武蔵野市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武蔵野市議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
土屋美恵子(自由民主・市民クラブ)、
2021年6月4日より現職
副議長
川名雄児(立憲民主ネット)、
2021年6月7日より現職
監査委員
浜田圭子(市議会公明党)、
2021年6月10日より現職
構成
定数26
院内勢力
市政与党(9)
  自治と共生(市民の党)(2)
  日本共産党武蔵野市議団(2)

中立会派(9)

  市議会公明党(3)
  ワクワクはたらく(2)

市政野党(8)

  自由民主・市民クラブ(8)

その他(4)

  会派に属さない議員(4)
(保守系無所属から革新系無所属まで)
選挙
大選挙区制
前回選挙
2019年4月21日
前回選挙
2021年10月3日(補欠選挙)
議事堂
Musashino city Office1.jpg
東京都武蔵野市緑町二丁目2番28号
ウェブサイト
武蔵野市議会

武蔵野市議会(むさしのしぎかい)は、東京都武蔵野市に設置されている地方議会である。

概要[編集]

  • 定数:26人
  • 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日[1]
  • 選挙区:市全体を1選挙区とする大選挙区制単記非移譲式
  • 議長:土屋美恵子(自由民主・市民クラブ)
  • 副議長:川名雄児(立憲民主ネット)

(2021年11月17日現在[2]

所属議員構成比・会派[編集]

会派名 議席数 党派 議員名(◎は代表、○は副代表) 女性議員数 女性議員の比率(%)
自由民主・市民クラブ 8 自由民主党6・無所属2 ◎小美濃安弘、○東真理子、○与座武、道場秀憲、小林正能、木崎剛、菊池太郎、土屋美恵子 2 28.57
立憲民主ネット 5 立憲民主党4
武蔵野・生活者ネットワーク1
◎深沢達也、○蔵野恵美子、藪原太郎、西園寺美希子、川名雄児 2 40
市議会公明党 3 公明党 ◎落合勝利、大野厚子、浜田圭子 2 66.67
自治と共生 2 無所属(旧市民の党 ◎内山智子、山本敦 1 50
ワクワクはたらく 2 無所属 ◎宮代一利、本多夏帆 1 50
日本共産党武蔵野市議団 2 日本共産党 ◎橋本繁樹、本間雅代 1 50
会派に属さない議員 4 桜井夏来(武蔵野・生活者ネットワーク[3]

、品川春美(都民ファーストの会)、山本ひとみ、下田大気

2 66.67
26 11 45.83

(2021年10月7日現在[4]

委員会[編集]

議会運営委員会[編集]

議会運営委員会は、各会派の意見を調整する場として設けられ、議会運営に関することを決定する委員会である。

常任委員会[編集]

委員会名 定数 所管 委員長 副委員長
総務委員会 7人

総合政策部、総務部、財務部、防災安全部、会計課、農業委員会、監査委員、選挙管理委員会、公平委員会及び固定資産評価審査委員会に属すること
市民部生活経済課、市民活動推進課、交流事業課、市民課及び市政センターに属すること
他の常任委員会の所管に属さないこと

深沢達也 道場秀憲
文教委員会 6人

子ども家庭部に属すること
教育委員会に属すること

大野厚子 内山智子
厚生委員会 7人

健康福祉部に属すること
市民部保険課に属すること
環境部環境政策課、ごみ総合対策課及びクリーンセンターに属すること

東真理子 本多夏帆
建設委員会 5人

都市整備部及び水道部に属すること
環境部下水道課及び緑のまち推進課に属すること

与座武 品川春美

(2021年11月2日現在[5]

特別委員会[編集]

特別委員会は、付議事件(市議会の議決によって定められた市政の特定の問題)について審査あるいは調査・研究するため、必要に応じて設置される委員会で、現在、次の特別委員会が設置されている。

  • 外環道路特別委員会

議員報酬と諸手当[編集]

役職 報酬 政務活動費
議長 月額 670,000円 月額 40,000円
副議長 月額 600,000円
議員 月額 550,000円

武蔵野市議会議員は6月と12月の年2回期末手当が支給される。期末手当の支給額は国及び他の地方公共団体等の事情を考慮して条例で定められる。また、職務のため市の区域外に出張した場合は、市長と同等の基準で、その旅費を費用弁償することができる[6][7]

選挙[編集]

2021年武蔵野市議会議員補欠選挙[編集]

2021年10月3日執行 当日有権者数:125,223人 最終投票率:-- 定数:2人 立候補者数:2人

順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
1 小林正能 49 無所属 無投票
2 桜井夏来 47 無所属 無投票

2019年武蔵野市議会議員選挙[編集]

2019年4月21日執行 当日有権者数:120,005人 最終投票率:46.66% 定数:26人 立候補者数:37人

順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
1 東真理子 52 自由民主党 2,974
2 蔵野恵美子 45 立憲民主党 2,940
3 本間雅代 63 日本共産党 2,226
4 小美濃安弘 56 無所属 2,217
5 下田大気 42 無所属 2,174
6 堀内正嗣 39 自由民主党 2,153
7 深田貴美子 59 無所属 2,124
8 西園寺美希子 60 武蔵野・生活者ネットワーク 2,094
9 山本敦 62 無所属 1,986.127
10 川名雄児 59 立憲民主党 1,977
11 菊池太郎 59 自由民主党 1,860
12 道場秀憲 56 自由民主党 1,859
13 宮代一利 57 無所属 1,823
14 深沢達也 66 立憲民主党 1,698
15 与座武 57 無所属 1,654
16 本多夏帆 30 無所属 1,640
17 浜田圭子 60 公明党 1,590
18 山本ひとみ 63 無所属 1,535.872
19 大野厚子 57 公明党 1,460
順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
20 内山智子 57 無所属 1,455
21 薮原太郎 46 立憲民主党 1,434
22 落合勝利 53 公明党 1,427
23 木崎剛 50 無所属 1,366
24 品川春美 38 都民ファーストの会 1,348
25 橋本繁樹 47 日本共産党 1,295
26 土屋美恵子 73 無所属 1,215
27 竹内聖織 31 無所属 1,192
28 桜井夏来 44 無所属 1,191
29 斯波稔 64 日本共産党 1,004
30 小林正能 46 無所属 00986
31 浦部純 48 無所属 00788
32 沢木宗人 57 無所属 00652
33 後藤亮 44 無所属 00608
34 武田紋奈 51 無所属 00530
35 伊藤桂 30 無所属 00324
36 谷中竜雄 39 無所属 00304
37 逸見彰彦 61 無所属 0049

武蔵野市住民投票条例案[編集]

2021年11月19日開会の市議会定例会に、松下玲子市長は、外国人にも住民投票の参加を認める「武蔵野市住民投票条例」案を提出した[8][9]。日本での在留期間に条件をつけず、18歳以上で、市の住民基本台帳に3カ月以上登録されていれば投票資格があるというもので、同様の条例を施行している自治体は2021年11月時点では神奈川県逗子市、大阪府豊中市の2自治体のみであった[10]

同年11月20日、自民党参議院議員の佐藤正久はTwitterを更新。「中国からすれば格好の的」「行政や議会も選挙で牛耳られる」と煽り、1.7万を超える「いいね」が寄せられた。佐藤のツイート以後、外国籍市民に市が乗っ取られるという言説がSNSで拡散され続けた[11]。「自由民主・市民クラブ」の市議らが配布したビラには「こどもたちは大丈夫なの?」「治安は悪化しないの?」という文言が並べられていた[11]

同年12月13日、住民投票条例案は総務委員会(7人)[12]で審議され、条例案の廃案か継続審議を求める5千筆以上の陳情が提出された。「自由民主・市民クラブ」と「市議会公明党」は反対する討議をし、「立憲民主ネット」や「日本共産党武蔵野市議団」などの会派は賛成の立場をとった。出席した松下市長は、2021年3月のアンケートでは外国籍の住民を投票資格者に含めることに73.2%が賛成だったことをふまえ、意義を強調した[10]。午後8時半ごろ、深沢達也委員長以外の6人の議員で委員会としての採決がとられ、賛成3人(藪原太郎、橋本繁樹、桜井夏来)、反対3人(道場秀憲、菊池太郎、落合勝利)の同数のため、深沢による判断で可決された[13]

同年12月21日、本会議が開催。中立的な立場を掲げる2人会派の「ワクワクはたらく」は本会議で賛否を明らかにすると説明していたため、動向が注目されていた。同会派の本多夏帆は3番目の討論の冒頭で「反対します」と表明。この結果、住民投票条例案は議長を除く反対14、賛成11で否決された。採決の内訳は以下のとおり[14]

反対14 自由民主・市民クラブ 小美濃安弘、東真理子、与座武、道場秀憲、小林正能、木崎剛、菊池太郎 7
市議会公明党 落合勝利、大野厚子、浜田圭子 3
ワクワクはたらく 宮代一利、本多夏帆 2
無会派 品川春美、下田大気 2
賛成11 立憲民主ネット 深沢達也、蔵野恵美子、藪原太郎、西園寺美希子、川名雄児 5
自治と共生 内山智子、山本敦 2
日本共産党武蔵野市議団 橋本繁樹、本間雅代 2
無会派 桜井夏来、山本ひとみ 2

脚注[編集]

  1. ^ 任期満了日(定数)一覧 | 東京都選挙管理委員会”. 東京都選挙管理委員会 (2021年9月6日). 2021年12月17日閲覧。
  2. ^ 議員名簿(議席番号順)|武蔵野市公式ホームページ”. 武蔵野市 (2021年11月17日). 2021年12月17日閲覧。
  3. ^ 桜井夏来(さくらいなつき)| 武蔵野市議会議員選挙 2015”. 政治山. 2021年12月21日閲覧。
  4. ^ 会派別名簿|武蔵野市公式ホームページ”. 武蔵野市 (2021年10月7日). 2021年12月17日閲覧。
  5. ^ 委員会名簿|武蔵野市公式ホームページ”. 武蔵野市 (2021年11月2日). 2021年12月17日閲覧。
  6. ^ 武蔵野市議会議員の議員報酬等に関する条例|武蔵野市公式ホームページ”. 武蔵野市 (2017年5月2日). 2021年12月17日閲覧。
  7. ^ 武蔵野市議会政務活動費の交付に関する条例|武蔵野市公式ホームページ”. 武蔵野市 (2017年5月2日). 2021年12月17日閲覧。
  8. ^ 本会議(令和3年第4回定例会)”. 武蔵野市公式ホームページ (2021年11月18日). 2021年12月22日閲覧。
  9. ^ 武蔵野市住民投票条例 (PDF)”. 武蔵野市公式ホームページ (2021年12月14日). 2021年12月22日閲覧。
  10. ^ a b 井上恵一朗、高橋淳 (2021年12月13日). “武蔵野市の住民投票条例案、市議会委員会で可決 外国人にも投票資格”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPDF6TS3PDFUTIL03Y.html 2021年12月22日閲覧。 
  11. ^ a b 塩田亜多夢 (2022年1月8日). “「賛成すれば『反日』反対すれば『差別』」ゆれた最年少市議―武蔵野「住民投票条例案」否決の舞台裏”. TBS News. https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4442967.htm 2022年1月11日閲覧。 
  12. ^ 委員会名簿”. 武蔵野市公式ホームページ (2021年11月2日). 2021年12月22日閲覧。
  13. ^ “東京 武蔵野市 外国籍住民参加の住民投票条例案 委員会で可決”. NHK. (2021年12月13日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211213/k10013386771000.html 2021年12月22日閲覧。 
  14. ^ 井上恵一朗、高橋淳 (2021年12月21日). “カギ握った2人会派、「反対」にざわめき 外国籍の住民投票案否決”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASPDP6JDSPDPUTIL01J.html 2021年12月22日閲覧。 
[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]