石立真悠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石立 真悠子
Mayuko Ishitate
Handball pictogram white.svg
三重バイオレットアイリス #81
ポジション CB
所属リーグ 日本の旗 日本ハンドボールリーグ
基本情報
日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
生年月日 (1987-01-18) 1987年1月18日(32歳)
身長・体重 166 cm
57 kg
利き腕
出身 小松市立高等学校
筑波大学
所属クラブ
クラブ
2009- 日本の旗 オムロン
2014-2017 ハンガリーの旗 フェヘールヴァールKC
2017 日本の旗 JJ GANG
2018 日本の旗 オムロン
2018-2019 日本の旗 JJ GANG
2019- 日本の旗 三重バイオレットアイリス
代表歴
2001  日本 U-16
2004-2005 日本の旗 日本 U-20
2009-2016,2018-  日本
受賞歴
日本の旗 日本ハンドボールリーグ
  • 最高殊勲選手賞:2012年
  • ベストセブン賞:2013年
日本の旗 全日本社会人選手権
  • ベストセブン:2013年
テンプレートを表示

石立 真悠子(いしたて まゆこ、1987年1月18日 - )は、福井県福井市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグ三重バイオレットアイリス所属。

経歴[編集]

福井市明倫中学校時代にハンドボール部の顧問に誘われハンドボールを開始[1]2001年第10回JOCジュニアオリンピックカップでは優秀選手に選ばれた[2]

中学卒業後は小松市立高等学校へ進学。2004年には第8回アジア女子ジュニア選手権の日本代表に選出された[3]

高校卒業後は「ハンドボールを続けるなら一番強いチームに行きたい」という理由で、当時全日本学生ハンドボール選手権大会(インカレ)3連覇を達成していた筑波大学へ進学[1]2005年は第15回世界女子ジュニア選手権の日本代表に選出された[4]

2006年は関東学生ハンドボール・春季リーグで優秀新人賞を受賞[5]。秋季リーグでは優秀選手賞を受賞した[6]。同年のインカレでは2年ぶりの優勝に貢献し、優秀選手に選ばれた[7]

2007年は春季リーグ・秋季リーグでそれぞれ優秀選手賞を受賞した[8][9]。インカレでは2連覇を達成し、2年連続で優秀選手に選ばれた[10]

2008年は春季リーグで優秀選手賞を受賞[11]。秋季リーグでは2季ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞した[12]。同年のインカレでは3連覇を達成。3年連続で優秀選手に選ばれた[13]

2009年日本ハンドボールリーグオムロンへ加入[14]。同年7月の第14回ヒロシマ国際ハンドボール大会で日本代表に初選出された[15]。12月には第19回世界選手権の日本代表に選出された[16]

2010年はジャパンカップや第15回ヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選出[17][18]。11月には第16回アジア競技大会の日本代表に選ばれ、銀メダルを獲得した[19]

2011年は日韓定期戦や第16回ヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選出[20][21]。10月にロンドンオリンピック・アジア予選の日本代表に選ばれた[22]。12月には第20回女子世界選手権の日本代表に選出され[23]、19得点を記録した[24]。2011-12年シーズンはリーグ10位の57得点を挙げた[25]

2012年はロンドン五輪・世界最終予選の日本代表に選出[26]。2012-13年シーズンは広島メイプルレッズとのプレーオフ決勝で両チーム最多の6得点を挙げ[27]、最高殊勲選手賞を受賞した[28]

2013年は日韓定期戦や第18回ヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選出[29][30]。7月に行われた第3回社会人選手権ではベストセブンを受賞[31]。12月には第21回女子世界選手権の日本代表に選ばれた[32]。2013-14年シーズンは初のベストセブンを受賞した[33]

2014年は第19回ヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選出[34]。7月にハンガリー1部のフェヘールヴァールKCへ移籍した。移籍後は両足を疲労骨折し、治療のため半年で帰国した[35]

2015年はリハビリを経てハンガリーリーグに復帰。第20回ヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選ばれた[36]。10月にリオデジャネイロオリンピック・アジア予選の日本代表に選出[37]。12月には第22回女子世界選手権の日本代表に選ばれた[38]

2016年3月にリオデジャネイロ五輪・世界最終予選の日本代表に選ばれた[39]が、敗退。その後は燃え尽き症候群となり、フェヘールヴァールKCの2年契約も終了したため帰国を考えていたが、「ハンガリーで自分なりに成し遂げたことがあれば戻っておいで」と家族に言われ、自分では満足していなかったため再び1年間ハンガリーでプレーすることを決めた[1]

2017年に帰国し、福井国体に向けて福井県体育協会(JJ.GANG)に所属。

2018年1月に古巣・オムロンに復帰。背番号は「20[40]。同年は春までJJ.GANGとしての試合予定がなかったため、試合勘を失わないようにと各団体に相談。「海外での経験を選手たちに伝えてほしい」というオムロン側の希望もあって、同年3月までの期間限定移籍となった[41]。4月から再びJJ.GANGでプレー。6月にジャパンカップの日本代表に選ばれた[42]

2019年4月に三重バイオレットアイリスへ移籍。背番号は「81[43]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2009-10 オムロン 15 30/58 .517 0/0 30/58 4 1 0
2010-11 15 29/73 .397 0/0 29/73 7 9 0
2011-12 15 57/112 .509 0/0 57/112 10 2 0
2012-13 15 41/76 .539 0/0 41/76 6 5 0
2013-14 15 57/91 .626 0/0 57/91 5 5 0
2017-18 6 15/28 .536 0/0 15/28 1 1 0
JHL:6年 81 229/438 .523 0/0 229/438 33 23 0
  • 各年度の太字はリーグ最高

JHLプレーオフ[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2009-10 オムロン ソニーセミコンダクタ九州戦 (準決勝) 1/4 .250 0/0 1/4 1 0 0
2011-12 ソニーセミコンダクタ戦 (準決勝) 3/6 .500 0/0 3/6 1 0 0
北國銀行戦 (決勝) 0/2 .000 0/0 0/2 1 0 0
2012-13 広島メイプルレッズ戦 (決勝) 6/10 .600 0/0 6/10 0 0 0
2013-14 ソニーセミコンダクタ戦 (準決勝) 3/7 .429 0/0 3/7 1 1 0
北國銀行戦 (決勝) 6/10 .600 0/0 6/10 0 0 0

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 最高殊勲選手賞:1回 (2012年)
  • ベストセブン賞:1回 (2013年)

社会人選手権[編集]

  • ベストセブン:1回 (2013年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

背番号[編集]

  • 8 (2009年 - 2014年)
  • 20 (2014年 - 2019年)
  • 81 (2019年 - )

代表歴[編集]

日本代表[編集]

大会別成績[編集]

大会 対戦国 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2015年 リオ五輪
アジア予選
 ウズベキスタン 2/2 1.000 0/0 2/2 0 0 0
 中国 1/3 .333 0/0 1/3 0 0 0
 カザフスタン 0/1 .000 0/0 0/1 0 0 0
 韓国 2/6 .333 0/0 2/6 0 0 0
世界選手権  デンマーク戦 (予選) 1/3 .333 0/0 1/3 0 1 0
 モンテネグロ戦 (予選) 3/7 .429 0/0 3/7 0 1 0
 チュニジア戦 (予選) 3/9 .333 0/0 3/9 1 1 0
 セルビア戦 (予選) 5/10 .500 0/0 5/10 0 0 0
 ハンガリー戦 (予選) 2/7 .286 0/0 2/7 0 0 0
 中国戦 (17-20位戦) 1/4 .250 0/0 1/4 0 2 0
 プエルトリコ戦 (19-20位戦) 3/3 1.000 0/0 3/3 0 0 0
2016年 リオ五輪
世界最終予選
 チュニジア 1/5 .200 0/0 1/5 1 0 0
 オランダ 4/4 1.000 0/0 4/4 1 0 0
 フランス 1/2 .500 0/0 1/2 0 1 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 石立真悠子 ハンドボール世界最高峰のハンガリー1部リーグで活躍したスゴい人! 日刊スゴい人! (2017年7月4日)
  2. ^ 第10回JOCジュニアオリンピックカップ結果 日本ハンドボール協会
  3. ^ 第8回アジア女子ジュニア選手権(兼2005年世界女子ジュニア選手権アジア予選) 日本ハンドボール協会
  4. ^ 第15回世界女子ジュニア選手権 日本ハンドボール協会
  5. ^ 関東学生ハンドボール連盟2006春季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  6. ^ 関東学生ハンドボール連盟2006秋季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  7. ^ 平成18年度全日本学生ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  8. ^ 関東学生ハンドボール連盟2007春季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  9. ^ 関東学生ハンドボール連盟2007秋季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  10. ^ 平成19年度全日本学生ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  11. ^ 関東学生ハンドボール連盟2008春季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  12. ^ 関東学生ハンドボール連盟2008秋季リーグ戦星取り表 関東学生ハンドボール連盟
  13. ^ 平成20年度全日本学生ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  14. ^ オムロン - 第34回日本リーグ 2009-2010 Season 日本ハンドボールリーグ
  15. ^ 第14回ヒロシマ国際ハンドボール大会 選手名簿 日本ハンドボール協会
  16. ^ 第19回世界女子ハンドボール選手権大会 日本代表女子選手名簿 日本ハンドボール協会
  17. ^ JAPAN CUP 2010 TOKYO GAMES 日本ハンドボール協会
  18. ^ 第15回ヒロシマ国際ハンドボール大会 日本ハンドボール協会
  19. ^ 第16回アジア競技大会 日本ハンドボール協会
  20. ^ 日韓定期戦2011 日本ハンドボール協会
  21. ^ 第16回ヒロシマ国際ハンドボール大会 日本ハンドボール協会
  22. ^ 2012ロンドンオリンピック女子アジア予選 選手団名簿 日本ハンドボール協会
  23. ^ 第20回女子世界選手権 日本ハンドボール協会
  24. ^ 第20回女子世界選手権 戦評 日本ハンドボール協会
  25. ^ 得点王(FG+7m)・ランキング - 第36回日本リーグ 2011-2012 Season 日本ハンドボールリーグ
  26. ^ 2012ロンドンオリンピックIHF世界最終予選(女子) 日本ハンドボール協会
  27. ^ 第37回日本ハンドボールリーグプレーオフ 女子決勝 2013年3月10日(日) 日本ハンドボールリーグ
  28. ^ 個人表彰<女子> - 第37回日本リーグ 2012-2013 Season 日本ハンドボールリーグ
  29. ^ 日韓定期戦2013 日本ハンドボール協会
  30. ^ 第18回ヒロシマ国際ハンドボール大会 日本ハンドボール協会
  31. ^ 高松宮記念杯 第3回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  32. ^ 第21回女子世界選手権 日本ハンドボール協会
  33. ^ 個人表彰<女子> - 第38回日本リーグ 2013-2014 Season 日本ハンドボールリーグ
  34. ^ 第19回ヒロシマ国際ハンドボール大会 日本ハンドボール協会
  35. ^ 石立 真悠子 選手 日本ハンドボール協会
  36. ^ 第20回ヒロシマ国際ハンドボール大会 日本ハンドボール協会
  37. ^ リオデジャネイロ・オリンピックハンドボール競技女子アジア予選 選手団名簿 日本ハンドボール協会
  38. ^ 第22回女子世界選手権 日本ハンドボール協会
  39. ^ 2016リオデジャネイロオリンピックIHF世界最終予選(女子) 日本ハンドボール協会
  40. ^ オムロン - 第42回日本リーグ 2017-2018 Season 日本ハンドボールリーグ
  41. ^ 石立古巣へ復帰 ハンドボール元日本代表 中日新聞 (2018年1月25日)
  42. ^ ハンドボール女子日本代表チーム JAPAN CUP メンバーリスト 日本ハンドボール協会
  43. ^ 新加入選手・石立真悠子(JJ.GANGより移籍) 三重バイオレットアイリス (2019年4月1日)
  44. ^ 第34回日本リーグ神奈川大会 2009年9月6日(日) 日本ハンドボールリーグ
  45. ^ 得点達成 - 第38回日本リーグ 2013-2014 Season 日本ハンドボールリーグ

外部リンク[編集]