東俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東 俊介
Shunsuke Azuma
基本情報
ラテン文字 Shunsuke Azuma
日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1975-09-16) 1975年9月16日(43歳)
出身 金沢市立工業高等学校
国際武道大学
所属クラブ
クラブ
1997-2009 日本の旗 大崎電気
代表国
1997-2005  日本
テンプレートを表示

東 俊介(あずま しゅんすけ、1975年9月16日 - )は、石川県金沢市出身の元ハンドボール選手。元ハンドボール日本代表キャプテン。

日本ハンドボールリーグ大崎電気ハンドボール部、通称大崎オーソルを経て、大崎電気工業株式会社に勤務しながら日本ハンドボールリーグ機構常任委員、マーケティング部長を務めていたが、2016年3月末をもって大崎電気を退社。2016年6月より株式会社サーキュレーションにて経営コンサルタントを務めている。

経歴[編集]

中学1年からハンドボールを始める。金沢市立工業高校では2年時に国体、3年時にインターハイ、国体に出場。全て1回戦で敗れるも、長身と潜在能力を見込まれU-18日本代表に選出。田場裕也植松伸之介らとともに韓国遠征を経験し、国際武道大学へ進学。

大学では1年時から試合に出場し、U-20日本代表としてシリアにて開催された世界ジュニア選手権アジア予選に出場し、5位。2年時には東日本学生選手権準優勝、全日本学生選手権ベスト8と同大学史上最高の成績を残す。大学卒業後は大崎オーソルに入団。

入団後3年間は2部リーグとの入れ替え戦を経験するなど低迷するも、三陽商会の廃部に伴い移籍してきた岩本真典中川善雄永島英明、2004年に入団した宮崎大輔らプロ契約選手の活躍により強豪となったチームで中心選手として存在感を発揮。大崎オーソルの9度の日本一に貢献し、日本代表としてアテネオリンピックアジア予選や世界選手権アジア予選など数々の国際大会に出場。大崎オーソルと日本代表のキャプテンも務めた。

2009年3月現役引退。引退後は早稲田大学大学院にて平田竹男教授のもと、桑田真澄江口晃生中山泰秀らとスポーツマネジメントを学び、2010年3月卒業。大崎オーソルのチームマネジメントをテーマにした修士論文は優秀論文賞を受賞した。

大学院卒業後、2年間にわたりチームを離れるが、2012年4月より日本ハンドボールリーグ機構・総務規律ならびに広報委員に就任。翌年、マーケティング部新設に尽力し、初代部長に就任した。

競技歴[編集]

  • 日本代表
2003年 JAPAN CUP’03優勝
2003年 アテネオリンピックアジア予選準優勝
2004年 世界選手権アジア予選準優勝
2005年 第10回ヒロシマ国際大会優勝
2005年 世界選手権アジア予選5位
  • 大崎オーソル
2004・2008年 全日本実業団選手権優勝
2004~2008年 国民体育大会優勝
2004年 日本ハンドボールリーグ優勝
2005年 全日本総合選手権優勝
2005年 日本ハンドボールリーグシュート率賞
2009年 日本ハンドボールリーグ通算400得点

資格[編集]

人物[編集]

関連項目[編集]

  • 田中美絵子(元代議士) - 東とは中学校時代の同級生にあたる。

著書・著作[編集]

外部リンク[編集]