池田孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 孝(いけだ たかし、1967年2月21日 - )は、川崎競馬場所属の調教師南関東、川崎開催リーディングトレーナー争いに毎年のごとく顔を出す川崎競馬場を代表する調教師のひとり。2007年南関東リーディングトレーナー、2006-2010年及び2012年川崎開催リーディングトレーナー。厩務員時代には東京大賞典東京王冠賞を制したドルフィンボーイを担当した。

調教師としての初出走・初勝利は2001年11月12日川崎競馬第7競走(メリーベル)。

2011年7月29日、川崎競馬第3競走をラムジュレップで勝利し、地方競馬通算500勝を達成した[1]

主な管理馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “池田孝調教師の500勝達成について”. 川崎競馬公式Webサイト. (2011年7月29日). http://www.kawasaki-keiba.jp/news/20110729.html 2014年1月1日閲覧。