マストドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マストドン
American mastodon Skelton.jpg
アメリカマストドンの骨格(国立科学博物館
地質時代
中新世 - 更新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
階級なし : (未整理[1]近蹄類 Paenungulata
(未整理)テティス獣類 Tethytheria
: 長鼻目(ゾウ目) Proboscidea
: マムート科 mammutidae
: マムート属マストドン属Mammut
学名
Mammut (Blumenbach, 1799)
和名
マストドン
英名
Mastodon

本文参照

マストドン英語:Mastodon、Mammut)は、ゾウ目マムート科マムート属に属する、大型の哺乳類の総称。ゾウマンモスに似ている。約4000万年前から11000年前まで生存していた。

生息域[編集]

ケナガマンモス(左)とアメリカマストドン(右)の比較

中新世から更新世にかけて、ヨーロッパ大陸アジア大陸アフリカ大陸北アメリカ南アメリカなどに生息していた。

[編集]

アメリカマストドンと人間の大きさ比較
マストドンの想像図(Heinrich Hard)

体高は2~3メートルで、短い褐色の毛を持っていたとも言われる。1万1000年前までアメリカに生息していたアメリカマストドンM. americanum)をはじめ、数種類の化石が発見されている。

脚注[編集]

  1. ^ 分類学上、現在のところ未整理の階級。階級未定の分類群。以下同様。

外部リンク[編集]