槇徳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

槇 徳子(まき のりこ、1964年[1]8月17日 - )は、日本実業家、PRコンサルタント[2]。株式会社エムシーストラテジー代表取締役[3]、株式会社コスモクラーツ代表取締役[1]NPO法人アジア女性経済会議 (AWEC) 代表・実行委員長[4]、国立研究開発法人産業技術総合研究所 (AIST) 客員研究員[2]

メディアによっては「 徳子」と表記される場合がある[5]

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校[6]慶應義塾大学文学部英米文学科[3]を卒業後、1988年4月に中部日本放送 (CBC) にアナウンサーとして入社。同期のアナウンサーに遠藤雅也大園康志加藤美紀杉浦憲子がいる。

1991年4月にテレビ東京 (TX) へ移籍し、同局パーソナリティ室(後にアナウンス室と名称変更。2004年7月の組織改編で編成局アナウンス部となる)専属のアナウンサーとなる。また母校の慶應義塾大学に学士入学し、1995年[1]に法学部政治学科[3]を卒業。そして同年、テレビ東京の社員アナウンサーとなる。

2004年、テレビ東京の金融市場情報番組を管轄する報道局経済ニュースセンターへ異動。異動後も『NEWS MARKET 11』や『株式ワイドクロージングベル』に出演し、後に副参事となる。

毎日新聞によると、2007年12月にテレビ東京を退職した後は、アジアなどの経済新興国を中心に経済・金融動向や海外の起業家を取材したり、広報IR戦略コンサルタントに携わったりしているという[7]。また日経BPの『日経マネー』や日本経済新聞社の『日経ヴェリタス オンライン』でも、新興国での取材コラム『世界の投資家さん』『市場TO市場』を1年半にわたって連載[4]

アジア女性経済会議関連では、2009年11月10日に横浜市で行われた第1回会議と、2010年9月22日にマンダリン・オリエンタル東京で行われた第2回会議の実行委員長を担当。また2010年9月には、アジア太平洋経済協力 (APEC) の非公式会合である女性リーダーズネットワーク (WLN) でアジア女性経済会議が分科会を担当し、槇はモデレーター(パネルディスカッションなどの司会者)を務めた。

アナウンサー時代の担当番組[編集]

中部日本放送[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

テレビ東京[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 槇徳子さん – 広報ウーマンネット”. 広報ウーマンネット (2009年). 2018年9月14日閲覧。
  2. ^ a b SIP/DMCT「メンバー紹介」”. 産業技術総合研究所. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ a b c エムシーストラテジー ホームページ”. エムシーストラテジー. 2018年9月14日閲覧。
  4. ^ a b AWEC - アジア女性経済会議 - ご挨拶”. アジア女性経済会議 (2009年). 2018年9月14日閲覧。
  5. ^ 4月9日(木)広報発表資料”. テレビ東京 (1998年4月9日). 2018年9月14日閲覧。
  6. ^ 東京鯱光会総会実行幹事団 [@Kokousoukai2014] (2014年6月9日). "槇さんは旭丘35期。慶応大学卒業後、CBCを経てテレビ東京に移り、 「モーニングサテライト」などのキャスターを務めたバリバリの女子アナです!" (ツイート). 2018年9月14日閲覧Twitterより. 
  7. ^ 「毎日新聞」東京本社管内 2009年10月21日付朝刊 p.20「企画特集」記事より

外部リンク[編集]