板垣直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

板垣 直子(いたがき なおこ、1896年11月18日 - 1977年1月21日)は、日本文芸評論家、日本近代文学研究家。青森県北津軽郡栄村湊(現五所川原市)に平山兼吉の次女「なを」として生まれる。青森県立弘前高等女学校、日本女子大学校英文科卒、1921年、東京帝国大学の第一回女子聴講生となる。美学、哲学を聴講。美術評論家の板垣鷹穂と結婚。夏目漱石などについて多くの著述を行った。

著書[編集]

  • 文芸ノート 啓松堂 1933
  • 現代小説論 第一書房 1938
  • 農民文学の新研究 日本文章学会 1940
  • 事変下の文学 第一書房 1941
  • 文学建設 高山書院 1941
  • 樋口一葉 桃蹊書房 1942
  • 現代日本の戦争文学 六興商会出版部 1943
  • 漱石・鴎外・藤村 巌松堂書店 1946
  • 人生の探究 吉成書房 1948
  • 文学論 企画社 1948
  • 欧洲文芸思潮史 巌松堂書店 1950
  • 婦人作家評伝 メヂカルフレンド社 1954 角川文庫
  • 林芙美子 東京ライフ社 1956
  • 漱石文学の背景 鱒書房 1956
  • 平林たい子 東京ライフ社 1956
  • 文学概論 古い文学新しい文学 森の道社 1957
  • 林芙美子の生涯 うず潮の人生 大和書房 1965
  • 明治・大正・昭和の女流文学 桜楓社 1967
  • 夏目漱石 伝記と文学 至文堂 1973

翻訳[編集]