スター混声合唱団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スター混声合唱団(すたーこんせいがっしょうだん)は、2008年4月1日がん撲滅を目指し結成された合唱団である。団長は乳がんを経験したタレントの山田邦子、副団長は直腸がんを経験したジャーナリストの鳥越俊太郎

メンバーは、タレント・俳優・歌手・ジャーナリスト・アナウンサー・デザイナー・漫画家など、メディアで活躍する者たちがノーギャラ、ボランティアで集まり、チャリティコンサートを開催した収益を関連団体に寄付したり、がんの早期発見の呼びかけや、がん患者やその家族を勇気付けることを目的とする。

2009年から、6月21日に制定された「がん支えあいの日」のシンボルソング「あなたが大切だから」(作詞・作曲/山田邦子 編曲/小六禮次郎)を歌う。

2012年9月27日、防衛大臣から特別感謝状が贈られた[1]。これは、2011年6月20日に陸上自衛隊 仙台駐屯地を表敬訪問して、災害派遣に従事する自衛官に歌と肌着(700人分のトランクス)を贈るなどの支援に感謝を表したもの[2]

メンバー[編集]

このうち以下のメンバーががん経験者である。

  • 山田邦子、倍賞千恵子、島倉千代子、音無美紀子 - 乳がん
  • 鳥越俊太郎、原元美紀 - 大腸がん
  • 川原みなみ - 卵巣がん
  • 今泉清保 - 小児がん

音楽スタッフ[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 防衛大臣から、特別感謝状をいただきました!(邦ちゃんの-徒然日記-、2012年12月30日14:12)
  2. ^ スター混声合唱団「復興応援コンサート」でめぐった被災地で感じた「いま私たちにできること」(原元 美紀原元美紀の「女子アナ健康塾」、2011年09月21日)

外部リンク[編集]