カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン
Karl Alexander von Lothringen
Martin van Meytens 007.jpg
マルティン・ファン・マイテンスによる肖像画、1743年画。

出生 (1712-12-12) 1712年12月12日
ロレーヌ公国リュネヴィル
死去 (1780-07-04) 1780年7月4日(67歳没)
ブラバント公国テルビュレン英語版
埋葬 フランス王国ナンシー
配偶者 マリア・アンナ・フォン・エスターライヒ
家名 ロレーヌ家
父親 ロレーヌ公レオポルト
母親 エリザベート・シャルロット・ドルレアン
役職 ネーデルラント総督(1744年 - 1780年)
テンプレートを表示

カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲンドイツ語: Prinz Karl Alexander von Lothringen und Bar, 1712年12月12日 - 1780年7月4日)は、ロートリンゲン公(ロレーヌ公レオポルトの息子で神聖ローマ皇帝フランツ1世の弟。オーストリアで軍司令官、およびネーデルラント総督を務めた。またドイツ騎士団総長でもあった。フランス語名はシャルル・アレクサンドル・ド・ロレーヌ(Charles Alexandre de Lorraine)。日本ではカール公子と呼ばれることもある。

略歴[編集]

出自[編集]

ピエール・ゴベール英語版による肖像画、1710年代/1720年代。ヴェルサイユ宮殿所蔵。

ロートリンゲン公(ロレーヌ公レオポルトの末子として、1712年12月12日にリュネヴィルで生まれた[1]。軍人となるべく教育を受け、兄にあたるフランツ・シュテファン(ロレーヌ公、後の神聖ローマ皇帝フランツ1世)がハプスブルク家マリア・テレジアと結婚して(1736年)、ロレーヌ公国との交換でトスカーナ大公国を獲得した後(1737年)、カール・アレクサンダーはハプスブルク帝国(オーストリア)の軍人になり、オーストリア・ロシア・トルコ戦争では1737年と1738年の戦役に参戦した[1]

オーストリア継承戦争[編集]

オーストリア継承戦争の際にはマリア・テレジアにより元帥に任命され、オーストリア軍の主要な指揮官の一人となった[1]プロイセンフリードリヒ2世との最初の戦闘となる1742年5月17日のホトゥジツェの戦いでは敗北したが、規律を保って撤退することに成功、1743年の対フランスバイエルン戦役でも成功を収めた[1]。1744年1月にはマリア・テレジアの妹マリア・アンナと結婚、同年に妻と共同でオーストリア領ネーデルラント総督に任命された[1]。しかし、マリア・アンナは同年12月16日にブリュッセルで出産中に亡くなった[1]

1744年の戦役ではオーストリア軍を率いてライン川渡河に成功、そのままロレーヌ公国に侵攻したが、フリードリヒ2世がボヘミアに侵攻した(第二次シュレージエン戦争)ためロレーヌからの撤退を余儀なくされた[1]。そのままボヘミアに急行したカール・アレクサンダーは老将オットー・フェルディナンド・フォン・トラウンの助言もありプロイセン軍をボヘミアから追い出したが、翌年のシュレージエン戦役ではトラウンからの助言がなく、ホーエンフリートベルクの戦いゾーアの戦いでプロイセン軍に大敗、1746年のネーデルラント戦役でもロクールの戦いでフランスの将軍モーリス・ド・サックスに敗れている[1]

オーストリア継承戦争の終戦後はオーストリア領ネーデルラントの統治に関わり、多くの改革を精力的に行ったことで大衆の人気を勝ち取った[1]

七年戦争[編集]

1756年に七年戦争が勃発すると、オーストリア軍が緒戦に敗れたため、マリア・テレジアはカール・アレクサンダーを呼び戻したが、カール・アレクサンダーは1757年のプラハの戦いで再びプロイセン軍に敗北、プラハ城内に封鎖された[1]。その後、プロイセン軍がコリンの戦いで敗れてプラハの包囲が解かれた[1]。カール・アレクサンダーは同年11月のブレスラウの戦いでプロイセン軍に勝利したが、フリードリヒ2世は直後のロスバッハの戦いでフランス軍を敗走させ、さらに12月5日のロイテンの戦いでカール・アレクサンダーに完勝した[1]。以降カール・アレクサンダーは指揮官の座を降り、1年ほどウィーンで軍事顧問を務めた後ブリュッセルに戻り、オーストリア領ネーデルラントの統治に専念した[1]。また、指揮官退任とともにマリア・テレジア軍事勲章大十字章を授与された[1]

晩年[編集]

軍務引退以降もネーデルラントでの人気が高く、1775年にはブラバント議会がブリュッセルでカール・アレクサンダーの彫像を立てた[1]。1780年7月4日にテルビュレン英語版城で死去、先祖と同じくナンシーで埋葬された[1]

脚註[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Charles (Prince of Lorraine)" . Encyclopædia Britannica (英語). 5 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 936.
公職
先代:
ハラハ=ローラウ伯爵
オーストリア領ネーデルラント総督
1744年 - 1780年
同職:マリア・アンナ・フォン・エスターライヒ 1744年
次代:
テシェン女公マリア・クリスティーナ
テシェン公アルベルト・カジミール
カトリック教会の称号
先代:
クレメンス・アウグスト・フォン・バイエルン
ドイツ騎士団総長
1761年 - 1780年
次代:
マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ