有田弘二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有田 弘二(ありた こうじ、本名:伊藤 浩二。1946年11月22日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の歌手である。

経歴[編集]

室内装飾デザイナーを志し上京するも、名付け親でもあるコメディアン藤村有弘の付き人となった。1964年暮れには和田香苗に師事し、翌年の1965年6月「孤独の太陽」でデビューした。この曲は大ヒットを飛ばし、低音ムードの歌唱が注目され、日本コロムビアの売れっ子歌手として活躍した。

ディスコグラフィー[編集]

  • 孤独の太陽
  • たまらないほど好きなんだ
  • 愛してる
  • 東京なんて消えっちまえ
  • 美しかったあの人は
  • 若い娘
  • はつこいの町
  • 初恋詩集
  • 東京物語
  • 君と今夜は踊ろうよ
  • 涙のブルース
  • 踊ろうよシーサイド
  • 僕のこと愛してごらん
  • 赤いリンゴの並木路
  • 星を下さいこの僕に
  • バラのブルース
  • 失恋
  • そっとしといてくれないか
  • スキーかついで
  • ロッジの灯
  • 燃える太陽にキッスを
  • 雨のダスターコート
  • 大阪マーチ
  • まごころ
  • 二人の泪
  • フレッシュなあの娘
  • 銀座の灯
  • 東京慕情
  • 命のブルース
  • エルムの雨
  • 涙を抱いて
  • 美幌峠の夜
  • 惚れすぎた
  • 黙って俺についてこい
  • 傷だらけの恋
  • 氷点ブルース

テレビ出演[編集]

参考文献[編集]

梶光夫・安達明・有田弘二 青春歌謡のスターがCD-BOXで復活 http://shop.columbia.jp/shop/picup/seisyun_star.aspx