ハンドボール日本男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンドボール日本男子代表
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本ハンドボール協会
IOCコード JPN
監督 アイスランドの旗 ダグル・シグルドソン
ホームカラー
アウェイカラー
オリンピック
出場回数 4回 (初出場は1972年)
最高成績 9位 (1976年)
世界男子ハンドボール選手権
出場回数 13回 (初出場は1961年)
最高成績 10位 (1970年)
アジア男子ハンドボール選手権
出場回数 17回 (初出場は1977年)
最高成績 優勝 (1977年・1979年)
アジア競技大会
出場回数 9回 (初出場は1982年)
最高成績 準優勝 (1982年・1990年・1994年)

ハンドボール日本男子代表は、日本ハンドボール協会により結成される男子ナショナルチームである。

概要[編集]

オリンピック出場4回、世界選手権出場9回を数える。世界選手権の最高位は1970年の10位。1997年世界選手権は地元開催で、決勝トーナメントまで進出したが、1回戦でフランスに敗れる。

オリンピックには、1988年のソウルを最後に出場していない。なお、2007年豊田市スカイホール豊田で開催された北京オリンピックアジア予選では3位に終わり、いったんはオリンピック出場の道が絶たれたが、この予選における審判団の中東贔屓の判定に対して日本・韓国が国際ハンドボール連盟に抗議した結果、予選結果を無効とし、やり直しとする裁定が下った(中東の笛問題)。この裁定に中東諸国が反発したため、やり直し予選は2008年に日本・代々木体育館で日本と韓国のみが参加して行われたが、日本はこれに敗退し、続く世界最終予選(開催地クロアチア)でも、日本・クロアチア・アルジェリア・ロシアの4国によるリーグ戦にて1勝2敗に終わり、北京オリンピックへの出場は叶わなかった。

常に、世界最終予選まではコマを進めながら五輪本戦出場を逃し続けてきたが、2016年リオデジャネイロオリンピックでは、アジア予選(1位のみが五輪直接出場、ほかのベスト4は世界最終予選出場)のグループリーグで3位となり、アジア予選での五輪出場決定を持ち越すばかりか、世界最終予選進出もできず、五輪進出が早々に消滅してしまった[1]

成績[編集]

オリンピック[編集]

開催年 結果
西ドイツの旗 1972年 11位
カナダの旗 1976年 9位
ソビエト連邦の旗 1980年 不参加
アメリカ合衆国の旗 1984年 10位
大韓民国の旗 1988年 11位
スペインの旗 1992年 予選敗退
アメリカ合衆国の旗 1996年 予選敗退
オーストラリアの旗 2000年 アジア予選敗退
ギリシャの旗 2004年 アジア予選敗退
中華人民共和国の旗 2008年 世界最終予選敗退
イギリスの旗 2012年 世界最終予選敗退
ブラジルの旗 2016年 アジア予選敗退

世界選手権[編集]

赤字は最下位。

開催年 結果 予選リーグ
ナチス・ドイツの旗 1938年 不参加
スウェーデンの旗 1954年 不参加
東ドイツの旗 1958年 不参加
西ドイツの旗 1961年 12位 予選リーグ敗退 (グループ3位)
チェコスロバキアの旗 1964年 16位 予選リーグ敗退 (グループ4位)
スウェーデンの旗 1967年 11位 予選リーグ敗退 (グループ3位)
フランスの旗 1970年 10位 予選リーグ敗退 (グループ3位)
東ドイツの旗 1974年 12位 1次ラウンド敗退 (グループ3位)
デンマークの旗 1978年 12位 1次ラウンド敗退 (グループ3位)
西ドイツの旗 1982年 14位 1次ラウンド敗退 (グループ4位)
スイスの旗 1986年 不参加
チェコスロバキアの旗 1990年 15位 1次ラウンド敗退 (グループ4位)
スウェーデンの旗 1993年 不参加
アイスランドの旗 1995年 23位 予選リーグ敗退 (グループ6位)
日本の旗 1997年 15位 グループ4位通過
エジプトの旗 1999年 不参加
フランスの旗 2001年 不参加
ポルトガルの旗 2003年 不参加
チュニジアの旗 2005年 16位 1次ラウンド敗退 (グループ4位)
ドイツの旗 2007年 不参加
クロアチアの旗 2009年 不参加
スウェーデンの旗 2011年 16位 1次ラウンド敗退 (グループ4位)
スペインの旗 2013年 不参加
カタールの旗 2015年 不参加
フランスの旗 2017年 22位 予選リーグ敗退 (グループ6位)

アジア競技大会[編集]

開催年 結果 試合 得点 失点 予選リーグ
結果 試合 得点 失点
インドの旗 1982年 準優勝 トーナメント方式 1位通過 3 3 0 0 86 51
大韓民国の旗 1986年 3位 5 3 0 2 147 116 予選リーグなし
中華人民共和国の旗 1990年 準優勝 5 4 0 1 138 87 予選リーグなし
日本の旗 1994年 準優勝 4 2 0 2 81 80 予選リーグなし
タイ王国の旗 1998年 3位 トーナメント方式 2位通過 3 2 1 0 103 54
大韓民国の旗 2002年 4位 トーナメント方式 2位通過 4 3 0 1 134 69
カタールの旗 2006年 6位 - 1次ラウンド2位通過 3 2 0 1 115 76
2次ラウンド敗退 (グループ3位) 3 1 1 1 75 85
中華人民共和国の旗 2010年 3位 トーナメント方式 1位通過 5 4 0 1 208 123
大韓民国の旗 2014年 9位 - 1次ラウンド敗退 (グループ3位) 3 1 0 2 99 74

アジア選手権[編集]

開催年 結果 予選リーグ
クウェートの旗 1977年 優勝 グループ1位通過
中華人民共和国の旗 1979年 優勝 予選リーグなし
大韓民国の旗 1983年 準優勝 グループ1位通過
ヨルダンの旗 1987年 準優勝 グループ1位通過
中華人民共和国の旗 1989年 準優勝 グループ1位通過
日本の旗 1991年 準優勝 2次ラウンド1位通過
バーレーンの旗 1993年 3位 グループ2位通過
クウェートの旗 1995年 4位 予選リーグ敗退 (グループ2位)
日本の旗 2000年 3位 予選リーグなし
イランの旗 2002年 6位 予選リーグ敗退 (グループ3位)
カタールの旗 2004年 準優勝 グループ2位通過
タイ王国の旗 2006年 5位 予選リーグ敗退 (グループ3位)
イランの旗 2008年 6位 予選リーグ敗退 (グループ4位)
レバノンの旗 2010年 3位 2次ラウンド2位通過
サウジアラビアの旗 2012年 4位 グループ2位通過
バーレーンの旗 2014年 9位 予選リーグ敗退 (グループ5位)
バーレーンの旗 2016年 3位 グループ2位通過

主要大会の代表選手[編集]

現在の代表選手[編集]

  • 2018年1月に行われる「第18回アジア選手権」の日本代表メンバー[2]
役職 氏名 所属
ヘッドコーチ ダグル・シグルドソン 日本ハンドボール協会
コーチ 舎利弗学 日本ハンドボール協会
GKコーチ 北林健治 日本ハンドボール協会 / 宮崎県立都城工業高等学校
ドクター 沖本信和 日本ハンドボール協会 / 沖本クリニック
トレーナー 赤尾和彦 日本ハンドボール協会 / TRFCompany
トレーナー 飯田純一郎 日本ハンドボール協会 / J・フロントライン
分析 吉田洋志 日本ハンドボール協会 / 仙台大学
チームリーダー 田口隆 日本ハンドボール協会
チームマネージャー 酒巻清治 日本ハンドボール協会
アシスタントチームマネージャー 吉村晃 日本ハンドボール協会 / 豊田合成
# Pos. 選手名 所属
1 GK 佐々木亮輔 日本の旗 豊田合成
5 PV 酒井翔一朗 日本の旗 トヨタ紡織九州
7 LW 宮﨑大輔 日本の旗 大崎電気
9 CB 玉井宏章 日本の旗 トヨタ自動車東日本
12 GK 木村昌丈 日本の旗 大崎電気
13 PV 笠原謙哉 日本の旗 トヨタ車体
14 RB 小賀野龍也 日本の旗 湧永製薬
15 LB 部井久アダム勇樹 日本の旗 博多高等学校
16 GK 甲斐昭人 日本の旗 トヨタ車体
17 CB 植垣健人 日本の旗 大崎電気
18 LB 成田幸平 日本の旗 湧永製薬
19 RB 徳田新之介 日本の旗 筑波大学
20 RW 渡部仁 日本の旗 トヨタ車体
21 LW 土井レミイ杏利 フランスの旗 シャルトルMHB28
24 LB 信太弘樹 日本の旗 大崎電気
25 RW 元木博紀 日本の旗 大崎電気
27 PV 玉川裕康 日本の旗 国士舘大学
33 CB 東江雄斗 日本の旗 大同特殊鋼
44 CB 門山哲也 日本の旗 トヨタ車体

歴代監督[編集]

氏名 期間
日本の旗 田口隆 1999年 - 2003年
日本の旗 松井幸嗣 2004年 - 2006年
クロアチアの旗 イビィツァ・リマニッチ 2006年 - 2007年
日本の旗 酒巻清治 2008年 - 2012年
日本の旗 田口隆 2012年
日本の旗 清水博之 2013年 - 2014年
日本の旗 松井幸嗣 2014年
日本の旗 岩本真典 2015年
スペインの旗 カルロス・オルテガ 2016年 - 2017年
アイスランドの旗 ダグル・シグルドソン 2017年 -

脚注[編集]

関連項目[編集]