フラワー・トラベリン・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フラワー・トラベリン・バンド
Flowerknitting.png
再結成後行われたニューヨークでのライブ(2008年
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル サイケデリック・ロック
プログレッシブ・ロック
ハードロック
活動期間 1970年 - 1973年
2007年 -
レーベル アトランティック・レコード
公式サイト www.flowertravellingband.com
メンバー 石間秀樹
上月ジュン
和田ジョージ
篠原信彦
旧メンバー 千葉ひろし
麻生レミ
小林勝彦
橋本健
内田裕也
ジョー山中

フラワー・トラベリン・バンド(Flower Travellin' Band)は、1970年にデビューした日本ロックバンド

来歴[編集]

結成から解散まで[編集]

内田裕也とザ・フラワーズがメンバー交代で元4.9.1(フォー・ナイン・エース)のジョー山中ボーカル)、元ビーバーズの石間秀樹ギター)、元ザ・タックスマンの上月ジュン(現小林ジュンベース)、和田ジョージドラムス)4人による体制になり1970年2月に改名し再出発。内田裕也はプロデュースを担当し、日本コロムビアから日野皓正・クインテットとシングルを一枚発表したあと10月に日本フォノグラムでアルバム『Anywhere』を発表。同年に開かれた大阪万国博覧会の出演中に知り合ったカナダのロックバンド、ライトハウスに見出されメンバーはカナダへ渡る。地元でライブ活動を重ね評価を上げた彼らはアメリカアトランティック・レコードと契約し4月にアルバム『SATORI』をアメリカとカナダで発売(日本はワーナー・パイオニアから)。同アルバムと、シングル・カットされた「SATORI Part2」がカナダのチャートに入る[1]。また、ライトハウス、ELPドクター・ジョンなどのミュージシャンと競演ライブも行った。

1972年3月の帰国後、篠原信彦キーボード、ex.ハプニングス・フォー)がサポートメンバーとしてバンドに参加[1]。全国縦断コンサートを行い、さらに1973年1月に来日するローリング・ストーンズ前座を務める予定だったが、来日は中止になり大きなチャンスを逸してしまう[1]1973年2月、アルバム『Make Up』を発表。同年4月、京都円山公園音楽堂で行われたコンサートを最後に解散する[1]

解散後、石間と篠原は新六文銭の元メンバーらと共にトランザムを結成、他のメンバーはソロで音楽活動を続けたが、上月ジュンは後にカナダで事業家に転じた[1]

再始動[編集]

2007年11月25日付けで、オリジナル・メンバーによる再始動が山中の公式サイト上で発表された。2008年には新アルバムのリリースとコンサート活動が行われた。今回の再結成では、篠原信彦が改めて正式メンバーとして迎えられている。

フジ・ロック・フェスティバル08に参加し、9月にアルバム『We are here』が発売、併せて全国7か所でアルバムツアーが行われた。海外では、今でも評価が高く、2008年11月にニューヨーク公演、12月にカナダ公演を行った。

2011年8月7日に山中がガンにより死去したが、活動は続けられている。

音楽的な特徴[編集]

内田裕也のアイディアにより全曲英語歌詞で歌い東洋的な旋律をモチーフとして独自の音楽性を確立した。当時の音楽業界ではロックを日本語で歌うか英語で歌うかの論争(日本語ロック論争)があったが、内田は英語で歌うことを決断した。

東洋的な旋律の上に乗る山中の高音の歌声と石間のスライド・ギターを駆使した「SATORI」は高い演奏力とあいまって無国籍的な一種独特の世界を展開している。

評価[編集]

カナダで成功を収めた彼らは海外進出の先駆的な存在となった。しかし当時の日本ではフォークソングが全盛を極めており高い演奏力と独自の音楽性を持つ彼らをもってしても大きな成功を収めることはできなかった。

1977年日立テレビのCMソングに彼らの曲が採用され再び注目が集まった。

また、デヴィッド・ボウイも彼らを高く評価しており、活動の拠点をニューヨークに移すことを強く勧めていたと言われるが、既にバンドの解散が決まっていたので立ち消えとなった。

日本のヘヴィメタル・バンドOutrageのアルバム『Black Clouds』(1988年)で、「Slowly But Surely」(『Make Up』収録曲)がカヴァーされた。

2000年には、unitedザ・サーフコースターズなどによるトリビュート盤『フラワー・トラベリン・バンド・トリビュート』がリリースされている[2]。2002年には、三池崇史監督の映画『実録・安藤昇侠道伝 烈火』で、『SATORI』がサウンドトラックとして用いられた[3]

また、イギリスのミュージシャンであるジュリアン・コープ (enが2007年に執筆した、日本のロック史の研究書『ジャップロックサンプラー』 (enでも、日本のロックンロール・バンドの最高峰として位置づけられている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

元メンバー[編集]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e AERA』2008年7月14日号
  2. ^ 毎日新聞』 2000年10月10日夕刊
  3. ^ Flower Travellin' Band”. Julian Cope Presents Japrocksampler.com. 2011年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]