さよならだけどさよならじゃない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さよならだけどさよならじゃない
やまだかつてないWinkシングル
初出アルバム『やまだかつてないCD
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 山田邦子KAN
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1991年度年間49位(オリコン)
やまだかつてないWink シングル 年表
“T”intersection ~あなたに戻れない~
(1990年)
さよならだけどさよならじゃない
(1991年)
テンプレートを表示

さよならだけどさよならじゃない」は、1991年2月ポニーキャニオンからリリースされた、やまだかつてないWinkシングルである。

解説[編集]

  • 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』における番組中の使用曲、ヒットソングとなった「愛は勝つ」で知られるKANが作曲を手がけたことでも有名となった。
    • 番組内では、この年のJR東日本ダイヤ改正CM「ジャンジャカジャーン」をモチーフにしたCMパロディが制作され、その中で当曲の告知が行なわれた(こちらを参照)。
  • ジャケットに描かれているイラストは、作詞を手掛けた山田邦子自身の手によるものである。
  • その後やまかつWinkとしての新曲は発表されず、横山のソロシングルが2曲発表される(こちらを参照)。そして1992年3月25日の番組終了に伴いユニットが解散したため、結果的に本作がラストシングルとなった。
  • フリーアナウンサーの荘口彰久は、自身が主だって担当する番組の最終回の時には、必ずと言ってよいほどこの曲をかける。

収録曲[編集]

  1. さよならだけどさよならじゃない
  2. さよならだけどさよならじゃない (カラオケバージョン)

関連作品[編集]

関連項目[編集]