カトリオーナ・マッコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カトリオーナ・マッコール
Catriona MacColl
Catriona MacColl
2010年のポートレイト
生年月日 (1954-10-03) 1954年10月3日(64歳)
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドン
職業 女優
ジャンル 映画テレビ
活動期間 1964年-
公式サイト 公式ウェブサイト

カトリオーナ・マッコールCatriona MacColl, 1954年10月3日 - )は欧州映画テレビで活動する女優イギリスロンドン生まれ、現在はフランスに在住する。

作品によって名前の表記が Catriola MacColl / Katherine MacColl / Katriona MacColl /Catriona McCall とぶれる事がある。

1964年から1972年まで英国ロイヤル・バレエ団に在籍。その後、フランス、マルセイユローラン・プティ主宰ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団に転じた。また、ニースの演劇学校で演技を学ぶ。

1977年にフランスのテレビ・シリーズ「Brigade des mineurs」の第1話で女優デビュー。

その後、1979年3月(フランスでは1980年)に公開された日本映画ベルサイユのばら』で主役のオスカルを演じて注目を集め、TV-CFなどにも出演して名声を得るが、映画の評価は芳しくなかった。

1980年ルチオ・フルチのホラー映画『地獄の門』に主演。更に1981年『ビヨンド』、『墓地裏の家』と立て続けに出演した。

1998年にはジェイムズ・アイヴォリー監督の『シャンヌのパリ、そしてアメリカ』にゲスト出演した監督ボブ・スウェイムの妻役で顔を見せていた。

近年はTVシリーズのレギュラーなどでフランスで活躍している。

外部リンク[編集]