マストドン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マストドン
Mastodon
Mastodon (8).JPG
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州アトランタ
ジャンル スラッジ・メタル
プログレッシブ・メタル
オルタナティヴ・メタル
活動期間 2000年 - 現在
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
リプリーズ・レコード
リラプス・レコード
公式サイト www.mastodonrocks.com

マストドン (Mastodon) は、アメリカ合衆国ヘヴィメタルバンド

来歴[編集]

2000年ジョージア州アトランタで結成される。結成当初は5人組だったが、ほどなくしてボーカリストが脱退し、現在の4人編成になった。2001年にミニアルバム『LIFESBLOOD』でデビュー。翌2002年にはフルアルバム『レミッション』を発表し、EXTREME THE DOJO Vol.5で初来日も果たした。

2004年の2作目『レヴァイアサン』はハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」をテーマとしたコンセプト・アルバムで、ケラング!誌の年間ベストアルバムに選ばれるなど賞賛を持って受け入れられた。また、2004年2006年の2度に渡ってスレイヤーを中心とした"The Unholy Alliance"ツアーで欧米を回り、知名度を上昇させた。

2006年にはメジャーレーベルのワーナー・ブラザース・レコードに移籍。同年の3作目『ブラッド・マウンテン』にはマーズ・ヴォルタのセドリック・ビクスラーやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムらがゲスト参加。メンバー自身が「最も冒険的」と評する作品であったが[1]、前作以上のセールスを記録。同年にはLOUD PARK 06にも出演した。

2009年の『クラック・ザ・スカイ』はブレンダン・オブライエンをプロデューサーに迎えて制作され、全米チャート初登場11位を記録。収録曲の『Divinations』はゲームSaints Row: The Thirdに使用された。ツアーではアルバム完全再現ライブを行い、2009年10月17日シカゴのアラゴン・ボールルームで行われたライブが『ライヴ・アット・ジ・アラゴン』としてリリースされた[2]

2011年、2年ぶりとなる5作目『ザ・ハンター』を発表[3]2012年レコード・ストア・デイには女性シンガーソングライターファイストと互いの楽曲をカヴァーしたスプリット・シングル『ファイストドン』をリリースした。

2014年、6作目『ワンス・モア・ラウンド・ザ・サン』を発表。プロデュースはニック・ラスクリネッツが担当。

評価[編集]

  • 「21世紀初頭における傑出したメタル・バンドのひとつ」 - AllMusic[4]
  • 「彼らの世代においては最高のメタル・バンドであり、追随するものはいない」 - ローリング・ストーン誌 2009年4月

メンバー[編集]

現在[編集]

元メンバー[編集]

  • エリック・サナー – Eric Saner (ボーカル / 1999年-2000年)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[5]
AUS
[6]
DEN
[7]
FIN
[8]
FRA
[9]
GER
[10]
JPN
[11]
NOR
[12]
SWE
[13]
UK
[14]
2002 Remission
2004 Leviathan
  • 発売日: 2004年8月31日[16]
  • レーベル: Relapse
  • フォーマット: CD, LP, digital download
139 110
2006 Blood Mountain
  • 発売日: 2006年9月12日[17]
  • レーベル: Reprise
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 17.6万枚[18]
32 44 138 96 59 20 34 46
2009 Crack the Skye
  • 発売日: 2009年3月24日[19]
  • レーベル: Reprise
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 20万枚[20]
11 19 37 6 106 36 38 6 23 34
2011 The Hunter
  • 発売日: 2011年9月27日[21]
  • レーベル: Reprise
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 7.5万枚[22]
10 18 11 13 73 20 122 8 10 19
2014 Once More 'Round the Sun
  • 発売日: 2014年6月24日[23]
  • レーベル: Reprise
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 3.9万枚[24]
6 7 9 1 50 16 103 4 17 10
2017 Emperor of Sand
  • 発売日: 2017年3月31日
  • レーベル: Reprise
  • フォーマット: CD, LP, digital download
7 3 4 60 11 126 6 5 11
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

コンピレーション[編集]

  • コール・オブ・ザ・マストドン - Call of the Mastodon (2006)
    • 初期の作品を収録した編集盤

ライヴアルバム[編集]

日本公演[編集]

  • 2002年 EXTREME THE DOJO Vol.5
  • 2005年 EXTREME THE DOJO Vol.11
  • 2006年 LOUD PARK 06
  • 2009年 SUMMER SONIC 09
  • 2015年

脚注[編集]

  1. ^ マストドン、最高にリスキーな新作が完成
  2. ^ マストドンが『クラック・ザ・スカイ』完全ライブ音源をリリース ro69.jp 2011年2月8日
  3. ^ 約2年振りとなる最新作『ザ・ハンター』完成
  4. ^ AllMusic Mastodon Biography
  5. ^ Mastodon – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年12月25日閲覧。
  6. ^ Discography Mastodon”. australian-charts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  7. ^ Discography Mastodon”. danishcharts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  8. ^ Discography Mastodon”. finnishcharts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  9. ^ Discographie Mastodon”. lescharts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  10. ^ Chartverfolgung / Mastodon / Longplay” (German). musicline.de. Media Control Charts. 2013年12月25日閲覧。
  11. ^ マストドンのアルバム売り上げランキング” (Japanese). Oricon. 2013年12月25日閲覧。
  12. ^ Discography Mastodon”. norwegiancharts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  13. ^ Discography Mastodon”. swedishcharts.com. Hung Medien. 2013年12月25日閲覧。
  14. ^ Peak chart positions for albums in the United Kingdom:
    • All except Leviathan and Live at the Aragon: Mastodon (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2013年12月25日閲覧。
    • Leviathan and Live at the Aragon: Chart Log UK: M – My Vitriol”. zobbel.de. Tobias Zywietz. 2013年12月25日閲覧。
  15. ^ O'Neill, Brian. “Remission – Mastodon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年12月25日閲覧。
  16. ^ Kergan, Wade. “Leviathan – Mastodon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年12月25日閲覧。
  17. ^ Jurek, Thom. “Blood Mountain – Mastodon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年12月25日閲覧。
  18. ^ Grein, Paul (2010年9月15日). “The Dulcet Tones of Bruno Mars”. Yahoo! Music. 2010年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月22日閲覧。
  19. ^ Jurek, Thom. “Crack the Skye – Mastodon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年12月25日閲覧。
  20. ^ Week Ending Sept. 12, 2010: The Dulcet Tones Of Bruno Mars - Chart Watch[リンク切れ]
  21. ^ Monger, James Christopher. “The Hunter – Mastodon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年12月25日閲覧。
  22. ^ NEILSTEIN SOUNDSCAM: BUTT-ROCK STILL REIGNS SUPREME”. metalsucks.net. 2011年12月14日閲覧。
  23. ^ Once More 'Round the Sun by Mastodon”. iTunes Store. Apple. 2014年4月29日閲覧。
  24. ^ http://www.blabbermouth.net/news/mastodons-once-more-round-the-sun-cracks-u-s-top-10/

外部リンク[編集]