ヘイトブリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘイトブリード
Hatebreed
Hatebreed - Wacken Open Air 2018-5177.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州ブリッジポート
ジャンル メタルコア
ニュースクール・ハードコア
クロスオーバー・スラッシュ
活動期間 1994年 - 現在
レーベル ビクトリー・レコード
ユニバーサル・レコード
ロードランナー・レコード
Entertainment One Music
Razor & Tie
ニュークリア・ブラスト
公式サイト hatebreed.com
メンバー ジェイミー・ジャスタ (Vo)
ウェイン・ロジナック (G)
フランク・ノヴィネック (G)
クリス・ビーティー (B)
マット・バーン (Dr)
旧メンバー ルー・リチャーズ (G)
ショーン・マーティン (G)
ほか別記参照

ヘイトブリードHatebreed)は、アメリカ合衆国出身のメタルコアバンド

ハードコア・パンクの系譜を受け継ぐ、ニュースクール・ハードコアの代表的グループの一つ[1]。日本には数多く来日している。

来歴[編集]

1995年にジェイミー・ジャスタ(ボーカル)とルー“ボウルダー”リチャーズ(ギター)が中心となってコネチカット州で結成[2]。自主レーベルからの作品リリースや精力的なライヴ活動により人気を獲得し、インディーレーベルのビクトリー・レコードと契約。1997年に『サティスファクション・イズ・ザ・デス・オヴ・デザイア』でデビュー。アース・クライシスアグノスティック・フロントからソウルフライモーターヘッドとまで、一緒にツアーを回るようになり、2001年にはオズフェスト参加を果たす[3]

2002年にはメジャーレーベルのユニバーサル・レコードから二作目『パーシヴィランス』をリリース。そして翌年のサードアルバム『ザ・ライズ・オヴ・ブルータリティ』でメタルコアシーンにおける人気を不動のものとした。また、同アルバム収録の『Live For This』により第47回グラミー賞の最優秀メタル・パフォーマンス部門にノミネートされた[2]

2004年にはスレイヤースリップノットマストドンと共に「The Unholy Alliance Tour」でヨーロッパを回る。

日本には、2000年代以降から数多く来日している。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ジェイミー・ジャスタ (Jamey Jasta) - ボーカル (1994- )
  • ウェイン・ロジナック (Wayne Lozinak) - リードギター (1994–1996, 2009- )
  • フランク・ノヴィネック (Frank Novinec) - リズムギター (2006- )
  • クリス・ビーティー (Chris Beattie) - ベース (1994- )
  • マット・バーン (Matt Byrne) - ドラムス (2001- )

旧メンバー[編集]

  • ラリー・ドワイヤー・ジュニア (Larry Dwyer, Jr.) - リズムギター (1994–1996)
  • デイヴ・ルッソ (Dave Russo) - ドラムス (1994–1996)
  • ニック・パパントニウー (Nick "Nickel P" Papantoniou) - ドラムス (1996–1997)
  • マット・マッキントッシュ (Matt McIntosh) - ギター (1996–1999)
  • ルー “ボウルダー” リチャーズ (Lou Richards) - ギター (1997–2002) ♰RIP.2006[4]
  • ジェイミー・マッケンハウプト (Jamie "Pushbutton" Muckinhaupt) - ドラムス (1997–1999)
  • リッグ・ロス (Rigg Ross) - ドラムス (1999–2001)
  • ショーン・マーティン (Sean Martin) - ギター (2000–2009)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

EP[編集]

映像[編集]

来日公演[編集]

2002年

2005年

EXTREME THE DOJO Vol.12」

2006年

2007年

2009年

2010年 -The Black Procession Tour- (マシーン・ヘッド、ブリーディング・スルー、crossfaithとのツアー)

「-Headlining Tour-」

脚注[編集]

外部リンク[編集]