加藤巳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう みいちろう
加藤巳一郎
生誕 (1917-01-23) 1917年1月23日
日本の旗 日本 愛知県
死没 (1995-06-02) 1995年6月2日(78歳没)
出身校早稲田大学専門部政治経済科
職業実業家
栄誉勲一等瑞宝章(1988年)

加藤 巳一郎(かとう みいちろう、1917年1月23日[1] - 1995年6月2日)は、日本の実業家中日新聞社会長、及び中日ドラゴンズオーナー。愛知県名古屋市出身。

経歴・人物[編集]

旧制愛知一中(現・愛知県立旭丘高等学校)を経て[2]1938年早稲田大学専門部政治経済科卒業。同年に新愛知新聞社(のちに戦時下による新聞社の統合により、中部日本新聞社となり、1971年には中日新聞社となる)に入社し、太平洋戦争時には、取材記者を3年間した上で、販売部門を中心に同社の販売網の整備と育成に心血を注いだ[3]

1959年には取締役に就任し、常務、専務、東京代表での歴任を経て、1973年から社長に就任し[4]1987年からは会長に就任した[5]。生涯現役をモットーに、積極的かつ現実な経営姿勢で、中日新聞を全国有数の日刊紙に育て上げ、販売の神様として、「東の務台、西の加藤」と業界では評されていた[6]

その一方で、1981年から中日ドラゴンズのオーナーを務め、プロ野球の発展に尽力を尽くし、1977年から日本新聞協会理事、1988年から横綱審議委員会を歴任した[7]

また1979年から中部日本放送の取締役に就任し、1989年からは同社の取締役相談役に就任した[8]

1988年には勲一等瑞宝章が授与された[9]

1995年6月2日に急性心不全のために名古屋市内の病院で死去[10]。享年78歳。

数十回に及んで中国へ訪問しており、そのために要人との交流も多かったので、中国通として知られていた[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.165
  2. ^ 鯱光会活動案内”. 2021年3月17日閲覧。
  3. ^ 1995年6月2日 日本経済新聞 夕刊 P1
  4. ^ 1995年6月2日 日本経済新聞 夕刊 P1
  5. ^ 1995年6月2日 日本経済新聞 夕刊 P1
  6. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、327頁。 
  7. ^ 1995年6月2日 読売新聞 東京夕刊 P15
  8. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、327頁。 
  9. ^ 1995年6月2日 読売新聞 東京夕刊 P15
  10. ^ 1995年6月2日 日本経済新聞 夕刊 P1
  11. ^ 1995年6月2日 日本経済新聞 夕刊 P1