熊野中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

熊野中継局(くまのちゅうけいきょく)は、三重県熊野市にある中継局

中継局[編集]

デジタルテレビ[編集]

リモコン
キーID
放送局 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
1 THK
東海テレビ放送
21ch 3W 12W 中京広域圏 約12,000世帯 水平偏波
2 NHK名古屋
教育
33ch 全国
3 NHK津
総合
29ch 三重県
4 CTV
中京テレビ放送
19ch 中京広域圏
5 CBCテレビ 18ch
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
22ch
7 MTV
三重テレビ放送
31ch 三重県

FMラジオ[編集]

放送局名 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
NHK津
FM
84.9MHz 音声10W 音声10W 三重県 約-世帯 垂直偏波
三重エフエム放送
愛称「radio CUBE FM三重」
85.7MHz 音声10.5W

AMラジオ[編集]

放送局名 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
CBCラジオ 720kHz 音声100W 中京広域圏 約-世帯
NHK名古屋
第1
1368kHz 約7,000世帯
SF
東海ラジオ放送
1485kHz 約-世帯
NHK名古屋
第2
1602kHz 全国 約7,000世帯

廃止された局の概要[編集]

アナログテレビ[編集]

放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送終了日
THK
東海テレビ放送
1ch 映像10W/
音声2.5W
映像8.1W/
音声2W
中京広域圏 約-世帯 垂直偏波 2011年7月24日
NHK津
総合
3ch 映像7.6W/
音声1.9W
三重県
CBC
中部日本放送
5ch 中京広域圏
NHK名古屋
教育
9ch 映像7.1W/
音声1.75W
全国
NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
11ch 映像7.6W/
音声1.9W
中京広域圏
CTV
中京テレビ放送
25ch 映像40W/
音声10W
水平偏波
MTV
三重テレビ放送
27ch 三重県

所在地[編集]

デジタル・アナログテレビ、FMラジオ[編集]

  • 熊野市有馬町 「長尾山」山頂[1]

AMラジオ[編集]

  • NHK:熊野市井戸町 「かんぽの宿熊野」東
  • SF・CBCラジオ:熊野市有馬町1024 「熊野市営住宅向イ山団地」北

放送エリア[編集]

デジタルテレビ[編集]

アナログテレビ[編集]

  • 熊野市の大部分と南牟婁郡御浜町・紀宝町の一部。

FMラジオ[編集]

AMラジオ[編集]

歴史[編集]

デジタルテレビ[編集]

アナログテレビ[編集]

AMラジオ[編集]

  • 1967年11月1日 SF東海ラジオ放送・熊野放送局(周波数:1500kc(kHzと同義)・出力:100W)が開局。
  • 1968年8月 中部日本放送(現・CBCラジオ)熊野放送局(周波数:720kc・出力:100W)が開局。
  • 1971年3月26日 NHK熊野ラジオ中継放送所・ラジオ第1(周波数:1300kc・出力:100W)・第2放送が開局。
  • 1978年11月23日 AMラジオ放送の周波数が、10kHz間隔から9kHz間隔に変更された。当中継局の各放送局の周波数も、現在の周波数に変更された(CBCラジオは元々周波数が9の倍数だったため変更なし)。

その他[編集]

  • アナログテレビのVHF局は、名古屋親局と同じチャンネルであった(ただし、垂直偏波)。
  • 当中継局のCTV中京テレビ(アナログ)は、TVAテレビ愛知名古屋親局と同じチャンネル(25ch)であった。このため、当地区のケーブルテレビ局(ZTV・東紀州(紀南ネットワークセンター))ではテレビ愛知(アナログ)の区域外再放送を行っていなかった。
  • 2011年9月4日平成23年台風12号の接近による大雨の影響でCBC・東海両ラジオの熊野中継局が水没し、東海ラジオは4日午後まで[4]、CBCラジオは翌5日の14時5分まで停波した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三重県の開局状況 総務省 東海総合通信局
  2. ^ 東海地区の開局情報(三重県)/【表5】熊野中継局(熊野市:長尾山) 総務省 東海総合通信局
  3. ^ 広報くまの No.16 (PDF) P.6 熊野市市長公室広報広聴係、2007年2月5日発行
  4. ^ 熊野放送局 一時停波のお知らせ 障害情報 - 東海ラジオからのお知らせ