳 日本の旗 日本体育大学 2017年度内定選手
10 LB 日本の旗 藤田遥香 19歳 日本の旗 明光学園高等学校

結果 (男子)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

# チーム 得点 失点 得失点
1 大崎電気 24 18 2 4 695 572 123 38
2 トヨタ車体 24 17 4 3 693 578 115 38
3 豊田合成 24 15 3 6 693 654 39 33
4 大同特殊鋼 24 13 2 9 619 568 51 28
5 湧永製薬 24 12 2 10 564 594 -30 26
6 トヨタ自動車東日本 24 10 2 12 598 603 -5 22
7 トヨタ紡織九州 24 5 5 14 629 678 -49 15
8 琉球コラソン 24 4 2 18 531 616 -85 10
9 北陸電力 24 3 0 21 555 714 -159 6

ANA CUP (プレーオフ)[編集]

  準々決勝 準決勝 決勝
                               
    1位 大崎電気 30
    2位 トヨタ車体 32     2位 トヨタ車体 26
  3位 豊田合成 21     4位 大同特殊鋼 31  
  4位 大同特殊鋼 26  
All Nippon Airways Logo.svg ANA CUP The 42nd Japan Handball League Playoff Final
 大崎電気  30-26  トヨタ車体 
チームスタッツ 前後半スコア チームスタッツ
FG% : .737 18-21 FG% : .578
12-14
# Pos. 選手名 年齢 FG 7m 合計 警告 退場 失格
監督 岩本真典 47歳 - 0 0 0
1 GK 東佑三 32歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
3 LW 小澤広太 32歳 1/1 0/0 1/1 0 0 0
5 RB 柴山裕貴博 25歳 1/2 0/0 1/2 0 0 0
7 CB 宮﨑大輔 36歳 1/2 0/0 1/2 0 0 0
8 RB 東長濱秀希 30歳 3/4 2/2 5/6 0 0 0
9 PV 森淳 31歳 3/3 0/0 3/3 0 1 0
10 PV 小室大地 29歳 1/1 0/0 1/1 0 1 0
12 GK 木村昌丈 27歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
14 CB 岩永生 (キャプテン) 34歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
15 PV 夏山陽平 31歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
17 CB 植垣健人 27歳 5/7 0/0 5/7 0 0 0
20 LB 小山哲也 24歳 2/2 0/0 2/2 1 0 0
23 LB 時村浩幹 29歳 0/0 0/0 0/0 0 1 0
24 LB 信太弘樹 28歳 7/10 0/0 7/10 0 1 0
25 RB 元木博紀 26歳 2/4 0/0 2/4 0 2 0
27 PV 玉川裕康 22歳 2/2 0/0 2/2 0 0 0
28/38 2/2 30/40 1 6 0
GK
# 選手名 年齢 FS 7mT
1 東佑三 32歳 1/2 .500 0/0 -
12 木村昌丈 27歳 15/40 .375 1/1 1.000
会場 駒沢体育館
観客数 2,917人
審判 池渕智一
檜﨑潔
# Pos. 選手名 年齢 FG 7m 合計 警告 退場 失格
監督 香川将之 37歳 - 0 0 0
2 PV 笠原謙哉 29歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
3 LB 石戸貴章 31歳 2/2 0/0 2/2 0 0 0
5 RB 高智海吏 33歳 3/7 0/0 3/7 0 0 0
6 RW 内海祐輔 25歳 2/2 0/0 2/2 0 0 0
7 LW 藤本純季 29歳 4/7 0/0 4/7 0 0 0
8 PV 藤田聖史 35歳 2/3 0/0 2/3 0 1 0
10 CB 木切倉真一 30歳 1/1 0/0 1/1 0 0 0
11 CB 津屋大将 (キャプテン) 28歳 1/1 0/0 1/1 0 0 0
12 GK 加藤芳規 25歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
14 CB 玉城慶也 25歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
17 LW 杉岡尚樹 23歳 0/1 0/0 0/1 0 0 0
18 LB 吉野樹 23歳 5/7 0/1 5/8 0 0 0
19 PV 菅野純平 26歳 0/1 0/0 0/1 0 0 0
20 RW 渡部仁 28歳 4/8 0/0 4/8 0 0 0
21 GK 甲斐昭人 30歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
22 CB 門山哲也 34歳 2/5 0/0 2/5 0 0 0
26/45 0/1 26/46 0 1 0
GK
# 選手名 年齢 FS 7mT
12 加藤芳規 25歳 3/6 .500 0/2 .000
21 甲斐昭人 30歳 6/31 .194 0/0 -

最終順位[編集]

順位 チーム 備考
1 大崎電気 第15回東アジアクラブ選手権出場
2 トヨタ車体
3 大同特殊鋼
4 豊田合成
5 湧永製薬
6 トヨタ自動車東日本
7 トヨタ紡織九州
8 琉球コラソン
9 北陸電力

結果 (女子)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

# チーム 得点 失点 得失点
1 北國銀行 24 22 1 1 730 402 328 45
2 広島メイプルレッズ 24 20 1 3 598 472 126 41
3 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 24 16 0 8 513 490 23 32
4 三重バイオレットアイリス 24 15 1 8 501 488 13 31
5 オムロン 24 14 1 9 534 474 60 29
6 HC名古屋 24 6 0 18 446 539 -93 12
7 飛騨高山ブラックブルズ岐阜 24 6 0 18 375 509 -134 12
8 大阪ラヴィッツ 24 5 0 19 484 591 -107 10
9 プレステージ・インターナショナル アランマーレ 24 2 0 22 380 596 -216 4

ANA CUP (プレーオフ)[編集]

  準々決勝 準決勝 決勝
                               
    1位 北國銀行 23
    2位 広島メイプルレッズ 30     2位 広島メイプルレッズ 21
  3位 ソニーSC 23     3位 ソニーSC 27  
  4位 三重バイオレットアイリス 18  
All Nippon Airways Logo.svg ANA CUP The 42nd Japan Handball League Playoff Final
 北國銀行  23-21  広島メイプルレッズ 
チームスタッツ 前後半スコア チームスタッツ
FG% : .556 10-9 FG% : .613
13-12
# Pos. 選手名 年齢 FG 7m 合計 警告 退場 失格
監督 荷川取義浩 56歳 - 0 0 0
1 GK 寺田三友紀 31歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
2 LW 田邉夕貴 28歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
3 RW 鰍場雅予 29歳 2/2 0/0 2/2 1 0 0
4 RB 角南唯 26歳 5/7 0/0 5/7 0 0 0
5 LB 塩田沙代 (キャプテン) 29歳 2/3 0/0 2/3 1 1 0
6 RB 石野実加子 29歳 1/1 0/0 1/1 0 0 0
7 CB 大山真奈 25歳 1/3 0/0 1/3 0 1 0
8 PV 永田美香 23歳 3/4 0/0 3/4 1 0 0
11 RW 秋山なつみ 23歳 2/3 0/0 2/3 0 0 0
13 CB 横嶋彩 27歳 2/10 3/4 5/14 0 0 0
14 LB 河田知美 27歳 2/3 0/0 2/3 0 0 0
16 GK 橋本千里 28歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
17 LW 八十島智美 30歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
18 LB 深田彩加 24歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
21 LW 松本ひかる 23歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
22 GK 馬場敦子 22歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
20/36 3/4 23/40 3 2 0
GK
# 選手名 年齢 FS 7mT
1 寺田三友紀 31歳 7/26 .269 0/0 -
16 橋本千里 28歳 0/0 - 0/1 .000
22 馬場敦子 22歳 0/0 - 0/1 .000
会場 駒沢体育館
観客数 2,042人
審判 太田智子
島尻真理子
# Pos. 選手名 年齢 FG 7m 合計 警告 退場 失格
監督 金明恵 59歳 - 0 0 0
1 GK 高森妙子 37歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
2 PV 角屋里帆 26歳 0/0 0/0 0/0 1 0 0
3 LW 石川紗衣 23歳 2/3 0/0 2/3 1 0 0
4 LW 村田貴世 26歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
5 CB 眞継麻礼 25歳 5/6 0/0 5/6 1 0 0
6 PV 堀川真奈 24歳 1/1 0/0 1/1 0 1 0
8 LB 三田未稀 23歳 1/4 0/0 1/4 0 0 0
9 RW 門谷舞 26歳 1/2 0/0 1/2 0 1 0
11 LW 石田紗貴 27歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
12 GK 板野陽 25歳 0/1 0/0 0/1 0 0 0
15 PV 高山智恵 (キャプテン) 27歳 1/1 0/0 1/1 0 0 0
16 GK 中村桃子 23歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
17 RW 三橋未来 22歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
18 CB 李美京 26歳 8/13 2/2 10/15 0 0 0
19 LB 木村有沙 22歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
21 PV 近藤万春 22歳 0/0 0/0 0/0 0 0 0
19/31 2/2 21/33 3 2 0
GK
# 選手名 年齢 FS 7mT
1 高森妙子 37歳 1/1 1.000 0/0 -
12 板野陽 25歳 8/28 .286 1/4 .250
16 中村桃子 23歳 0/0 - 0/0 -

最終順位[編集]

順位 チーム 備考
1 北國銀行 第15回東アジアクラブ選手権出場
2 広島メイプルレッズ
3 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
4 三重バイオレットアイリス
5 オムロン
6 HC名古屋
7 飛騨高山ブラックブルズ岐阜
8 大阪ラヴィッツ
9 プレステージ・インターナショナル アランマーレ

得点ランキング[編集]

男子
順位 選手名 所属 得点
1 金東喆 トヨタ紡織九州 159
2 東江雄斗 大同特殊鋼 156
3 東長濱秀希 大崎電気 129
4 吉野樹 トヨタ車体 126
藤坂知輝 北陸電力
6 川島悠太郎 北陸電力 123
7 成田幸平 湧永製薬 116
8 趙顯章 豊田合成 110
9 玉井宏章 トヨタ自動車東日本 108
10 小塩豪紀 豊田合成 98
女子
順位 選手名 所属 得点
1 李美京 広島メイプルレッズ 197
2 横嶋彩 北國銀行 171
3 多田仁美 三重バイオレットアイリス 134
4 吉田起子 オムロン 130
5 河田知美 北國銀行 107
6 園田麻乃 プレステージ・インターナショナル アランマーレ 101
7 髙宮咲 HC名古屋 93
8 田中美音子 大阪ラヴィッツ 90
9 儀間晴香 大阪ラヴィッツ 84
10 川村杏奈 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 83

表彰[編集]

レギュラーシーズン[編集]

受賞者 (男子) 受賞者 (女子)
選手名 成績 受賞
回数
選手名 成績 受賞
回数
最優秀選手賞 東長濱秀希 (大崎電気) - 李美京 (広島メイプルレッズ) -
最優秀新人賞 吉野樹 (トヨタ車体) - - 佐々木春乃 (北國銀行) - -
得点王 金東喆 (トヨタ紡織九州) 159 李美京 (広島メイプルレッズ) 197
フィールド得点賞 東江雄斗 (大同特殊鋼) 133 李美京 (広島メイプルレッズ) 165
シュート率賞 藤本純季 (トヨタ車体) .733 河田知美 (北國銀行) .624
7mスロー得点賞 東長濱秀希 (大崎電気) 38 4 吉田起子 (オムロン) 62 2
7mスロー阻止率賞 加藤芳規 (トヨタ車体) .419 板野陽 (広島メイプルレッズ) .296
シュート阻止率賞 甲斐昭人 (トヨタ車体) .394 5 寺田三友紀 (北國銀行) .512 2
ベストディフェンダー賞 千々波英明 (大同特殊鋼) - 3 塩田沙代 (北國銀行) - 4
フェアプレー賞 琉球コラソン 95 - プレステージ・インターナショナル アランマーレ 82 -

ベストセブン[編集]

ポジション 受賞者 (男子) 受賞者 (女子)
選手名 受賞
回数
選手名 受賞
回数
GK 甲斐昭人 (トヨタ車体) 3 寺田三友紀 (北國銀行) 4
CP 出村直嗣 (豊田合成) 高山智恵 (広島メイプルレッズ) 6
朴重奎 (大同特殊鋼) 3 門谷舞 (広島メイプルレッズ) 2
藤本純季 (トヨタ車体) 3 河田知美 (北國銀行) 2
趙顯章 (豊田合成) 2 横嶋彩 (北國銀行) 4
東江雄斗 (大同特殊鋼) 2 李美京 (広島メイプルレッズ)
金東喆 (トヨタ紡織九州) 多田仁美 (三重バイオレットアイリス) 2

ANA CUP (プレーオフ)[編集]

受賞者 (男子) 受賞者 (女子)
選手名 受賞
回数
選手名 受賞
回数
最優秀監督賞 岩本真典 (大崎電気) 4 荷川取義浩 (北國銀行) 5
最高殊勲選手賞 信太弘樹 (大崎電気) 角南唯 (北國銀行)
殊勲選手賞 吉野樹 (トヨタ車体) 李美京 (広島メイプルレッズ) 2

特別表彰[編集]

退団選手[編集]

男子[編集]

チーム # Pos. 選手名 年齢 去就
大崎電気 15 PV 日本の旗 夏山陽平 31歳
28 RW 日本の旗 植垣貴志 28歳
北陸電力 10 PV 日本の旗 小川俊 28歳 日本の旗 北陸電力 主務
大同特殊鋼 3 RB 日本の旗 野村喜亮 31歳
16 GK 日本の旗 東直明 33歳
21 LB 日本の旗 上原達也 24歳
トヨタ車体 8 PV 日本の旗 藤田聖史 35歳
豊田合成 12 GK 日本の旗 藤田東吾 31歳
17 RW 日本の旗 岡山健太 27歳
19 PV 日本の旗 舘盛寛文 27歳
湧永製薬 15 PV 日本の旗 今井昭仁 34歳
17 LW 日本の旗 子安貴之 26歳 スイスの旗 レイカーズ・シュテファ
20 RB 日本の旗 小川航世 27歳
トヨタ紡織九州 2 RB 日本の旗 中畠嘉之 35歳
15 PV 日本の旗 野田巨樹 27歳
21 PV 日本の旗 鈴木優太 27歳
琉球コラソン 1 LB 日本の旗 棚原良 30歳
2 PV 日本の旗 伊計勇太 29歳
4 LW 日本の旗 仲程海渡 25歳
10 RB 日本の旗 大和田翔馬 25歳
11 LW 日本の旗 牧山仁志 27歳
13 LW 日本の旗 青木翔太郎 26歳
14 CB 日本の旗 又吉裕喜 26歳
23 CB 日本の旗 水野裕紀 33歳 日本の旗 オムロン コーチ

女子[編集]

チーム # Pos. 選手名 年齢 去就
プレステージ・インターナショナル
アランマーレ
1 GK 日本の旗 石田光 29歳
4 LW 日本の旗 小林瑶子 24歳
5 RW 日本の旗 兒玉菜夏 24歳
7 RW 日本の旗 島田奈緒 20歳
20 PV 日本の旗 山本聖子 29歳
北國銀行 4 RB 日本の旗 角南唯 26歳 デンマークの旗 ニュークビン・ファルスター
6 RB 日本の旗 石野実加子 29歳
飛騨高山ブラックブルズ岐阜 3 LW 日本の旗 比嘉桃子 28歳
23 LB 日本の旗 友野優子 27歳
大阪ラヴィッツ 14 PV 日本の旗 岩佐望美 23歳
広島メイプルレッズ 13 RW 日本の旗 國廣紗弥香 21歳
15 PV 日本の旗 高山智恵 27歳
18 CB 大韓民国の旗 李美京 26歳
ソニーセミコンダクタ
マニュファクチャリング
7 RW 日本の旗 藤田明日香 22歳 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
11 RW 日本の旗 諸岡世奈 25歳
13 LW 日本の旗 矢崎貴子 25歳
18 RB 日本の旗 藤井保奈美 28歳
22 GK 日本の旗 関澤あすか 24歳
66 LB リトアニアの旗 ダイバ・アレクサンドラビチューテ 29歳

チャレンジ・ディビジョン[編集]

第9回チャレンジ・ディビジョン
基本情報
主催 日本ハンドボールリーグ機構
主管 チャレンジ・ディビジョン運営委員会
日程 2017年9月2日 - 2018年2月25日
参加チーム数 男子:22チーム
大会結果
優勝 HONDA
準優勝 フレッサ福岡

2017-18年シーズンも日本ハンドボールリーグ機構主催で第9回チャレンジ・ディビジョンが行われた。

男子は東ブロック10チーム、西ブロック8チーム、九州ブロック4チームが参加。女子は実施されなかった。

参加チーム[編集]

ブロック チーム名 所在地 備考
東ブロック 東北福祉大学 宮城県
仙台大学 宮城県
TEAM NIIGATA 新潟県
HC岐阜 岐阜県
トヨタ自動車 愛知県
HC春日井 愛知県
同朋クラブ 愛知県
大同大学 愛知県
ブレスド名古屋 愛知県 初参加
HONDA 三重県
西ブロック HC彦根 滋賀県
HC同志社 京都府
HC・MKA奈良 奈良県
HC和歌山 和歌山県
八光自動車工業 大阪府
ボンチフェローズ 大阪府
SOCIO OSAKA 大阪府
HCオリーブ 香川県 初参加
九州ブロック フレッサ福岡 福岡県 初参加
長崎社中 長崎県 初参加
熊本HCサンワード 熊本県 初参加
Various鹿児島 鹿児島県 初参加

地区リーグ結果[編集]

東ブロック[編集]

# チーム 得点 失点 得失点
1 大同大学 9 8 1 0 290 170 120 17
2 HONDA 9 8 0 1 302 147 155 16
3 ブレスド名古屋 9 7 1 1 267 204 63 15
4 HC岐阜 9 6 0 3 217 200 17 12
5 トヨタ自動車 9 5 0 4 234 226 8 10
6 東北福祉大学 9 4 0 5 219 278 -59 8
7 TEAM NIIGATA 9 3 0 6 219 271 -52 6
8 HC春日井 9 2 0 7 222 303 -81 4
9 同朋クラブ 9 1 0 8 167 263 -96 2
10 仙台大学 9 0 0 9 183 258 -75 0

西ブロック[編集]

# チーム 得点 失点 得失点
1 HC和歌山 7 7 0 0 217 127 90 14
2 SOCIO OSAKA 7 6 0 1 168 146 22 12
3 ボンチフェローズ 7 5 0 2 194 156 38 10
4 HC彦根 7 4 0 3 191 187 4 8
5 八光自動車工業 7 3 0 4 171 189 -18 6
6 HC・MKA奈良 7 2 0 5 184 220 -36 4
7 HC同志社 7 1 0 6 178 216 -38 2
8 HCオリーブ 7 0 0 7 183 245 -62 0

九州ブロック[編集]

# チーム 得点 失点 得失点
1 フレッサ福岡 6 5 0 1 162 114 48 10
2 長崎社中 6 4 0 2 154 158 -4 8
3 熊本HCサンワード 6 2 0 4 159 148 11 4
4 Various鹿児島 6 1 0 5 118 173 -55 2

決勝トーナメント[編集]

  準々決勝     準決勝     決勝
                           
        東1位 大同大学 24  
  西2位 SOCIO OSAKA 15     九州1位 フレッサ福岡 26    
  九州1位 フレッサ福岡 22         九州1位 フレッサ福岡 21
      東2位 HONDA 26
        東2位 HONDA 32    
        西1位 HC和歌山 24  

3位決定戦[編集]

  準決勝     決勝
                 
     大同大学 25
   HC和歌山 21      SOCIO OSAKA 16
   SOCIO OSAKA 22  


最終順位[編集]

九州ブロックの長崎社中とVarious鹿児島は順位決定戦に参加できなかったため記載なし[29]

順位 チーム
1 HONDA
2 フレッサ福岡
3 大同大学
4 SOCIO OSAKA
5 HC和歌山
6 トヨタ自動車
7 HC岐阜
8 ブレスド名古屋
9 ボンチフェローズ
10 HC彦根
11 熊本HCサンワード
12 八光自動車
13 HC・MKA奈良
14 TEAM NIIGATA
15 東北福祉大学
16 HC春日井
17 同朋クラブ
18 HC同志社
19 HCオリーブ
20 仙台大学

ジャパンカップ JHL選抜[編集]

2017年8月3日から「熊本地震復興支援 女子ハンドボール国際大会 JAPAN CUP 2017」が3日間(3日目は中止)熊本県で行われ、日本代表ポーランド代表、アンゴラ代表、日本リーグ選抜が参加。日本リーグ選抜は日本代表、ポーランド代表と対戦し、1勝1敗に終わった[30]

結果[編集]

開催地 スコア
8月3日 ウイングまつばせ 日本リーグ選抜 22 - 21 ポーランド代表
8月4日 人吉スポーツパレス 日本リーグ選抜 30 - 36 日本代表

JHL選抜メンバー[編集]

役職 氏名 所属
監督 荷川取義浩 北國銀行
コーチ 黄慶泳 オムロン
トレーナー 木村慎之介 木島病院
# Pos. 選手名 年齢 所属 得点
POL戦 JPN戦
1 GK 日本の旗 田口舞 29歳 飛騨高山ブラックブルズ岐阜 0 0
2 RB 日本の旗 山野由美子 29歳 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 0 2
3 PV 日本の旗 川﨑美穂 27歳 大阪ラヴィッツ 0 0
4 LB 日本の旗 吉田起子 28歳 オムロン 4 8
5 RW 日本の旗 髙宮咲 24歳 HC名古屋 0 0
6 LB 日本の旗 友野優子 26歳 飛騨高山ブラックブルズ岐阜 3 1
7 CB 日本の旗 大山真奈 24歳 北國銀行 2 4
8 LW 日本の旗 八十島智美 29歳 北國銀行 3 3
9 PV 日本の旗 横嶋かおる 31歳 プレステージ・インターナショナル アランマーレ 0 2
10 CB 日本の旗 石井優花 23歳 オムロン 0 3
11 RB 日本の旗 森本方乃香 23歳 三重バイオレットアイリス 0 1
12 GK 日本の旗 宮川裕美 25歳 オムロン 0 0
13 RW 日本の旗 鰍場雅予 28歳 北國銀行 4 3
14 LB 日本の旗 深田彩加 23歳 北國銀行 0 0
15 PV 日本の旗 高山智恵 26歳 広島メイプルレッズ 5 3
16 GK 日本の旗 橋本千里 27歳 北國銀行 0 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  2. ^ 試合日程・会場案内 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  3. ^ a b 北陸電力 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  4. ^ a b 湧永製薬 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  5. ^ 豊田合成 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  6. ^ a b ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 得点達成 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  8. ^ 原選手のスイスリーグ への移籍決定! 湧永製薬ハンドボール部 (2017年9月27日)
  9. ^ 稲毛選手のアイスランドリーグ 1部への移籍 湧永製薬ハンドボール部 (2017年9月27日)
  10. ^ 琉球コラソン - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  11. ^ a b 三重バイオレットアイリス - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  12. ^ 大阪ラヴィッツ - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  13. ^ トヨタ紡織九州 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  14. ^ 宮崎、FG歴代最多タイ912点 ハンドボール日本リーグ スポーツニッポン (2017年11月19日)
  15. ^ 宮崎 歴代単独トップ915得点「1人では成し遂げられなかった」 スポーツニッポン (2017年11月26日)
  16. ^ 大同特殊鋼 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  17. ^ 飛騨高山ブラックブルズ岐阜 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  18. ^ 退団選手のお知らせ プレステージ・インターナショナル アランマーレ (2018年1月10日)
  19. ^ 北國銀行 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  20. ^ オムロン - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  21. ^ トヨタ自動車東日本 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  22. ^ a b 広島メイプルレッズ - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  23. ^ 大崎電気 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  24. ^ 田中、初の1500得点=ハンドボール 時事ドットコム (2018年2月25日)
  25. ^ 星取表 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  26. ^ 星取表 - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  27. ^ JHL戦況報告 プレーオフ - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  28. ^ 日本ハンドボールリーグ機構 新会長 就任について 日本ハンドボールリーグ (2018年3月28日)
  29. ^ 第9回チャレンジ・ディビジョン 日本ハンドボールリーグ
  30. ^ 熊本地震復興支援 女子ハンドボール国際大会 JAPAN CUP 2017 日本ハンドボール協会

外部リンク[編集]