瀬戸デジタルタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬戸デジタルタワー
東方の海上の森の物見山から望む瀬戸デジタルタワー
東方の海上の森の物見山から望む瀬戸デジタルタワー
送信所名 瀬戸デジタルテレビ放送所(標高108 m
局名 名古屋放送局
送信波 地上デジタルテレビ放送
送信塔 1塔(高さ245m・海抜高353m)
空中線形式
凡例
4L6段4面(NHK総合・Eテレ)
4L6段24面(CBC・THK・NBN・CTV)
4L2列4段8面(TVA)
送信放送局 NHK名古屋放送局
CBCテレビ
THK東海テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
CTV中京テレビ放送
TVAテレビ愛知
空中線電力 3 kW(TVA以外)、1 kW(TVA)
放送区域 愛知県、岐阜県及び三重県の各一部地域[1]
受信世帯 290万世帯(CBC・THK・NBN・CTV)
310万世帯(NHK)
230万世帯(TVA)
開局 2003年12月1日
設置場所 489-0946 愛知県瀬戸市幡中町211-2
テンプレートを表示

瀬戸デジタルタワー(せとデジタルタワー)は愛知県瀬戸市にある、中京圏の地上デジタルテレビ放送を専門に送信する集約電波塔である。送信所名は瀬戸デジタルテレビ放送所

歴史[編集]

中京広域圏においての地上デジタル放送は、2003年12月1日に関東・近畿の両広域圏(広域放送)と共に日本国内の先行地域として開始される事が決定したが、放送開始に際し、各送信所では電波の周波数や変調方式の違いから、それまでのアナログ放送用の送信アンテナに加え、新たにデジタル放送用の送信アンテナを設置しなければならなかった。関東広域圏の東京タワー、近畿広域圏の生駒送信所ではそれまでのアナログ放送とほぼ同じ場所にデジタル用の送信アンテナ、或いは送信塔を設置して対応した(※関東広域圏は、2013年5月31日に「東京スカイツリー」へ移転。)。

一方、在名各局は老朽化による強度不足とスペース不足からアナログ放送送信所である名古屋テレビ塔及び東山タワーには新規にデジタル用の送信アンテナを設置する事ができず、アナログテレビとデジタルテレビは別の場所から送信する事になった。場所については検討段階でRADIO-i(2010年9月閉局)と同じ三国山からの送信も検討され、実際に三国山に地デジ実験局が設置されたものの、テレビ愛知などのエリア外への電波の到達(スピルオーバー)が問題となったため断念し、瀬戸市内の住宅地である現在地に決定した。

年表[編集]

  • 2002年6月6日 - 起工式
  • 2003年
    • 8月23日 - 塔完成
    • 10月20日 - 試験電波発射
    • 11月30日 - 竣工式
    • 12月1日 - 全局30Wの小出力で本放送を開始
    • 12月12日 - 名古屋テレビ塔と共にこの日から12月25日まで「12月より地上デジタル放送中」と書かれた懸垂幕を掲揚
  • 2004年
    • 8月3日 - この日から全局共フルパワー化に向け段階的に出力を増力
    • 9月29日 - テレビ愛知がフルパワーとなる1kWでの放送を開始
    • 12月1日 - テレビ愛知を除く全局がフルパワーとなる3kWでの放送を開始

放送区域[編集]

NHK名古屋放送局(総合・Eテレ)と広域民放4局(東海テレビ放送<THK>・中京テレビ放送<CTV>・CBCテレビ<CBC>・名古屋テレビ放送<NBN>)の放送エリアの目安は愛知岐阜三重の東海3県の各一部地域[1]である。また、テレビ愛知(TVA)は愛知県、岐阜県の羽島市及び羽島郡の木曽川沿岸、三重県の桑名市、三重郡朝日町、三重郡川越町の各一部地域が放送エリアの目安となっている[1]

施設[編集]

標高108 mに位置する。電波塔の高さは245 mで、最上部に上・中・下3機の送信アンテナが設置されている。下段以外はいずれも共用である。

送信所の隣に瀬戸市デジタルリサーチパークセンターがあり、スタジオ、マルチメディア電子会議室、インターネットコーナー(自由に利用できる)などがある。また、タワー上部に設置されたカメラ(自由に遠隔操作できる)の映像を見られるコーナーがあり、周辺の景色を楽しめる。地上デジタル放送の番組を流しているテレビがあるが、電波の届かないアンテナの真下であり受信できないため、ケーブルテレビを使用している。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

リモコン
キーID
放送局 コールサイン 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
1 THK
東海テレビ放送
JOFX-DTV 21ch 3kW 34kW 中京広域圏 約290万世帯 水平偏波
2 NHK名古屋
教育
JOCB-DTV 13ch 33kW 全国放送 約310万世帯
3 NHK名古屋
総合
JOCK-DTV 20ch 愛知県
4 CTV
中京テレビ放送
愛称「CHUKYO TV」
JOCH-DTV 19ch 34kW 中京広域圏 約290万世帯
5 CBCテレビ[2] JOGX-DTV[3] 18ch
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
JOLX-DTV 22ch
10 TVA
テレビ愛知
JOCI-DTV 23ch 1kW 5.1kW 愛知県 約230万世帯
  • 全局2003年平成15年)12月1日から本放送を開始した。
  • NHKとテレビ愛知は、本タワー竣工後も名古屋市などの一部で地上デジタル放送が見づらい状態が続いていたが、それに対応すべく順次中継局を開設している。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度11分43.66秒 東経137度04分27.57秒 / 北緯35.1954611度 東経137.0743250度 / 35.1954611; 137.0743250

脚注[編集]

  1. ^ a b c 放送エリアのめやす(名古屋局)
  2. ^ 2014年3月31日までは「中部日本放送」。翌4月1日に中部日本放送のテレビ放送事業をCBCテレビに承継。
  3. ^ 2013年3月31日までは「JOAR-DTV」。翌4月1日に中部日本放送のラジオ放送事業をCBCラジオに承継したのに伴い「JOGX-DTV」に変更。

外部リンク[編集]