玉村健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉村 健次(たまむら けんじ、1961年1月16日 - )は、大阪府出身の元ハンドボール選手、指導者。1988年ソウルオリンピックハンドボール全日本男子代表。

来歴[編集]

大阪商業高校(現大商学園高等学校)、大阪体育大学出身。大学在籍中の1980年に全日本ジュニアに選ばれている。

卒業後、湧永製薬に入社。同社ハンドボール部(ワクナガレオリック)に所属。2009年現在、日本リーグ通算得点第12位[1]、2008年まで湧永における歴代最多得点者でもあった[2]。また、日本リーグにおける1試合内個人最多得点記録(22点)[3]を持っている。 全日本では1988年ソウル五輪代表、1990年チェコスロバキアで行われた世界選手権代表に選ばれている。

その後はドイツブンデスリーガでプレー、2部にいたチームを1部に昇格させている[4]

また、引退後は指導者としても活躍。ジュニアアジア選手権大会コーチを務めた後、1999年から日本オリンピック委員会スポーツ指導者海外研修員として、スウェーデンヨーテボリへ留学している[5]。2000年から日本ハンドボール協会入りしU-19日本代表とU-21日本代表監督を歴任した[6]

2011年から古巣湧永監督を務める[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通産得点”. 日本ハンドボールリーグ公式. 2009年9月9日閲覧。
  2. ^ 山口監督出場で603ゴール達成 湧永歴代トップ”. 中国新聞 (2008年9月22日). 2009年9月9日閲覧。
  3. ^ 記録・過去の成績”. 日本ハンドボールリーグ公式. 2009年9月9日閲覧。
  4. ^ 湧永OB 玉村健次さん”. 広島ハンドボール応援プログラム HAND'S TWO HANDS (2009年8月5日). 2009年9月9日閲覧。
  5. ^ スポーツ指導者海外研修員”. JOC公式. 2009年9月9日閲覧。
  6. ^ a b 湧永新監督に玉村氏 ハンド男子元日本代表「強さを植え付ける」”. 中国新聞 (2011年5月18日). 2011年5月18日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
山口修
湧永製薬監督
(2011年-現在)
次代:
n/a