1997年世界男子ハンドボール選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パークドーム熊本

1997年世界男子ハンドボール選手権(1997ねんせかいだんしハンドボールせんしゅけん)は、1997年5月17日から6月1日まで、パークドーム熊本熊本県熊本市)をメイン会場として開催されたハンドボールの世界大会である。

開催前[編集]

開催決定までの経緯[編集]

ハンドボールはヨーロッパ発祥のスポーツとして100年の歴史を誇り、ヨーロッパ諸国ではサッカーラグビーに次いで人気の高いスポーツであった。当然ヨーロッパ諸国の競技レベルも高く、世界選手権も毎回ヨーロッパで開催されていた。

しかし韓国女子チームがソウル1988年)・バルセロナ1992年)と五輪連覇を達成、また1993年男子ジュニア世界選手権でエジプトが優勝するなど、ヨーロッパ以外の国の台頭が著しかった。それに加えて国際ハンドボール連盟(IHF)加盟国が130を超えたことから(1997年時点で139ヶ国)、ハンドボールの世界的普及を目指すために、ヨーロッパ以外での世界選手権開催の機運が高まっていた。

1992年夏、日本ハンドボール協会(以下「日本協会」)副会長・渡邊佳英から熊本県ハンドボール協会(以下「熊本県協会」)に1997年男子世界ハンドボール選手権大会の招致提言があり、翌1993年1月から日本協会関係者が熊本県と熊本市に対して支援要請活動を開始。3月に熊本市、4月に熊本県に対して公式に協力を要請した。これを受けて熊本県協会は招致を正式に表明、6月26日に日本協会で承認された。9月9日にIHFに対し正式に立候補届を提出、9月21日には日本協会会長・斎藤英四郎を会長とする招致委員会が発足した。

9月25日バーレーンで開催されたアジアハンドボール連盟理事会で立候補の旨を報告。11月にはクウェートで開かれたIHF理事会で「日本・熊本」をプレゼンテーション。この時にエジプトが立候補を表明したため、開催地の決定は史上初の決選投票に委ねられることとなった。

1994年2月、熊本県体育協会会長・八木繁尚を会長とする熊本招致委員会が発足。3月には熊本県がメイン会場となる屋内運動広場建設を発表した(1995年夏着工、1997年3月完成予定)。4月にはスイスローザンヌで開かれたIHF理事会で招致活動を行った。

9月オランダノルトベイクで開催されたIHF通常総会で最後の招致活動を行った後、決選投票が行われた。エジプトはヨーロッパとの距離的優位をPRしたが、治安の安全性や組織的能力、資金力が決め手となり、熊本が59票中44票を獲得。こうして1997年男子世界ハンドボール選手権大会の開催地は熊本に決定した。なお決選投票に敗れたエジプトは、その後1999年大会の開催地に決定した。

開催決定後[編集]

大会のキャッチフレーズマスコットキャラクター・公式テーマソングが以下のように決定した。

  • キャッチフレーズ:「ボールもひとつ 地球もひとつ(One Ball, One World)」「その一瞬 鳥になる(Soar Like a Bird)」
  • マスコットキャラクター:飛勇太(ひゅうた・熊本県の鳥であるヒバリがハンドボールのシュートをする姿)
  • 公式テーマソング:ONE BALL ONE WORLD(作詞:マイケル・ベンギャット&ケリー・コールマン、作曲:マイケル・ベンギャット)

また、プレ大会として以下の大会が開催された。

1996年5月からはフランス(前回優勝国)・日本(開催国)を除く各国による予選が翌1997年2月まで開催された。予選期間中の1996年12月6日東京プリンスホテル東京都港区)においてIHF立会いの下で公開抽選会が行われ、以下のグループでの予選開催が決定した。

シード順位 Aグループ Bグループ Cグループ Dグループ
第1シード ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア フランスの旗 フランス スペインの旗 スペイン ロシアの旗 ロシア
第2シード アルジェリアの旗 アルジェリア  スウェーデン  チェコ クロアチアの旗 クロアチア
第3シード サウジアラビアの旗 サウジアラビア  ノルウェー ポルトガルの旗 ポルトガル  ハンガリー
第4シード 日本の旗 日本 イタリアの旗 イタリア チュニジアの旗 チュニジア  キューバ
第5シード アイスランドの旗 アイスランド アルゼンチンの旗 アルゼンチン  エジプト 中華人民共和国の旗 中国
第6シード  リトアニアまたは
オセアニア代表(※1)
大韓民国の旗 韓国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
(※2)
モロッコの旗 モロッコ
会場 パークドーム熊本 熊本市総合体育館 山鹿市総合体育館 八代市総合体育館
※1 リトアニアとオセアニア代表(オーストラリア)は1997年1月31日2月1日にオーストラリア・シドニーで決定戦を行い、リトアニアが出場権を獲得した
※2 アメリカ合衆国が出場を辞退したため、ブラジルの代替出場が決定した

大会結果[編集]

予選Aグループ(パークドーム熊本)[編集]

順位 ISL YUG LTU JPN ALG KSA 勝利 引分 敗戦 勝点
1位 アイスランドの旗 アイスランド ○27-18 ○21-19 ○24-20 △27-27 ○25-22 4 1 0 9
2位 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア ●18-27 ○29-21 ○22-19 ○28-24 ○32-20 4 0 1 8
3位  リトアニア ●19-21 ●21-29 ○24-15 △19-19 ○27-18 2 1 2 5
4位 日本の旗 日本 ●20-24 ●19-22 ●15-24 ○24-14 ○23-20 2 0 3 4
5位 アルジェリアの旗 アルジェリア △27-27 ●24-28 △19-19 ●14-24 ○19-14 1 2 2 4
6位 サウジアラビアの旗 サウジアラビア ●22-25 ●20-32 ●18-27 ●20-23 ●14-19 0 0 5 0

予選Bグループ(熊本市総合体育館)[編集]

順位 FRA SWE KOR NOR ITA ARG 勝利 引分 敗戦 勝点
1位 フランスの旗 フランス ○29-26 ●26-27 ○23-20 ○25-21 ○24-20 4 0 1 8
2位  スウェーデン ●26-29 ○36-21 ○24-17 ○19-17 ○36-17 4 0 1 8
3位 大韓民国の旗 韓国 ○27-26 ●21-36 △21-21 ○27-22 ○32-22 3 1 1 7
4位  ノルウェー ●20-23 ●17-24 △21-21 △19-19 ○27-22 1 2 2 4
5位 イタリアの旗 イタリア ●21-25 ●17-19 ●22-27 △19-19 ○21-15 1 1 3 3
6位 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ●20-24 ●17-36 ●22-32 ●22-27 ●15-21 0 0 5 0

予選Cグループ(山鹿市総合体育館)[編集]

順位 ESP EGY CZE TUN POR BRA 勝利 引分 敗戦 勝点
1位 スペインの旗 スペイン △19-19 ○29-26 ○32-21 ○29-26 ○32-11 4 1 0 9
2位  エジプト △19-19 ○24-22 ○24-17 ○29-25 ○33-11 4 1 0 9
3位  チェコ ●26-29 ●22-24 ○19-18 ○28-24 ○24-10 3 0 2 6
4位 チュニジアの旗 チュニジア ●21-32 ●17-24 ●18-19 ○19-18 ○17-15 2 0 3 4
5位 ポルトガルの旗 ポルトガル ●26-29 ●25-29 ●24-28 ●18-19 ○26-18 1 2 2 4
6位 ブラジルの旗 ブラジル ●11-32 ●11-33 ●10-24 ●15-17 ●18-26 0 0 5 0

予選Dグループ(八代市総合体育館)[編集]

順位 RUS HUN CUB CRO CHN MAR 勝利 引分 敗戦 勝点
1位 ロシアの旗 ロシア ○24-19 ○31-17 ○31-20 ○34-15 ○30-13 5 0 0 10
2位  ハンガリー ●19-24 ○22-21 ○23-20 ○39-19 ○25-19 4 0 1 8
3位  キューバ ●17-31 ●21-22 △23-23 ○32-21 ○35-20 2 1 2 5
4位 クロアチアの旗 クロアチア ●20-31 ●20-23 △23-23 ○34-21 ○26-17 2 1 2 5
5位 中華人民共和国の旗 中国 ●15-34 ●19-39 ●21-32 ●21-34 ○25-21 1 0 4 2
6位 モロッコの旗 モロッコ ●13-30 ●19-25 ●20-35 ●17-26 ●21-25 0 0 5 0

決勝トーナメント1回戦[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本 アイスランドの旗 アイスランド
(Aグループ1位)
32-28  ノルウェー
(Bグループ4位)
パークドーム熊本 フランスの旗 フランス
(Bグループ1位)
22-21 日本の旗 日本
(Aグループ4位)
パークドーム熊本  スウェーデン
(Bグループ2位)
32-20  リトアニア
(Aグループ3位)
パークドーム熊本 大韓民国の旗 韓国
(Bグループ3位)
37-33 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
(Aグループ2位)
熊本市総合体育館 スペインの旗 スペイン
(Cグループ1位)
31-25 クロアチアの旗 クロアチア
(Dグループ4位)
熊本市総合体育館  エジプト
(Cグループ2位)
24-20  キューバ
(Dグループ3位)
熊本市総合体育館 ロシアの旗 ロシア
(Dグループ1位)
20-14 チュニジアの旗 チュニジア
(Cグループ4位)
熊本市総合体育館  ハンガリー
(Dグループ2位)
20-19  チェコ
(Cグループ3位)

準々決勝[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
熊本市総合体育館 フランスの旗 フランス 22-19  エジプト
熊本市総合体育館  スウェーデン 32-20 スペインの旗 スペイン
パークドーム熊本 ロシアの旗 ロシア 20-14 大韓民国の旗 韓国
パークドーム熊本  ハンガリー 20-19 アイスランドの旗 アイスランド

順位決定戦[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本  エジプト 28-27 大韓民国の旗 韓国
パークドーム熊本 アイスランドの旗 アイスランド 32-23 スペインの旗 スペイン

7位決定戦[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
熊本市総合体育館 スペインの旗 スペイン 33-26 大韓民国の旗 韓国

5位決定戦[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本 アイスランドの旗 アイスランド 23-20  エジプト

準決勝[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本  スウェーデン 31-19  ハンガリー
熊本市総合体育館 ロシアの旗 ロシア 25-24 フランスの旗 フランス

3位決定戦[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本 フランスの旗 フランス 28-27  ハンガリー

決勝[編集]

会場 勝利チーム スコア 敗戦チーム
パークドーム熊本 ロシアの旗 ロシア
(2大会ぶり3度目の優勝)
23-21  スウェーデン

表彰選手[編集]

  • MVP:タラント・ドイシェバエフ(スペイン
  • 得点王:尹京信(韓国
  • ベストセブン
    • ゴールキーパー:マッツ・オルソン(スウェーデン
    • 左サイド:バレーリィ・ゴーピン(ロシア
    • 右サイド:バルディマール・グリムソン(アイスランド
    • ポスト:ゲリク・ケルバデク(フランス
    • 左45度:バジリィ・クジノフ(ロシア)
    • センター:タラント・ドイシェバエフ(スペイン)
    • 右45度:ステファン・オルソン(スウェーデン)

日本代表[編集]

ハンドボール日本代表初の外国人監督であるオレ・オルソンスウェーデン出身)は、この大会に向けてスピードやテクニックを伸ばす一方、体重を増やし当たり負けをしない体力作りをさせた。この強化策が結実したのが決勝トーナメント1回戦の対フランス戦で、1点差で敗れはしたものの一時は前回優勝国を5点リード、「あわや大金星か?!」と思わせる大健闘を見せた。

この大会に出場した日本代表メンバーは以下のとおり。

ポジション 背番号 氏名 所属チーム
監督 オレ・オルソン
コーチ 田口隆
コーチ 酒巻清治
ドクター 坂口満
ドクター 生田拓也
ゴールキーパー 1 橋本行弘 本田技研
ゴールキーパー 16 四方篤 本田技研
コートプレーヤー 2 高木浩司 中村荷役
コートプレーヤー 3 魚住和彦 大崎電気
コートプレーヤー 4 佐々木教裕 日本体育大学
コートプレーヤー 5 冨本栄次 大同特殊鋼
コートプレーヤー 6 角谷裕司 日新製鋼
コートプレーヤー 7 中山剛 湧永製薬
コートプレーヤー 8 岩本真典 三陽商会
コートプレーヤー 10 末岡政広 大同特殊鋼
コートプレーヤー 11 永山強 大崎電気
コートプレーヤー 13 藤井孝志 大同特殊鋼
コートプレーヤー 14 杉山裕一 湧永製薬
コートプレーヤー 17 茅場清 本田技研
コートプレーヤー 18 山口修 湧永製薬
コートプレーヤー 20 辻昇一 大崎電気

日本での放送について[編集]

日本ではNHKが放映権を獲得し、BS1を中心に中継した。