小西まち子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こにし まちこ
小西 まち子
本名 谷岡 まち子 (旧姓・小西)
別名義 小城 由美
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
配偶者 谷岡ヤスジ
主な作品
テレビドラマ
顎十郎捕物帳
宇宙猿人ゴリ
テレビ番組
オールナイトフジ
テンプレートを表示

小西 まち子(こにし まちこ)は、日本の元女優。本名、谷岡 まち子(たにおか まちこ)[1]。旧姓名、芸名と同じ[2][3]。別名義、小城 由美(こしろ ゆみ)[3]。夫は漫画家谷岡ヤスジ[1]

兵庫県出身[2][3]東京家政大学附属女子高等学校卒業[2][4]

来歴[編集]

父親は大学教授で、生後間もなく東京都に転居する[4]。中学生時代に母親の勧めで劇団ひまわりに入団し、高校生時代に東宝第6期ニューフェイスとなる[1][2][3]。芸術座、帝国劇場、舞台公演やテレビドラマ等、多数出演を経て、俳優有島一郎が命名した小城由美の芸名で、1968年のテレビドラマ『顎十郎捕物帳』に居酒屋の三人娘・お初役でレギュラー出演[3]。その三人娘とは、富士真奈美悠木千帆、小城由美である。

1969年には芸名を小西 まち子に戻してTBSの情報番組『芸能ワイドショー』で俳優の山内賢と司会を担当する[2]。1969年当時はロミ山田事務所に所属していたが[2]、フリーとなり『ヤング720』『オールナイトフジ』などの情報番組にレギュラー出演する[1][4]

1971年特撮テレビ番組宇宙猿人ゴリ[注釈 1]に公害Gメンの一員である遠藤理恵役でレギュラー出演[1][4]。しかし、深夜番組である『オールナイトフジ』のレギュラー出演に加えて、『ゴリ』の集合時間は早朝であるために睡眠時間が数時間しかないため体調を崩してしまい、『ゴリ』は第12話で降板[5]。最後の出演となった第12話のアフレコは看護婦を同伴して行った[6]

日本テレビの深夜番組『11PM』のロケで谷岡ヤスジと知り合い、1973年に結婚[1]

その後は谷岡プロ代表取締役となった[1]

エピソード[編集]

『宇宙猿人ゴリ』の衣装は大半が自前だった[7][注釈 2]。また、金髪のウルフカットは、少女漫画を参考にして美容師と相談しながら考案した。しかし、美容院でセットする時間がないために、10種類ほどのウィッグを用意して被っていた[8]

『ゴリ』では劇中でのちの夫になる谷岡ヤスジの作品に登場する「アサー!」などのギャクが登場するが、ヤスジと付き合うまでは、漫画を読んだことがなかった[9]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

  • 津軽絶唱(1969年、東宝) - 菊地サヨ

音楽[編集]

シングル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 番組が『スペクトルマン』と改題するのは小西の降板以降。
  2. ^ ただし、第7話・第8話で着用していたのは衣装部が用意したもので、第61話で4代目女性Gメン役の桜井妙子が着用している[7]
出典
  1. ^ a b c d e f g ヒーロー列伝 1999, p. 86.
  2. ^ a b c d e f 福島民報』1969年5月15日付朝刊、7面。
  3. ^ a b c d e 『福島民報』1968年6月13日付朝刊、7面。
  4. ^ a b c d 毎日新聞』1971年1月23日付朝刊、11面。
  5. ^ ヒーロー列伝 1999, pp. 88-89.
  6. ^ ヒーロー列伝 1999, p. 89.
  7. ^ a b ヒーロー列伝 1999, p. 88.
  8. ^ ヒーロー列伝 1999, pp. 87-88.
  9. ^ ヒーロー列伝 1999, p. 90.

参考文献[編集]

  • 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』ソニー・マガジンズ、1999年12月1日。ISBN 4-7897-1443-8