花の金曜ゴールデンスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花の金曜ゴールデンスタジオ
Former Fuji Television Headquarters.JPG
番組の生放送が行われていたフジテレビ旧社屋
ジャンル 音楽番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 うつみ宮土理
新井康弘
B&B
オープニング ザ・ヒットパレード」のテーマ(インストゥルメンタル
花の金曜ゴールデンスタジオ
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1980年4月18日 - 1980年9月12日(18回)
ハナキンスタジオ
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1980年9月19日 - 1981年3月11日(22回)
テンプレートを表示

花の金曜ゴールデンスタジオ』(はなのきんようゴールデンスタジオ)は、1980年4月18日から同年9月12日までフジテレビ系列局(一部を除く)で放送されていたフジテレビ製作の音楽番組である。その後も1980年9月19日から1981年3月11日まで『ハナキンスタジオ』と題して放送されていた。全40回(18回+22回)[1]。放送時間は毎週金曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

番組は「スタードミノ大会」を行うなど、前番組『ビッグベストテン』以上に多彩なコーナー・企画を擁していた。特に改題後には、『日本歌謡大賞[注 1]や『新春かくし芸大会』といったフジテレビ関連の企画も行っていた[1]

司会[編集]

コーナー・企画[編集]

ランキング予想コーナー(正式名称は不明)
男性の一般参加者に、翌週のオリコンチャートの第1位から第5位までを予想してもらう。予想がすべて当たると豪華な賞品を貰えるが、1つでも外れると頭を丸坊主にされてしまう。罰ゲームがあまりにも残酷だったため、後に予想を第3位までに限定したが、やがて企画そのものが廃止となった。
スター漫才
ゲスト歌手が漫才コンビと即席トリオを組み、漫才を披露する。この企画に参加した漫才コンビは島田紳助・松本竜介ツービート西川のりお・上方よしおらで、特にツービートは繰り返し出演していた。
外国人かくし芸
外国人たちがさまざまなかくし芸を披露。夏に行われていた企画。
スタードミノ大会
スタジオ一面にドミノを並べ、それらを倒す。

補足[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1980年度の日本歌謡大賞の製作・放送権はフジテレビが有していた。

出典[編集]

  1. ^ a b 下野新聞縮刷版』 下野新聞社、1980年4月18日 - 1981年3月11日付のラジオ・テレビ欄。
  2. ^ 中日新聞縮刷版』 中日新聞社、1980年7月2日付24面「ミニみに」コーナー。
フジテレビ系列 金曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
ビッグベストテン
(1979年11月2日 - 1980年3月21日)
花の金曜ゴールデンスタジオ
(1980年4月18日 - 1980年9月12日)

ハナキンスタジオ
(1980年9月19日 - 1981年3月11日)
時代劇ニュース
(1981年4月17日 - 1983年9月16日)
※20:00 - 20:02
時代劇スペシャル
(1981年4月17日 - 1983年9月16日)
※20:02 - 21:48