櫛田亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫛田 亮介
Ryosuke Kushida
Handball pictogram white.svg
三重バイオレットアイリス
役職 チームマネージャー
所属リーグ 日本の旗 日本ハンドボールリーグ
基本情報
日本の旗 日本
出身地 奈良県生駒市
生年月日 (1977-06-29) 1977年6月29日(41歳)
利き腕
出身 奈良市立一条高等学校
中部大学
ポジション RB
所属クラブ
クラブ
2000-2003 日本の旗 HONDA
2003-2005 日本の旗 HONDA熊本
2006-2008 ドイツの旗 ESVロク・ピルナ
2009-2015 日本の旗 北陸電力
監督歴
クラブ
2015-2019 日本の旗 三重バイオレットアイリス
テンプレートを表示

櫛田 亮介(くしだ りょうすけ、1977年6月29日 - )は、奈良県生駒市出身の元ハンドボール選手、指導者。日本ハンドボールリーグ三重バイオレットアイリスでチームマネージャーを務めている。

経歴[編集]

中部大学入学を機に本格的に競技スタート。1999年には西日本学生ハンドボール選手権大会準優勝。同大会優秀選手賞に選出される。

大学卒業後は社会人ハンドボールの名門・ホンダに入団。2000年、2001年と日本リーグ優勝を経験。

2003年10月にホンダ熊本へ移籍。その半年後にチームの活動縮小方針決定。

2006年にハンドボールの本場であるヨーロッパへ単身で渡り、ドイツ4部リーグのESVロク・ピルナとプロ契約。リーグ優勝を果たす。

2007年、試合中に相手選手からの激しいコンタクトを受け、左膝脱臼による複合靭帯損傷の大けがを負い、競技復帰は絶望的と診断される。その後、靭帯再建手術が成功し、受傷後2年間を期限として競技復帰を決意。

2008年3月に怪我を理由に契約解除。帰国の途に就く。同年ドイツ5部リーグ「TSV Weinsberg」からドイツでリハビリを継続しジュニアチームのコーチをしながら、一軍での競技復帰を目指してはどうか、との打診を受けるもビザの取得は叶わず、日本リーグでの球界復帰を目指してアプローチを開始。

2009年9月に北陸電力ブルーサンダーへ入団。9月19日の対豊田合成戦で約2年振りに見事競技復帰を果たす。

2012年5月より北陸電力のコーチ兼任選手となり、チーム最年長選手として活動。

2015年5月から三重バイオレットアイリスの監督に就任。

2018-19年シーズン終了後に監督を退任[1]

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

リーグ チーム 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
2015-16 JHL MVI 6位 12 4 1 7 204 233
2016-17 4位 18 9 0 9 370 364
2017-18 4位 24 15 1 8 501 488
2018-19 4位 24 13 2 9 525 503
JHL:4年 78 41 4 33 1600 1588

JHLプレーオフ[編集]

大会名 対戦相手 勝敗
2016-17 プレーオフ準決勝 北國銀行 20-23 / 敗退 (4位)
2017-18 プレーオフ1stステージ ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 18-23 / 敗退 (4位)
2018-19 プレーオフ1stステージ オムロン 15-21 / 敗退 (4位)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 監督交代のお知らせ・梶原晃 監督就任! 三重バイオレットアイリス (2019年4月25日)

外部リンク[編集]