AFI (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFI
AFI Birmingham 2010.JPG
2010年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ユカイア
ジャンル パンク・ロックオルタナティヴ・ロックエモハードコア・パンク(初期)
活動期間 1991年~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Nitro、DreamWorks、Interscope、Republic、Concord
日本の旗ソニー・ミュージックユニバーサル・ミュージック
公式サイト afireinside.net
メンバー デイヴィー・ハヴォック
ジェイド・ピュージェット
ハンター・バーガン
アダム・カーソン
旧メンバー マーク・ストフォリス
ジェフ・クリスギー
ヴィック・チョーカー

AFI (エー・エフ・アイ) とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ユカイアにて1991年に結成されたロックバンドである。

2003年にメジャーレーベルに移るまで10年以上もの間の活動の場をインディーズに置いていた。オフスプリングのデクスター・ホーランドに見出され、1996年のセカンド・アルバムからは彼のレーベル(ナイトロ・レコード)に所属していた。初期のスタイルがハードコア・パンクだった影響か、音楽性が変化した現在でもコーラスワークを多用する。

現在のメンバー[編集]

デイヴィー・ハヴォック / Davey Havok - (ヴォーカル作詞)

  • 1975年11月20日生まれ。身長178cm。イタリア系アメリカ人で、弟がひとりいる。
  • ストレート・エッジであるために、アルコールや煙草を嗜まない。またヴィーガンであり、酪農製品を食さず、革製品等の使用をしない。
  • カトリック系のハイスクールに通っていたが無神論者である。
  • 両腕全体にタトゥーを入れている。初期のハードコア・パンクのスタイルからホラー・パンクゴシック・ロックの要素が含まれ始めてからアイメイクやミスフィッツ風のヘアスタイル、超ロングヘア等の様々なヘアメイクのするようになり、2006年にはディセンバー・アンダーグラウンドが全米アルバムチャート1位を獲ったこともあり、ツーブロックで右側を長く残した特徴的な髪型で青いアイシャドーに付けまつげというスタイルが有名。しかし実際は1年もしておらず、2007年頃から現在のゴールドのメッシュが入ったネオリーゼントでヒゲもはやしている。以前はTシャツにジーンズ、スニーカーを着用することが多かったが、長袖のシャツやジャケットを羽織り、革靴を履くことが多い。両耳に大きなピアスをしている。
  • ニューヨーク州ロチェスター出身で、3歳の時に父親を失っている。そして、10代前半の頃から、パンク・ロックに興味を持つようになり、その後、親友のアダム・カーソンと共にAFIを結成する[1]
  • 「Burials」発売前後より、当アルバム収録曲「I Hope You Suffer」のミュージックビデオで着用している逆十字のペンダントとジャケットでライブに臨むことが多い。
  • アーティスト活動の他に、俳優として映画・ミュージカル出演、小説家、ファッションデザイナーとしても活動している。
    フロントマンのデイヴィー・ハヴォック
  • ファッションデザイナーとしての活動は、2007年にグリッターボーイ、2008年にセカンドラインのズー・ボンティーク、2016年にはイート・ユア・オウン・テールというブランドを立ち上げている。H2Oのギタリストであるラスティー・ピスタチオのシルバーアクセサリーブランドPnut Jewelryや元ブリンク 182エンジェルズ・アンド・エアウェーブズトム・デロングのフットウェアブランドのマクベス・フットウェアともコラボレーションアイテムを発表している。
  • AFI在籍中に、いくつかのサイド・プロジェクトをやったり参加している。2000年にマーフィーズ・ロウのギタリストであるトッド・ユースを中心に結成されたサン・オブ・サム(Son of Sam)に参加し2001年解散までの間在籍(2007年から2008年まで再結成されていたがデイヴィーは参加せず)。2001年にジェイド・ピュージェットとふたりで結成したエレクトロ・ユニットのブラック・オーディオ(Blaqk Audio)は翌年一度活動休止するが、2006年にカムバックして2017年現在3枚のアルバムを発表。2014年には同じくジェイドとともにストレート・エッジ・ハードコアバンドのXTRMSTを結成し、スティーヴ・アオキ主催レーベルよりEPとアルバムをリリース、翌年にはセイオシンのベーシストであるクリス・ソーレンソン、エヴァーグリーン・テラス結成時からのメンバーで現スティック・トゥ・ユア・ガンズのギタリストであるジョシュ・ジェームズ、ドラマーはロマ・プリータやパンチ等のハードコア・パンクバンドで活動するヴァル・ソーシドが加入した。
  • 2016年、グウェン・ステファニー以外のノー・ダウトのメンバー3人と新バンド結成の声明を出す。同年、11月16日に2017年の始動とドリームカー(Dreamcar)というバンド名とロゴを公式インスタグラムにて発表した。

ジェイド・ピュージェット / Jade Puget - (ギターピアノキーボード、プログラミング、バッキングボーカル)

  • 1973年11月28日生まれ。バンドでは最年長。フルネームはジェイド・エロール・ピュージェット。弟(スミス)と異母兄弟(アリシア、ギブソン)がふたりおり、スミスはAFIのツアーマネージャーをしている。
  • 2012年9月22日に結婚。妻の名はマリッサ。
  • 1998年にバンドに加入した最初の頃はシンプルなショートヘアだったが、2000年代中頃より現在まで右の前髪を長く伸ばしたいわゆるエモ・ヘアーである。
  • デイヴィーと同じくストレート・エッジである。しかしヴィーガンではなくベジタリアン
  • ザ・キュアージョイ・ディヴィジョンが好き。それぞれの曲名であるBoys Don't Cry、Love Will Tear Us Apartのタトゥーを入れている。
  • ヴォーカルのデイヴィー・ハヴォックと2001年よりブラック・オーディオ(Blaqk Audio)、2014年よりXTRMSTとサイド・プロジェクトをやっている。

ハンター・バーガン / Hunter Burgan - (ベース、バッキングボーカル)

  • 1976年5月14日生まれ。バンドメンバーの中では最年少。
  • 1997年の11月にAFIに加入。以前は1994に結成されたバンド、ザ・フォース(The Force)に1998年の解散(2008年に1度限りの復活をしてハンターも参加している)まで在籍していた。
  • バンドに加入してしばらくは金髪のショートヘアだったが、現在は丸刈りにしている。
  • ベースはピックで弾く。
  • 2000年から2005年まで活動していたサイド・プロジェクト、ザ・フリスクというパンクバンドではドラムを担当していた。

アダム・カーソン / Adam Carson - (ドラム)

  • 1975年2月5日生まれ。結成時からのメンバーで、デイヴィー・ハヴォックの親友。
  • 1996年から1999年まで友人のニック13のバンド、タイガー・アーミー(Tiger Army)に加入していたことがある。

旧メンバー[編集]

マーク・ストフォリス / Mark Stopholese -(ギター、バッキングボーカル)1991–1998

  • オリジナルギタリスト。現在は自転車レース競技に取り組んでいる。

ジェフ・クリスギー / Geoff Kresge -(ベース、バッキングボーカル)1992–1997

  • 脱退後、2000年から2004年、2008年から2014年までタイガー・アーミー、2004年からはビバ・ヘイト(Viva Hate)で活動中である。

ヴィック・チョーカー / Vic Chalker -(ベース、バッキングボーカル)1991-1992

略歴[編集]

1991年~1995年[編集]

1991年、カリフォルニア州ユカイアにて、当時高校生だった「デイヴィー、マーク、ヴィック」らの3人で結成。その後、ドラマーのアダム・カーソンを迎え、本格的にバンド活動を開始する。
1992年、初期メンバーだったヴィック・チョーカーがバンドを脱退した為、新ベーシストにビックの友人だったジェフ・クリスギーを迎え入れる。
1993年、ジェフが創設したインディーズ・レーベル「Key Lime Pie Records」から、バンド初のCD音源となる1stEP、「Dork」を222枚限定でリリース。
1995年8月1日に1stアルバム「Answer That and Stay Fashionable」をリリース。

1996年~2000年[編集]

1996年に入ると、人気パンクバンドOffspringのデクスターが主催する大手インディーズレーベル「Nitro records」へ移籍し、同年6月18日に2ndアルバム「Very Proud of Ya」をリリース。それから時をまもなくして、ジェフ・クリスギーがバンドを脱退した為、新ベーシストにハンター・バーガンを迎え入れる。
1997年11月11日に3rdアルバム「Shut Your Mouth and Open Your Eyes」をリリース。同年12月には、Offspringのサポートアクトとして来日公演を行う[2]
1999年5月18日に4thアルバム「Black Sails in the Sunset」をリリース。
2000年9月19日に5thアルバム「The Art of Drowning」をリリース。ビルボードアルバムチャートにて、初登場174位を記録し、バンド初となるアルバムチャートへのランクインを果たす。

2001年~2005年[編集]

2001年、パンクバンドSick Of It Allの前座として来日公演を行う[3]
2002年にインディーズレーベルのNitro recordsからメジャーのDreamWorks Recordsへ移籍する。
2003年3月11日に6thアルバム「Sing the Sorrow」をリリース。ビルボードアルバムチャートにて、初登場5位を記録する。同月にパンクバンドのTHE DISTILLERSとのカップリングツアー「THE DISTILLERS 2003」のため、そして8月には「SUMMER SONIC 03」出演のため来日を果たす。

2006年~2012年[編集]

AFIのコンサート。
2006年6月6日に7枚目のバンド初となるコンセプト・アルバム「Decemberunderground」をメジャーレーベルのInterscope Recordsからリリース。ビルボードアルバムチャートにて、18万2千枚を売り上げ初登場1位を記録し、販売累計も90万枚を突破。そして、1stシングル「Miss Murder」が『2006 MTV VideoMusicAwards』にて、GREENDAYRed Hot Chili Peppersらを押さえて「Best RockVideo」に選ばれる。同年8月には「SUMMER SONIC 06」出演のため来日を果たす。
2007年7月7日、地球温暖化防止を訴える世界規模のコンサート「ライブアース」のニューヨーク公演に出場する。
2009年9月29日(国内盤は23日)、8thアルバム「Crash Love」をリリース。ビルボードチャート初登場12位。

2013年~現在[編集]

2013年10月22日、4年ぶりの9thアルバム「Burials」をリリース。なお、Republic Records移籍後初のアルバムとなる。[4]。公式サイトやインスタグラムにてイメージビデオとアートワークが随時公開されている。プロデューサーにはピクシーズフー・ファイターズを手掛けたギル・ノートンを迎えている。7月22日にアルバムに先駆けてシングル「I Hope You Suffer」をリリース。19日にはジャケットとオフィシャル音源が公開されていた。[5]
2017年1月20日に節目となる10枚目のスタジオアルバム「AFI(The Blood Alubum)」を発表。ビルボードチャート初登場5位。2006年に「Decemberunderground」で記録した初登場1位に次いでの高順位で、バンド4枚目のトップ10入りを果たした。リリースに先駆けて「White Offerings」「Snow Cats」「Aurelia」の音源がYouTubeにて公開され、3曲ともPVがある。

バンド名の由来[編集]

  • 「A Fire Inside」の略(公式サイトのURLが『afireinside.net』、Facebookではバンド名と略称の記述がある)。過去には「Asking for It」や「Anthems for Insubordinates」の略だとメンバーが語っており、はっきりとは分かっていなかった。

トリビア[編集]

  • 1stEP「Dork」のCDジャケットには、現ドラマーのアダム・カーソンの若かかりし頃の写真が使われている。
  • 2ndアルバム「Very Proud of Ya」に収録されている「Cruise Control」と「Love Is a Many Splendored Thing」の2曲が、1997年公開のインディーズ映画「Mary Jane's Not a Virgin Anymore」の劇中にて使用されている。
  • 現メンバー、ジェイド・ピュージェットとハンター・バーガンの二人は、バンド加入前に3rdアルバム「Shut Your Mouth and Open Your Eyes」のバッキングボーカル等に参加している。
  • デイヴィー、ジェイド、古くからの友人であるタイガー・アーミーのフロントマンのニック13は猫のタトゥーをシェアしている。
  • 「Miss Murder」は氷室京介によってカヴァーされ、彼のアルバム「IN THE MOOD」に収録されている。
  • 8枚目のアルバム「Crash Love」の国内盤では、ボーナス・トラックとして「Miss Murder - Duet Featuring 氷室京介」が収録されている。
  • 上記の縁もあり、2009年9月27日に横浜スタジアムで行われたLIVE for LOVE we support WaterAidで、氷室と共演した。
  • 「Crush Love」の8曲目に収録されている「I Am Trying Very Hard to Be Here」のコーラスには、一般のファンが参加したコンテスト「ビギン・トランスミッション」で勝ち抜いた6名が参加している。
  • ジェイドは「AFI (The Blood Album)」のタイトルについて「最初からセルフタイトルにしようと思ってたんだ。10枚アルバムを出して、今までセルフタイトルを付けたことがなかったからね。だけどアルバム・アートワークの真ん中に血のしずくが3つ描かれているから、僕たちはアルバムを「The Blood Album」って呼び始めたんだ。そしたらみんながそれが実際のタイトルだと思い始めてしまったんだ。みんなを混乱させたくなかったから、それを正式に付け加えたんだ」と語っている。[6]ちなみに、かつて「AFI」というタイトルのベストアルバムをリリースしている。

音楽性の変化[編集]

  • 初期の3作はハードコア・パンクスケート・パンクの影響が顕著なスピード感あふれる典型的なパンク・ロックだった。
  • 現在のAFIサウンドの原形が完成したのは、4thアルバム「Black Sails in the Sunset」からである。この頃よりザ・キュアークリスチャン・デスミスフィッツ等に影響を顕著に受けたゴシック、ホラー・パンク的な要素を含むようになり、次作の「Sing the Sorrow」ではハードコア・パンクから脱却するかのようにエレクトロニカを積極的に取り入れ、音楽性ががらりと変わった。これよりハヴォックとパジェットの外見も音楽性とともに男くさいものからフェミニンなものに変わっていく。
  • シャウトはこれまでも使うことがあったが、ハヴォックがグロウルデスボイスを使う曲が存在するのは「Decenberunderground」だけである(例外として「Crash Love」の国内盤ボーナストラック「Carcinogen Crush」の一部では使っている)。
  • 8枚目のアルバム「Crash Love」ではエレクトロニカは一切使われず、純粋なロックを追求したギターを中心としたアルバムとなっている。疾走感のある曲も存在するが、パンクと呼ぶよりはロックと呼ぶにふさわしい。シャウトも殆ど使われていない。
  • 9作目のアルバム「Burials」ではニュー・ウェイブに影響を受けたダークなゴシック・ロック要素の強いものとなっている。本作より作詞・作曲のクレジットがAFIより作詞=デイヴィー・ハヴォック、作曲=ジェイド・ピュージェットへと変わった。
  • 10枚目のアルバム「AFI (The Blood Album)」では前作のニュー・ウェイヴ、ポスト・パンク的な流れも継承しつつ大ヒットアルバム「Sing the Sorrow」や「Decemberground」時代のエモ要素に回帰した作風となった。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[7]
AUS
[8]
CAN
[9]
FRA
[10]
GER
[11]
IRE
[12]
JPN
[13]
NZ
[14]
UK
[15]
1995 Answer That and Stay Fashionable
1996 Very Proud of Ya
  • 発売日: 1996年6月18日[17]
  • レーベル: Nitro
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
1997 Shut Your Mouth and Open Your Eyes
  • 発売日: 1997年11月11日[18]
  • レーベル: Nitro
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
1999 Black Sails in the Sunset
  • 発売日: 1999年5月18日[19]
  • レーベル: Nitro
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
2000 The Art of Drowning
  • 発売日: 2000年9月19日[20]
  • レーベル: Nitro
  • フォーマット: CD, LP, digital download
174
2003 Sing the Sorrow
  • 発売日: 2003年3月11日[21]
  • レーベル: DreamWorks
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 9.6万枚[22]
5 65 10 294 52
2006 Decemberunderground
  • 発売日: 2006年6月6日[26]
  • レーベル: Interscope
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 99.3万枚[27]
1 3 2 181 58 66 80 20 16
  • US: プラチナ[23]
  • AUS: ゴールド[28]
2009 Crash Love
  • 発売日: 2009年9月29日[29]
  • レーベル: Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 5.2万枚[30]
12 16 17 95 115 38 73
2013 Burials
  • 発売日: 2013年10月22日[31]
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 2.5万枚[32]
9 10 17 59
2017 AFI
  • 発売日: 2017年1月20日[33]
  • レーベル: Concord Bicycle
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 2.9万枚
5 12 20 69
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

発表 曲名 各チャート最高位[34] 収録アルバム
Hot 100 Alternative Songs Hot Mainstream Rock Rock Songs UK Single Chart
2000年
"The Days of the Phoenix" 152
The Art of Drowning
2001年
"Wester"
"6 to 8"
2003年
"Girl's Not Grey" 114 7 33 22
Sing the Sorrow
"The Leaving Song, Pt. II" 16 31 43
"Silver and Cold" 7 39
2004年
"Head Like a Hole"
Grand Theft Auto: San Andreas soundtrack
2006年
"Miss Murder" 24 1 13 44
Decemberunderground
"Love Like Winter" 68 4 76
2007年
"The Missing Frame" 17
"Carcinogen Crush"
Untitled tenth EP
2009年
"Medicate" 7 16 35
Crash Love
"Beautiful Thieves" 23 48
2013年
"I Hope You Suffer"
Burials
"17 Crimes" 25
2014年
"A Deep Slow Panic"
2016年
"Snow Cats" 39
AFI (The Blood Album)
"White Offerings"

EP[編集]

  • Dork(1993) - 222枚限定。
  • Behind the Times(1993) - 560枚限定。
  • Eddie Picnic's All Wet(1994)
  • Fly in the Ointment(1995)
  • A Fire Inside EP(1998)
  • Black Sails EP(1999) - 5000枚限定。
  • Alternative Press EP(1999)
  • All Hallow's EP(1999)
  • 336(2002)

コンピレーションアルバム[編集]

AFI(2004)

  • Nitro Records所属のインディーズ時代である1st~5thアルバム(加えて5th発表前後にリリースした「All Hollow's EP」「The Days of the Phoenix EP」の二枚のEP)までの人気曲を集めたコンピレーションアルバム。ビルボードチャート最高位88位。

ライブアルバム[編集]

I Heard a Voice(2007)

  • 前年に行われDVD化された公演のCDバージョン。ビルボードチャート最高位133位。

DVD[編集]

I Heard a Voice DVD(2006)

  • 2006年にロングビーチアリーナで行われた公演のライブDVD。ビルボードトップミュージックビデオチャート最高位8位。

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Biography for Davey Havok”. IMDB (IMDB). http://www.imdb.com/name/nm0369898/bio 2009年4月1日閲覧。 
  2. ^ “AFI / THE DISTILLERS 2003 JAPAN TOUR”. Japan Tour (Japan Tour). http://members.jcom.home.ne.jp/ktxmt/afi/html/tour.html 2009年3月31日閲覧。 
  3. ^ “Sick Of It All AFIと共に来日決定!”. vibe (vibe). http://www.vibe-net.com/news/?news=0003837 2009年3月31日閲覧。 
  4. ^ amass.jp (amass.jp). http://amass.jp/25512+2013年7月24日閲覧。 
  5. ^ “AFIが新曲「I Hope You Suffer」を公開”. amass.jp (amass.jp). http://amass.jp/25303 2013年7月19日閲覧。 
  6. ^ “──アルバムタイトルはどのように決めたのですか?”. altpress.jp (altpress.jp). http://altpress.jp/?p=49544 2016年12月6日閲覧。 
  7. ^ AFI – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年2月27日閲覧。
  8. ^ Peak chart positions for albums in Australia:
    • Sing the Sorrow: Ryan, Gavin (2011). Australia's Music Charts 1988–2010. Mt. Martha, VIC, Australia: Moonlight Publishing. 
    • Decemberunderground, Crash Love and Burials: Discography AFI”. australian-charts.com. Hung Medien. 2009年1月8日閲覧。
  9. ^ AFI – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年2月27日閲覧。
  10. ^ Discographie AFI” (French). lescharts.com. Hung Medien. 2009年1月8日閲覧。
  11. ^ Chartverfolgung / AFI / Longplay” (German). musicline.de. Media Control Charts. 2009年1月8日閲覧。
  12. ^ Discography AFI”. irish-charts.com. Hung Medien. 2010年6月21日閲覧。
  13. ^ A.F.I.のアルバム売り上げランキング” (Japanese). Oricon. 2013年7月31日閲覧。
  14. ^ Discography AFI”. charts.org.nz. Hung Medien. 2009年1月8日閲覧。
  15. ^ AFI (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2017年2月21日閲覧。
  16. ^ Hinds, Andy. “Answer That & Stay Fashionable – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年12月26日閲覧。
  17. ^ Hinds, Andy. “Very Proud of Ya – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年12月26日閲覧。
  18. ^ Shut Your Mouth & Open Your Eyes – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年12月26日閲覧。
  19. ^ Huey, Steve. “Black Sails in the Sunset – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年12月26日閲覧。
  20. ^ Wilson, MacKenzie. “The Art of Drowning – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年7月23日閲覧。
  21. ^ Loftus, Johnny. “Sing the Sorrow – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年7月23日閲覧。
  22. ^ AFI Burns Brightly With No. 1 Debut”. 2016年6月10日閲覧。
  23. ^ a b American certifications – AFI”. Recording Industry Association of America. 2015年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月5日閲覧。
  24. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2009 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2013年8月29日閲覧。
  25. ^ "Canadian certifications – AFI". Music Canada. November 5, 2012閲覧. 
  26. ^ Apar, Corey. “Decemberunderground – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年7月23日閲覧。
  27. ^ Wood, Mikael. "AFI Revs Up The Rock On 'Crash Course'". Billboard September 14, 2009.
  28. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2006 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2011年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。
  29. ^ Collar, Matt. “Crash Love – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年7月23日閲覧。
  30. ^ Kreps, Daniel. “On the Charts: Barbra Streisand Stuns Paramore and Mariah Carey”. Rolling Stone. 2009年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月10日閲覧。
  31. ^ Collar, Matt. “Burials – AFI”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月29日閲覧。
  32. ^ http://rock947.com/news/articles/2013/oct/30/afis-burials-debuts-at-9-on-billboard-200/
  33. ^ AFI (The Blood Album) by AFI”. iTunes Store. Apple. 2017年2月21日閲覧。
  34. ^ “ビルボード・シングルチャート”. billboard (billboard). http://www.billboard.com/bbcom/retrieve_chart_history.do?model.vnuArtistId=175174&model.vnuAlbumId=1091049 2009年3月31日閲覧。 

外部リンク[編集]