泉アキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉アキ(いずみアキ、1950年2月4日 - )は、日本タレント歌手。 父親がインド系アメリカ人(アメリカ軍属)で母親が日本人。父の顔を知らずに育ち、母の再婚、義理の父からの虐待、そして養子に出されるという、大変恵まれない少女時代を過ごした。

身長158センチ。美しい顔立ちをしているが、性格は明朗快活でさばさばとしており、ひょうきんな面を持っている。

愛知県名古屋市出身。小野女子学園女子高等学校卒業。 タレントの桂菊丸は夫。ディスクジョッキーANNAとタレントの大塚安里は娘。

略歴[編集]

  • 1966年、日本テレビの人気番組「あなた出番です」で優勝し、翌1967年に17歳でクラウンレコードのPW盤第一号アーティストとして、「恋はハートで」でアイドル歌手としてデビューする。次ぐ「夕焼けのあいつ」が全国的にヒットして一躍人気者になる。
  • 1972年、22歳の時に、桂菊丸と結婚。その後二女をもうける。
  • 1975年にテレビ朝日独占!女の60分」でアタッカー(リポーターの番組内呼称)として出演。独特のキャラクターが脚光を浴び、活躍する。司会をはじめレポーターやクイズ番組の回答者などとして様々な番組に出演する。
  • タレント活動の他、スキューバダイビングや自動車レースなどにもチャレンジ、FIA国際ライセンスを取得し、1984年、第32回サファリラリーに高岡祥郎とともに出場(スバルチーム)日本人女性としては初めてのアフリカのサファリラリー挑戦。世界の強豪を相手に16位完走を果たした。
  • 1992年には姑(大塚稲子)が暴露本「天に代わりて嫁を討つ」を出版したことをきっかけに嫁姑問題が起こる。泉アキも「おごる姑は久しからず」を出版し話題になる。嫁姑問題評論家としても活躍する。
  • 1997年、自分で左胸にしこりを発見。乳癌と診断され、国立熱海病院(現在の国立病院機構静岡医療センター)にて乳房の4分の1を切り取る手術を受ける。退院後、約3カ月後の1998年3月、夫の菊丸と共にハワイマウイマラソンに出場し、42.195キロを8時間39分で完走する。
  • 乳癌の克服目安である術後10年を目前にした2006年に右乳房にがんが再発し、乳房温存手術を受け、抗ガン剤治療(AC療法)、放射線治療受け、現在も治療中(分子標的療法)。
  • 2003年から静岡県の熱海市に移り住み、一から自分たちの手で土地を開墾し、家を造り、農業にいそしむ田舎暮らしをしている。また、立ち寄った奈良・薬師寺の管主により「森羅万象自然界から沢山のことを学ぶ塾」=「畑を耕し、心を耕す場」として「心を耕す泉塾」とこの地を命名される。
  • 最近の芸能活動はTV番組にレポーターとして出演するとともに、全国各地で「乳がん」「介護」「環境問題」などの講演を行っている。

出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 恋はハートで(1967年10月10日、クラウン、PW-1)
    (c/w 燃える年頃)
  2. 夕焼けのあいつ(1968年2月1日、クラウン、PW-12)
    (c/w これが恋かしら)
  3. ハートは泣いている(1968年6月1日、クラウン、PW-31)
    • 作詞:なかにし礼 / 作曲:三木たかし / 編曲:三木たかし
    (c/w 恋の砂浜)
  4. 想い出の夕焼け(1968年10月1日、クラウン、PW-42)
    (c/w あなたの瞳)
  5. 愛を下さいマリアさま(1969年3月25日、フィリップス、FS-1077)
    (c/w 青い蝶々)
  6. 夕陽がまぶしい(1969年7月25日、フィリップス、FS-1086)
    (c/w 黄色いひなぎく)
  7. 本命はあなた!(1970年、フィリップス、FS-1118)
    • 作詞:なかにし礼 / 作曲:川口真 / 編曲:川口真
    (c/w キッスだけでやめて)
  8. 血の色の恋(1971年、フィリップス、FS-1118)
    (c/w 小麦色の夢)
  9. ホット・パンツ(1971年5月、フィリップス、FS-1196)
    (c/w あなただけみつめて)
  10. ひとりじゃないわ(1971年5月、フィリップス、FS-1223)
    • 作詞:安井かずみ / 作曲:村井邦彦 / 編曲:森岡賢一郎
    (c/w 夜にすべては始まった)
  11. 白い船が出る(1972年3月、リプリーズ、L-1076R)
    • 作詞:阿久悠 / 作曲:中村泰士 / 編曲:高見弘
    (c/w 風の街へ帰る)
  12. ラーメンライス・ラプソディー(1977年10月21日、テイチク、RS-95)
    (c/w うちの人にかぎって)

著書[編集]

  • 「おごる姑は久しからず」(ごま書房
  • 「スッポンポン交際術」(ジュピター出版)
  • 「天使のノック~乳ガンになってわかった幸せの意味」(ゴマブックス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]